スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

ぶらり散歩の話~続き~

2021年10月13日

千里中央店

皆さんこんにちは!先週の続きです(^^)

先週、「喫茶 水鯨」を訪れた事を書きましたが、その道中いい雰囲気の建物がありました。

こちらです。



こちらは「川口基督教会」と言います(^^)

正式名称は「日本聖公会川口基督教会」と言い、竣工は大正9年(1920年)になります。

ゴシック風で簡潔なデザインにまとめられた、煉瓦造、二階建て塔屋付の教会堂です。

そしてこちらの「喫茶 水鯨」が入っている建物。



こちらの建物は「川口アパート」と言います(^^)

元々は「新大阪新聞社」が有った所で、アール・デコ風装飾をあしらい、タイルが垂直線を
強調したモダンなデザインは昭和3年(1928年)頃の竣工との事です。

現在は「喫茶 水鯨」やいくつかのオフィスとして使われています。

これらの建物がある地域は「川口居留地跡」と呼ばれています(^^)





この西区川口地区には、慶応4年(1868年)の大阪開港に伴い、外国人居留地が設置され
イギリスやフランス・ドイツ・アメリカ等の商社が事務所を構えました。

この辺りの道路にはランプの街灯が灯り、ユーカリの並木がそよいでいたと言います。

また、ここ川口地区から洋食・パン・牛乳・クリーニング屋等々が始まったと言われる程
当時は賑わっていたとの事です。

その後、この地域は川底が浅く、大型船の運航が出来なくなった事等から次第に衰退していき
貿易の要は神戸港へと。

今ではこの「川口基督教会」が、大阪開港当時の異国情緒を偲ばせる建物となっております。

さて、ここ最近の散歩の話は「食欲の秋」に偏りがちとの、ご指摘があるやらないやら(笑)

次回以降は「芸術の秋」「スポーツの秋」等に関する散歩を心掛けたいと思います(^^)

《マツウラ》



カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新記事