スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

北アルプス

2022年08月16日

千里中央店

こんにちは。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。


今回の旅行のメイン、北アルプスを見たくて、新穂高ロープウェイに乗って来ました。
高山駅から新穂高ロープウェイ乗り場までバスで1時間40分程。

何処もかしこも山の中をどんどんと進んで行き到着しました。
ロープウェイ乗り場。
image

山頂にはまだ雪が残っています。
image


標高1,117mの新穂高温泉駅から、ロープウェイを乗り継ぎ、25分間かけて、2,156mの西穂高駅まで向かいます。

image

日本で唯一の2階建てのゴンドラに乗り、(当然2階部分に乗りました(^^))
山頂に到着すると北アルプスの山々が一望できます。


目線は頂上付近と同じ高さです。
image
(こちらにも山の名前の書いたパネルがあります。)


この日は快晴で360℃山々を見渡す事ができました。とても感動し、素晴らしい景色だったのですが、少し恐怖を覚えました。なんだかとても怖かったのです。

image
(左の方にある頂上が少し尖った山が、槍ヶ岳 3,180mです。)


3000m級の山々に囲まれて頂上付近にいるとなんだかほんとに不思議な緊張感を覚えます。

大自然は偉大で雄大過ぎて、自分なんてほんとにちっぽけで、ただただ生かされているんだなという気持ちにもなります。この自然が怒ると私なんていちころだろうなと、、、。

帰ってきてお客様と話していた時、その方は登山家で今回の北アルプスも登られるそうですが、その話をすると「わかります!ほんとに見てると怖いですよ」と仰っていました。

ほんとに自然って凄い。
改めて身が引き締まる思いでした。


因みに日本の標高の高い山ランキングです。
1位 富士山  3,776m
2位 北岳(南アルプス)  3,193m
3位 奥穂高岳(北アルプス)3,190m
3位 間ノ岳 (南アルプス)3,190m
5位 槍ヶ岳(北アルプス) 3,180m

3000m級の山々でこんなに凄いなら、その3倍近くのエベレスト 8,848mはどんなに凄いんだろう、死ぬまでに一度見てみたいと思う私でした。

image

《いまい》

本のお話

2022年08月15日

南千里店


出口のない海
横山秀夫


回天が眼前にあった。

丸みのある弾頭が鈍く光ってる、

長い胴体、前の方が太く後ろ半分はやや細い

大きな魚に小さな魚が、後ろから突っ込んだかのような格好だ

二連のスクリューが尾鰭のごとく眼に映る、「魚雷だ 」

形そのものは魚雷に違いない、だがそれは巨大な棺桶に見えた

「 鉄の棺桶 」

この兵器がこの世に存在した事を伝えたい。

俺たちの死は、人間が兵器の一部になったことの

動かしがたい事実として残る

それでいい、俺はそのために死ぬ。

回天を伝えるために・・・・

「 出口のない海 」つらい作品です。


《 フジイ 》

キング・オーガスタ

2022年08月14日

南千里店

うだるような暑さが毎日のように続きますが、みなさま水分をこまめに摂取して熱中症には十分お気をつけくださいね。

そう言えば、暑さを形容する表現で「うだるような暑さ」とニュース等で言われることがありますが、この「うだる」という言葉、漢字で書くと「茹だる」となります。
文字通り暑さで頭が茹で上がりそうな様を表現しているのですが何故「ゆだる」ではなく「うだる」なのか?

何か面白い由来があるのでは?と調べたのですがどっちでもいいよ的なことしか載っていませんでした^^;

昔ゆで卵のことをうで卵と言っているお年寄りが居たっけ。
うだるうでるゆだるゆでる・・・日本語って面倒臭い(笑)


南千里店の店内の中央に鎮座しています大型観葉植物のオーガスタに最大級の葉が育ちました。デカい!

計測したところ、葉幅50cm長さ90cmもありました!


