スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

蜻蛉池公園の水仙

2021年01月22日

南千里店




「 府立・蜻蛉(とんぼ)池公園 」に ”水仙” を見に行ってみました!!

岸和田市三ケ山町大池701 にあります。





こんなコロナ禍の時代なので

好きな所へ好きなように自由に出掛けることが出来なくなりました。

”不要不急”の外出は自粛するような指示が出ており、

その中で、工夫をしながら、”3密”を避けながら・・・

でも、ストレス発散に出掛けたいしネェ~。



言い訳をさせて頂くと・・・

自宅の駐車場から公園の駐車場まで寄り道なしの一直線(笑)

人出が多い時間帯と重ならないように早くに出発です。

お陰様で到着時にはほとんど人影なしで、良い具合です。





昨年もこの時期に訪れて、なかなか見事でしたので

同じような時期に今年も訪れました。

その頃は今の”コロナ禍”なんて想像もしなかったのに・・・




こちらの公園の水仙は、

ニホンズイセンで園内に6万本の数ですが、

満開と云うわけにはいきませんでしたが、5~6分咲き位かな?

こんな感じです!!






それでも水仙郷に近づくと、ほのかに甘ぁ~い香りが漂います!!

ややうつむき加減に咲くのが、ニホンズイセンの特徴、

バラなどのような派手な花や色ではないので

楚々として、何処か”おしとやか”な印象を与えます。





水仙郷の中を気ままに散策です!!

緩やかな斜面に咲いているので上から下から・・・自由です。

椿の花と同じ場所に咲いている所もあり、

赤と白のコントラストが見事です。






斜面の法面に沿って咲いている場所は”雛壇”の様です。





一眼レフのカメラで熱心に撮影しておられる方もいらっしゃいます。



水仙を楽しんだ後は公園の中を散歩です!!


こちらの公園の名前の由来である大きなトンボのすべり台が2基、

子供達がワイワイ大騒ぎしています。





春になり、もっと暖かくなって来たら”孫”を連れて来たいなぁ~~

こんな広い公園で思いっ切り遊ばせてやりたいです。






大きな池では「白鳥」や「オシドリ」がいてますが・・・

この寒さの中では、人間から見たら寒かろうと思います。

が・・・しかし、水鳥の羽は見事に水を弾き飛ばしますねぇ~~

寒さに負けずに元気モリモリです。






お昼が近づいてくると来園者が増えてきたので

この辺で帰宅することに・・・


水仙の花と香りに癒やされました!!






もっと暖かければお弁当持参するんだけれど・・・

まだまだ春は遠い様です。


皆様、コロナと風邪に負けませんように、

嗽と手洗い、必ずお願いいたしますね!!



          《タケナカ》

複数回献血クラブ「ラブラッド」に加入しました

2021年01月21日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は恒例の献血ネタです。
お気に入りの森ノ宮にある大阪府赤十字血液センターで
400㎜献血をしてきました。

image

前にもご紹介しましたが大阪府下を走る献血バスの基地でもある総本山です。

image

今年はコロナ禍もありかなりが足りていないそうです。

話を聞いてみると、献血は固定センターより移動施設の方が多いそうなのですが
会社や学校で大規模に開催していたのが出来なくなったそうです。

そのおかげで可能時期が近付くとDMで矢の催促!
「早く来てくれ~」と書いています。

image

今治のタオルや靴下など、お土産も沢山いただきました。

日本赤十字社では年に複数回、献血をされる方を対象とした
複数回献血クラブ「ラブラッド」 というのを募集されていて
今回は窓口の方にも勧められて加入しました。

image

携帯電話で簡単に血液検査の結果を確認でき、複数回を比較も出来ます。
また、が足りない時には催促も?

予約もできるので成分献血をされる方には重宝するのでしょう。

簡単にできるボランティア活動、献血

皆様もどうですか?


《なかお》


ライバル

2021年01月20日

千里中央店

皆さんこんにちは!

唐突ですが皆さんには「ライバル」という存在がいたりしますか?

明日1/21は「ライバルが手を結ぶ日」と言うんですね。

なぜ1/21が「ライバルが手を結ぶ日」なのか?

