スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

本のお話

2022年04月25日

南千里店


墨龍賦
葉室麟


晩年に建仁寺の『 雲龍図 』を描いた男、海北友松。

浅井家家臣の三男坊として生まれたが、兄の命令で京都の禅寺

東福寺の喝食となり出家。

狩野派の絵を学ぶも絵師としてのデビューは遅く

六十歳を過ぎてから、その活躍が際立つようになる遅咲きの画家である。

近江浅井家に仕えていた実家が滅亡する。

お家再興を願いながらも絵師の道を選択した友松だが

その身に様々な事件が降りかかる。

安国寺、恵瓊との出会い、明智光秀の片腕斎藤利三との友情そして本能寺の変へ

いずれは天に向かって翔ける『 蛟龍 』だと見込んだ明智光秀と

その臣下、斎藤利三の死を通じ

絵を描く行為とは、この世のすべてを絵の中に見出す事だと気付くのである。

武人の魂を持ち続けた桃山時代最後の巨匠と呼ばれる絵師を描く。


《 フジイ 》

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

アーカイブ