TOP > 愛犬マルコの補聴器ブログ

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新記事

聞こえのセルフチェック

千里補聴器センター
スマートフォンサイト

千里補聴器センター スマートフォンサイト

http://meganenosenri.com/sp/ha/

愛犬マルコの補聴器ブログ

千里補聴器センター

〒560-0082
大阪府豊中市新千里東町1-3-308 せんちゅうパル3F

TEL&FAX:06-6834-5665
営業日時:AM10:00~PM6:30
定休日:木曜日

メガネのセンリ

2021/09/07 14:08

カテゴリ:補聴器

オリンピックも終わりました。
難聴の方(聾の方)は、パラリンピックではなく、オリンピックに出場することはできます。
また、それ以外にデフリンピックという大会があります。
これは、「ろう者(Deaf)+オリンピック(Olympics)」の造語で「ろう者のオリンピック」という意味を持ちます。
 デフリンピックへの出場は、ろうの選手の最大の誇りであり、一般ろう者が 選手の活躍を期待し、大きな感動を受ける国際競技会です。障害当事者であるろう者自身が運営するろう者のための国際的な競技会であり、参加者が国際手話によるコミュニケーションで親睦を深められるところに大きな特徴があります。


今年は4年に1度の夏季大会(ブラジル)ですが、
2021年12月5日~21日にブラジルのカシアス・ド・スルにて開催予定だった第24回夏季デフリンピック競技大会について、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、開催日程について、2022年5月1日~15日に延期されることが2021年2月3日付けでICSD(国際ろう者スポーツ委員会)から発表されました。

2021/09/03 13:43

カテゴリ:補聴器

数年前、オリックスファンの私に、お客様から頂いた本が
日経新聞のスポーツノンフィクション10選に選ばれました。
■10位 イチローの流儀(小西慶三)
240ポイント 天才の努力と日常 徹底取材


ショウヘイの前にはイチローがいた。米大リーグ史に残る天才の「仕事」に臨む姿勢や日常を歯切れ良くつづる。証言とエピソードも豊富だ。「僧侶に似た野球への取り組み、生き方」(大森さん)の細密な描写。ルーティンの意味が語られ、取材現場の緊張感が伝わる。

数あるイチロー本の中でも、オリックス時代の1994年から記者として長年取材した著者の作品が「面白くないわけがない」(松瀬さん)。記録の裏にある努力の蓄積。「イチローという選手をイチローが作り上げたプロセス」を知れば、その身近さとすごみがわかる、と青島さんは指摘する。単行本は2006年刊。

(1)新潮社(2)09年(文庫)(3)506円

お店においてありますので是非興味のある方は、貸し出します!

2021/07/19 18:07

カテゴリ:補聴器

シグニアのオーダーメイド耳あな型に、この夏の期間限定色が出ました!さわやかな「海」カラーで、かわいいイルカのワンポイント付きです。

マスクや帽子と止と一緒に使っても安心な耳あな型は、いま人気の形です。一人ひとりの耳に合わせてオーダーメイドで作るので、耳にフィットしやすく着け心地もgood!

2021/06/29 17:27

カテゴリ:補聴器

高度難聴の方や、口元を見ながらお話をされる方はフェイスシールドを
使っていましたが、装着が簡単で洗って使える近大マスクを買ってみました。

近畿大学が開発した“近大マスク”

“オール近大”新型コロナウイルス感染症対策支援プロジェクト
近畿大学の複数の学部・クラブが連携し実現した「近大マスク」です。

☆製品ポイント☆
■優れた透明性・耐久性のSBC樹脂を使用することで表情が見え、洗浄して繰り返し使える。
■飛沫を防ぐ3D立体形状(気流の可視化実験済み)
■軽い着け心地で口元の密着をなくし、息苦しさを軽減。
■目を覆わないため視界が良好。
■顔全体を覆わないため熱がこもりにくい。
■上にずらすと食事もできる。



メガネをかけるように使用し、顎の下まで覆われているため、飛沫も防いでくれそうです

2021/06/27 11:04

カテゴリ:補聴器

シーメンス・シグニアから新製品「Xperience(読みはエクスペリエンス、略称はX)」が発売されました。従来の補聴器は、横や後ろの声を聞き取ることが苦手でしたが、Xでは新開発のモーションセンサーを搭載し自分の動きを分析。音質が自動で変化することで、100パターンの環境に対応した聞こえを実現しました。Xはアクティブに活動する方へ特におすすめの補聴器です。



新しく耳掛け形が登場しました。充電しながら、乾燥・除菌を同時にできる新しい
充電器になってます。

耳の良い人は、周りの環境に合わせて、無意識に聞き取りたい声や音に集中することが出来ます。しかし難聴が進んでくると、聞きたい声や音に”ピントを合わせる”ことが難しくなってきます。

新製品のシグニアXは、超広角センサー(マイク)によって、周囲360°の音を常に分析します。さらに初めて搭載されたモーションセンサーによって、補聴器を着けている人の動き(歩く、走る、止まる等)を認識し、100パターンの中から最適な音質に自動で変化します。