スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

匠の技で造られた伝統美の刀

2020年11月22日

南千里店

映画館の消費動向がコロナ感染拡大前に比べてプラス転じるほどの爆発的な大ヒットになっている『鬼滅の刃』は、大正時代を舞台背景にした物語で、悪鬼に家族を殺された主人公は、鬼にされながらも唯一生き残った妹と過酷な鬼狩りへの道を進んでいく。原作の漫画がヒットし昨年アニメ化されてから更に人気が上昇し、10月の映画の公開以来、各地の映画館はほぼ満席状態で、現時点では観客動員1750万5285人(興行収入 233億4929万1050円)となり、歴代日本映画興行収入ランキングで3位に入りました。今日明日の連休や、これからの冬休み中にまだまだ記録も伸びていくでしょうね。

テレビでは現在織田信長が戦国の乱世を舞台にした『麒麟がくる』が、信長の軍歴で唯一の撤退戦となる姉川の戦いが佳境に入り増々面白くなっています。

それぞれに共通するもの云えば・・・

『日本刀』

鬼滅の刃はタイトルにも有るように、鬼を滅する日輪刀と呼ばれる日本刀を武器に戦います。
方や戦国乱世では武士の主要な武器は日本刀です。

という事で、前置きが長くなりましたが・・・こういうものを購入しました^^


関の孫六で有名な刃物の聖地、岐阜県関市産の日本刀ペーパーナイフです。
日用品や美容、医療用メスなど洗練された匠の技が光ります。


このペーパーナイフも例に違わず良く切れます。
切れるといっても刃は鋭利ではなく皮膚が切れたりはしません。
ペーパーナイフは紙が折れ曲がって弱くなった部分を割く感じで使います。


さてお立ち会い!この日本刀で厚く重なった紙をもスッパリ割いてご覧入れましょう!


シュッ、サクっと切れました。めちゃ良い!
あとカッコいい!歴史上の名だたる武将が所有していた日本刀がモチーフになっており、自分は織田信長の「へし切長谷部」を購入。


鞘から抜いた時に磨き上げられた刀身が見えるのはロマンがありますなあ。

日本の様々な伝統技術は世界に誇れる偉大なものです。

メガネもそうなんです。
世界に誇れるMADE IN JAPAN 。メイドイン鯖江。
しっかりと作られたものは所有者の満足度にも繋がります。

是非、鯖江産のメガネはメガネのセンリで!

《タカダ》

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新記事