時は江戸時代末期、それまで仲の悪かった薩摩藩と長州藩が坂本龍馬
仲介により、「薩長同盟」を1866年(慶応2年)1/21に結んだ事が由来なんですね。

「薩長同盟」とは、今さら説明は不要だと思いますが

薩摩藩(現在の鹿児島県)と長州藩(現在の山口県)の間で結ばれた、政治的
軍事的な同盟で、明治維新を推し進める原動力となりました。


江戸時代末期、薩摩藩と長州藩は「雄藩」と呼ばれ大きな影響力を持っていました。

しかし、幕政改革を求める薩摩藩と反幕的な姿勢を強める長州藩は相容れない
関係でした。

1864年(元治元年)には、長州藩と会津藩が京都市中で市街戦を展開した
「禁門の変」も行われ、薩摩藩は会津藩側につき長州藩と戦火を交えています。

そんな敵対する両藩でしたが、土佐藩の坂本龍馬の働きかけもあり、両藩が日本の
将来のため、手を携え国難に立ち向かうべきだと、同盟の締結に動いたのです。

薩摩藩からは西郷隆盛



長州藩からは木戸孝允



そして土佐藩から坂本龍馬



この三人の偉人が関わり、新しい時代を迎える転換点となりました。

歴史好き特に幕末好きな方には、たまらない出来事の一つですね(^^)

差し詰め「メガネのセンリ」にとっては〇〇や△△(名前は伏せておきます笑)
と、言ったところが「ライバル」でしょうか。

手を取り合う日がくるのでしょうか(^_^;)

《マツウラ》

動物の視力のお話

2021年01月19日

千里中央店

こんにちは。
ブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は動物の視力のお話です。


まずは眼の構造を先にお伝えしておきます。



眼の構造は以上の様になっております。

そして、、、

動物の中で最も視力がいいのは何かご存知ですか?


それは鳥類です。


鳥類は一般的に嗅覚は弱く、聴覚と視覚が発達しています。ヒトと同様の黄斑部(動物の場合は中心野といいます)があり、その中央に人より深い中心窩を持っています。中心窩が深いということは高度な分解能を持っていると考えられています。しかも、網膜の視細胞はほとんどが錐体で色覚も豊かです。そのうえ鳥のほとんどは正視だそうです。うらやましい話ですね。

因みに鳥類は、桿体(光に対する感受性が強くおもに暗い所で働く)がないから「とり目」なんですね。

鳥類の中でも抜群の視力を持つのはタカだといわれています。


木の実や昆虫ではなく、動く小動物を食料とするタカは、800m離れたトンボを見つける力があり、ヒトの8倍以上の視力があると推定できるそうです。

タカの中心窩は各眼に2つずつあり、耳側の中心窩で前方を両眼視し、鼻側の中心窩では側方を見ており、常に三方向が明視できています。
この視力がはるか上空から獲物を間違いなく仕留めることに貢献しているのですね。

動物のそれぞれの視野の範囲です。⬇︎


黄斑部(中心野)の構造は動物により様々です。
ライオンやトラはヒトと同じ位置に同じ形の中心野がありますが、中心窩がありません。


ウサギやネズミ、ウマなどは乳頭耳側に帯状の中心野を持っています。横に広がる中心野は敵がどの方向から来ても気が付きやすい事に役立っていますが、彼らには中心窩がなく、ウサギは近視、ネズミは遠視、ウマは直乱視なので、ヒトより視力はやや劣ります。




カエルは乳頭上方にリング状の中心野を持っており、下方の視野の確保が便利な構造となっています。
これでちょうど前方が見える格好になっているのかもしれないということです。


中心窩を持つ動物は、ヒトやサルが属する霊長類の他は鳥類と爬虫類と硬骨魚しかなく、このうちヒトより優れているのは、鳥類と爬虫類だけだそうです。
ヒトの視力もあながち捨てたものではないみたいです。(*^-^*)


以上今回は動物の視力のお話でした。



《いまい》

本のお話

2021年01月18日

南千里店


あしたの君へ
柚月 裕子

家庭裁判所調査官補として研修の間、九州の福森家裁に

配属された望月大地

第1話 背負う者 ( 17 歳、友里 )
第2話 抱かれる者 ( 16歳、潤 )
第3話 縋る者 ( 22歳、理沙 )
第4話 責める者 ( 35歳、可南子 )
第5話 迷う者 ( 10歳、悠真 )

『 彼女、すごく楽になった顔をしていた』

『お前が調べなければ、いつまでも重い荷物を背負ったままだった、

お前のおかげで、彼女はそれを下ろすことが出来たんだ。』

雨の描写がとてもいい。

大地は、細かい砂を落とすような音に気づいた。

窓の外を見ると、雨が降っていた、絹糸のように柔らかい雨だ。

確実に成長してゆく大地がいた。

《 フジイ 》

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新記事