スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

いつだってそこにある太陽のように。

2021年02月06日

千里中央店

こんにちは。


早いもので、もう2月も6日目となりました。
1月は行(い)く、2月は逃(に)げる、3月は去(さ)る…
昔からよく聞く言葉ですけどホンマにそうやなと実感します。僕自身が歳を重ねたせいもあるでしょうけど。

さて、千里中央店のオープンまであと5日となりました。

メガネのセンリ千里中央店は2/1から2/10までの間、新店舗への移転準備のためお店はお休みをいただいており、お客様にはご迷惑をお掛け致しており申し訳ございません。

ただ僕たちスタッフはその期間ずっと休んでる訳ではございません(笑)。

みんなで力を合わせて引っ越し作業を黙々と続けております。

整理をしていると、「あの時ああだったな…こうだったな…」と思いがけず懐かしい記憶が蘇ってきたりして作業をする手が止まります。
また、久しく使ってなかったディスプレイや小物類など置いとく?捨てる?…ときめく?ときめかない?…などの断捨離は丁寧に確認していくと思いのほか時間がかかります。

でも今はそういう事にこそ意味があるんだろうなと思っています。次のステージへ踏み出すために、ここでの思い出も含めてしっかりと整理する必要があるでしょうから。



そんな作業をしながら「ここでの時間もあと僅かやな…」そう思いながら箱詰めしてるとFM802から森山直太朗の『さくら』が流れてきました。

せつないなー、なー。

…なんてスタッフで言ったりしています(笑)。


それから、当店をご利用くださってるお客様に向けてオープンのご案内を郵送する準備をしたり、近隣のお客様には僕たちスタッフで直接ポスティングをしたりもしています。

木曜日の夕方、新千里北町をポスティングしていて、自転車で坂道を登っている時に目にした夕陽に心を動かされました。気づいたらカメラを向けていました。



夜になれば陽は沈み朝になればまた陽は昇る。

お店もまた同様に夜になれば閉店し、翌朝になればまた開店する。

ともすれば同じ事の繰り返しのように見える一日一日も、実は様々な人々の様々なストーリーを乗せて成り立っているという事実があります。
メガネのセンリもこれまで48年間今の場所で、営業を続けてきて、多くのお客様、そして多くの関係者の方々、そして歴代の多くのスタッフと、1日たりとも同じ日など無い特別な毎日を積み重ねてきました。

今回場所を移転して真新しい環境で新たなスタートを切るわけですけど…

意識すればいつだってそこにある太陽のように、お客様にとって、また地域のみなさまにとって、普段は意識しないけど、いつだってそこにある信頼できるメガネ屋さんとして、これからも一日一日を丁寧に積み重ねていきたい。

そこで生まれるひとつひとつのストーリーを大切にしながら。



今日からは運び込みや収納など本格的に新店舗での作業がメインになってきます。これから開店に向けて一層忙しくなりそうです。頑張ります^_^



《ウエノ》

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最新記事