色付く前の葉のグラデーションが綺麗ですねえ。

・・・そう言えば何かに似てるんだよなーと思ってたら・・・あ!

ナイキのエアマックス95!

若かりし頃の伝説のスニーカー!
このサイドのグラデーションが強烈に印象に残ってたんでした^^

《タカダ》

涼を楽しむ〜ミストとラフォン。

2022年08月13日

千里中央店

こんにちは。



「暑っ…」
閉店時間の午後7時を過ぎ、1日の仕事を終えて店を出る時、まずひとこと目に発する言葉です。最近のお決まりです。
この時間になっても、生暖かいモワッとジメッとした空気が身体に纏わりついてきます。

こんな日はとりあえず帰ってキンキンに冷えたビールだな…いつもだよ…でしたねー^_^;(笑)
そんなひとりツッコミを入れつつモノレール千里中央駅へと歩をすすめます。



んっ?何?



ミストやん。

こういうのを見ると人目を憚らず、真下で小躍りしてしまいたくなる純真無垢なタイプです(笑)



気持ち良い!超気持ち良い!(๑>◡<๑)


大阪モノレールのHPを調べてみると、新着情報に下記のようにありました。

8月10日(水)より、大阪モノレール千里中央駅連絡デッキでミスト装置(約70m・両側)が稼働開始します!ミストの気化熱の効果で周辺温度を下げ、暑い屋外でも涼を感じていただけます。
今回のミスト発生器は、日除け・緑化ベンチを含め大阪府の「都市緑化を活用した暑熱対策事業」による助成を受けて整備しました。
 
稼働期間2022年8月10日~9月30日(予定)



見た目にも体感的にも涼を感じれるのは、とても嬉しいこと。暑い夏、通勤通学その他多くのモノレール利用者にとって束の間のオアシスとなりそうです。






続いてフレームのご紹介です。

フランスの人気ブランド『lafont  ラフォン』「reedition リエディション」シリーズより見た目にも涼しげなニューモデルLAFAYETTE(ラファイエット)です。


lafont LAFAYETTE 001 50 39,600yen

クリアのウェリントン。

シンプルで潔くて。

涼しげな目元、クリアの持つ存在感、さりげなく違いを演出できる素敵なメガネだと思います。

クリアフレームってディテールで安っぽく見えたりもするんですけど、『lafont  ラフォン』LAFAYETTEは細部にも拘ってデザインされていて全くそんな心配はありません。
智元の2点カシメピン、テンプルの彫金も素敵です。



クリアのフレームを探しておられる方々それぞれにクリアに求めるイメージも微妙に異なるんですけど…
『lafont ラフォン』のこういう感じ、きっと多くの人に響くんじゃないかな。



これは『ナイスクリア』ですね。…間違いない。

早いもの勝ちですよ^_^


《ウエノ》

メガネのお手入れ

2022年08月12日

千里中央店


湿気が凄くてくせ毛全開でこんにちは。

いきなりですが、
メガネはずっと身につけて使うものです。
そこで、フレームの耳に掛かる部分(先セル)の
部分は汗や整髪料や皮脂などで年数と共に
結構いじめられています。


こんな風に白く化けて「白化」してきます。
なのでレンズ交換でお預かりさせて
頂いたフレームなどをサービスでお磨きし
綺麗にさせていただきます。

荒磨きした表面を更に目の細かい
サンドペーパーで肌理を整えます。
仕上げにバフで磨くと..



ななな、なんてことでしょう♪
新品の時の様な光沢が戻りました('ω')
愛着のあるメガネを長くお使い頂きたいので
当店でお買上げ頂いてるフレームはこの様な
磨きサービスを無料で行っております。
(少しお時間をいただきます・一部出来ない
商品もございます)
まずはご相談下さいませ。

いつもメガネのセンリのブログを
ご覧いただきありがとうございます。

 《ヤマモト》

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事

アーカイブ