スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

無鹿リゾート

2019年12月26日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

最近、タケナカさんが丹波・能勢へ行かなくなったので
代わりに書く北摂ネタです。(笑)

今季のドラマで唯一見ている グランメゾン東京 で
美味しい鹿肉が取り上げられ、無性に食べたくなったので
丹波篠山の奥にある、〝無鹿リゾート〟さんへ
行って参りました。



〝無鹿リゾート〟さんは日本初の鹿肉料理専門店であり
日本中で最も鹿肉を美味しく提供して頂けるお店でもあります。



一般的に鹿などはジビエ(狩猟食材)と言うのですが
太古の日本から食されてきました。
(昔は牛など四本足の動物は庶民の口には入りませんでした)

最近では猟師さんの高齢化もあり東京都内でもイノシシが
出没するようになり、問題になっています。
ある程度、野生の動物を狩猟しなければいけないようです。

牛肉、豚肉、鶏肉などの畜産物は運動量が少なく育ち
筋肉に脂肪が入り込みやすくなります。
一方で、野性動物であるジビエは運動量が多く
筋肉が発達しているので、鉄分やたんぱく質が豊富に含まれています。

なにより低脂肪で太るのを気にせず食べれるのがイイですね。



もう訪れるのが何度目かですが、昨年移転されて新店舗は初めてです。



古民家を改築した店内には〝鹿〟にまつわるインテリアもたくさんあり
お洒落な雰囲気。
さすがに丹波の山奥なので暖房はしっかりされていますが
底冷えしてヒンヤリ。



ランチメニューはお安いものからあります。
今回は奮発して「森の恵みコース」♫


前菜9種盛り

鹿のトマト煮、鹿のレバームース、
菊芋ソテー、キャベツのピクルスなど地産野菜を凝って作り込んでいます。
器が四角いのは 〝鹿喰い〟 というダジャレもあるようです。


本日のスープ
お芋のやさしい味です。

そしてこの後がメイン。
メインは一人2品を選べますが妻と行ったのでシェアし合って4品!


鹿ロース蒸焼き 赤ワインソース仕立て

レアさが残る絶妙な火入れです。
ジビエの臭みなんてこれっぽっちもありません。


鹿もも肉の山椒味噌焼き

味噌のソースと地産野菜の相性GOOD!


鹿もも肉(芯玉)ステーキ

鹿肉の中でも珍しい部位です。
モモ肉の中で最も柔らかな内モモ肉に対し、アキレス腱へと繋がる
部位なので筋肉の張りとしなやかさを感じられる躍動的な肉質。
付け合せの岩塩がお肉の味を引き立てます!
奥の副菜は脛肉の煮込みを始め、タンの燻製など。


猪ロース塩焼

ここでちょっと浮気です。
旨味たっぷりの脂がのった丹波猪には粒山椒がピッタリ。
猪も通常は臭みが強いので味噌と合わせて牡丹鍋にしたりするのですが
こちらではそんな心配は皆無です。

image
ごはんもの

赤米と通常米の合炊
味噌汁の具はなんと穴熊。
これは食べたの初めてです。

image
デザート

もうお腹いっぱい!というところで出たのが豪勢なデザート。
シフォンケーキは甘さ抑えめ+無糖生クリームで美味しい~


帰りに篠山城下町に寄って土産を買おうと思ったら
もう黒豆の時期は終わっているではないですか。
この辺の段取りの悪さが行きなれていないのですね。
12月という事もあり、観光客まばらな城下町でした。

大阪から車で1時間半~2時間で行けちゃう非・日常の世界。
行ってみるとジビエの見方が変わる事間違いなし!
けっして珍しいお肉というわけではありません。


無鹿リゾート


《なかお》


カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新記事