スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

本のお話

2021年09月13日

南千里店


悲素
帚木蓬生


1998年 7月25日


夏祭りで60人食中毒、和歌山・手作りカレー原因か


新聞の小さな見出しから始まって、和歌山県警刑事部長より電話。


カレー事件に関して、どうしても沢井先生のお力を借りなければなりません


砒素の臨床で、沢井教授の右に出る人はいないと


被害者の方達の診察、63人・犠牲者は4人です


カレー事件とは別件で、砒素中毒ではないかと疑ってる人間が3人


調べれば人数はもっと増えるかも、全てカレー事件に関連する人です。


和歌山へ来て頂きたい。


ここから10年にわたって裁判の審議を続けたが、カレー事件に関する


小林真由美の犯行動機については不問のままであった。


毒を手にした人間は、知らず知らずのうちに万能感を獲得する


毒の行使がまた次の行使を呼びやめられなくなる


毒を盛っている時だけが、生きてる実感を味わえる、《 嗜癖の魔力 》に


彼女が抗えなかったからだと。


《 フジイ 》

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新記事