スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

本のお話

2021年06月07日

南千里店


風の軍師 黒田官兵衛
葉室 麟


〈 風の軍師 〉は〈 風渡る 〉の続編にあたる作品です。


黒田官兵衛。備前の武家から身を起こし豊臣秀吉に仕える軍師。


戦国末期、最高の策謀家。


信長に入れ替わって天下人となった豊臣秀吉は、


権力を握るや、瞬く間に変貌した。


キリシタン禁制、朝鮮への出兵と予想外の統治を打ち出して行く、


とりわけ朝鮮出兵は、東アジアの頂点に立とうとする誇大妄想が


動機として働いている。


官兵衛は、キリシタンを弾圧する秀吉を討つために朝鮮行きを申し出た。


関ヶ原の戦いでも、九州にキリシタン信教の王国を造るべく九州で挙兵。


家康の幕府と併立させるという、黒田如水の最後の夢であった。


『 キリシタンは異国からこの国に吹いた風でござった。


我らは風となって生きて来ましたが、風はいつか吹き去る日が来るのです。』


夢を追う男の壮絶な生涯でした。


《 フジイ 》

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新記事