スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

正射必中〜ゴディバ社長からの学び。

2020年05月02日

千里中央店

こんにちは。



ここ最近の僕が仕事の時に大切にしている言葉がありますので、今日は僭越ながらご紹介させていただきたいと思います。


村上龍さんと小池栄子さんが司会を務める『カンブリア宮殿』という経済番組に『ゴディバ・ジャパン』の経営者であるフランス人、ジェローム・シュシャン氏が登場されていた放送回のこと。

『ゴディバ』といえば、みなさまご存知ベルギー王室御用達の高級チョコレートブランド。



その『ゴディバ・ジャパン』の社長にシュシャン氏が就任したのが2010年のこと。



日本国内での『ゴディバ』のブランドイメージはすでに確立されていましたし、社長就任の際には周囲から「今更何もすることはないのでは…」と揶揄された事もあったそうです。
しかしそんな雑音は気にせず、シュシャン氏は減少傾向にあった売上を何とかしようと現場を見てまわります。

そして、『ゴディバ』のコンセプトでもある「チョコレートでハッピー(幸せな瞬間)をお届けする」を今以上に世の中に広げていくためには更なる販路(チャネル)の拡大が必要だと考えました。

そこで、これまでの『高級イメージ』に加えて、新たに『親しみやすさ』という相反するものを両立させようと考えたのです。

日常の多くのシーンで『ゴディバ』に触れてもらう機会が必要だと。

具体的には、コンビニでの販売、大型ショッピングモールへの出店そしてゴディバチョコレートを使ったオリジナルドリンクやアイスクリームの販売、他社とのコラボ商品など。


こちらは4月28日発売されたばかりのGODIVA監修のローソンとのコラボ商品『Uchi Cafe × GODIVA ショコラトルビィヨン』税込450円。

当初は社内でも多くが反対したそうです。せっかく築き上げたブランドイメージが壊れてしまうことを危惧したからです。それはある意味当然の反応だったかもしれません。

しかしシュシャン氏は自分が正しいと思ったこと(お客様にとって良いと思えること)をやり通しました。

その結果は大成功、相乗効果でこれまでの既存店の売上も回復し、高級路線だけではなし得なかった就任前の売上3倍増をやってのけたのです。

その他ここでは紹介しきれない様々な改革を実行に移していきました。

そのベースにあるのがこれからご紹介するシュシャン氏の考え方なのです。



ジェローム・シュシャン氏、来日してから30年以上になるのですが、来日当初からずっと続けておられるのが弓道。今では五段の腕前なのだとか。



シュシャン氏曰く、その弓道における考え方から仕事にも通ずる「座右の銘」を手にされたそうです。


『正射必中(せいしゃひっちゅう)』 

正しく射れば必ず当たるという意味です。
「的に当てることではなく、正しく射ることに集中する」…そうすれば必ず結果がついてくるという考え方です。

「射法八節」と言って矢を射るまでの一連の動作は、「足踏み、胴造り、弓構え、打起し、引分け、会、離れ、残心」と呼ばれる8つの動作があり、このひとつひとつを正確に行うことが出来れば、矢は必ず的に当たるとされています。

ただし「的を射てやろう!自分をよく見せよう!」という雑念は矢が当たるのを妨げるだけです。また矢を射る際に結果について考えてしまうと、不安になったり緊張したりして正しく射ることが出来なってしまうのです。

この『正射必中』という言葉は、「目の前のやるべきことに集中して、ひとつひとつ丁寧に行動することの大切さ」を教えてくれます。



仕事に置き換えて言えば、会社の都合、店の都合、個人の都合で行動するのではなく、お客様の立場でお客様のメリットを考えて行動する…それが正しく射るということ。

メガネ屋の仕事だと、お客様との時間を大切にしながら、問診・検眼・フレーム選び・レンズ選び・フィッティング・加工・納品など…ひとつひとつ集中しながら丁寧に行うことで、お客様にこちらのご提案を受け入れていただける。そして喜んでいただける。

その結果としてお店の売上へと繋がる。綺麗事に聞こえるかもしれませんがプロセスが大切なのです。



確かに商売ですから、買っていただくという最終地点(売上)を意識することは必要なことです。

ただそれはあくまでお客様に喜んでいただいた後の結果であって、最初から売上・効率ありきだと大切なお客様との時間が疎かになってしまい上手くいきません。



今自分にできること、すべきことに集中して、丁寧に行動すればいい。

『正射必中』

心の在り方までも教えてくれるこの言葉、ストンと僕の中に落ちました。
シンプルですが、大切なことに気づかせてくれる素敵な言葉で、僕にとってもとても大切な言葉となりました。


ジュローム・シュシャン氏の著書『ターゲット』おすすめです。僕も手元に置いて時々は読み返したいなと思っております。


バレンタインデーにある方からいただいた『GODIVA』のチョコレートと共に。チョコレートは美味しくいただきました。



《ウエノ》

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新記事