スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

本のお話

2020年03月08日

南千里店


春風伝
葉室麟

『 晋作 』は通称で、諱( 本名 )は『 春風 』と言った。

名は体を表す、彼の人生はまさに春風だった

春風という諱を持った晋作は近代の魁をなした。

他の花に先んじて咲き、どの花よりも先に散ってゆく梅は

過酷な幕末期に、近代日本の扉を大きく開きながら

維新を見ずに病死した晋作の、峻烈な生と死そのものである。

晋作の最後の仕事は、かつて晋作を助けた望東尼が姫島に幽閉され

これを助ける。

この望東尼との合作が晋作の辞世の和歌と伝えられる。

おもしろきこともなき世をおもしろく ( 晋作 )

すみなすものは心なりけり ( 望東尼 )

葉室麟が描く高杉晋作、実に感動的でした。

《 フジイ 》

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新記事