スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

本のお話

2020年05月03日

南千里店


焔の中
吉行淳之介

敗戦を21歳で体験した著者の、かけがえのない青春自伝的長篇。

自分が、今何を最も欲するかと自分に問うと

『 夜、布団に入って、目が覚めたら朝だった、という気分を

味わってみたい 』 という答えだったと、

『 戦争というものは、終わるものだと僕は考えていた、

しかし、戦争が終わった後の日々の中には、僕はすでに存在していない筈だったと、

自分が生きて動いてしかも、戦争のない日々、そんな事を考えないようのしていた。』

そんな著者が、生きて焼土に立つ。

『 少々のことに驚かぬ心の訓練ができた 。』

《 フジイ 》

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新記事