スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

年に一度!トナリエ南千里得大抽選会開催告知

2019年12月15日

南千里店

近隣の皆様に於かれましては、日頃よりトナリエ南千里に足をお運びいただきまして誠にありがとうございます。

トナリエ南千里は今月12月を以てモール誕生15周年を迎える事となりました。



誕生当時はガーデンモール南千里という名称でスタートし、近隣の皆さまに親しまれるモールに成長致しました。

2017年5月にガーデンモールからトナリエと名称を新たにし、今年で15年の節目を迎えることができました。

そして15年目を迎えた今年最後の大抽選会が12月22日(日)に開催されます!



トナリエ南千里の得大抽選会の景品ははっきり言って近隣のどの施設よりも豪華ですよ!
毎年楽しみにしてくださるお客様が多く、メガネのセンリ南千里店でご購入されて抽選会に参加されたお客様の中にも豪華景品をゲットされて喜びの声を伝えに来てくださったことも・・・^^

景品総額はなんと100万円!

抽選回数は5000本!いつも実施時間内には5000本数達成で終了している人気ぶりですので、お早めの参加が吉かと・・・。

残念ながら回数無制限ではなくお一人様10回までとなっております。
より多くのお客様に楽しんでいただきたいとのことなのでご了承下さいませ。

一回一回に魂を込めてガラガラを回して下さい!^^

《タカダ》

お店の印象をカタチづくるもの。

2019年12月14日

千里中央店

こんにちは。


寒くなってきたので先日アウターを探し求め梅田へ。

訪れたのは 11月に出来たばかりの『LINKSリンクス梅田』



ヨドバシ梅田に隣接する形で商業施設は地下1階から8階まで。これまでのヨドバシカメラの施設も含めてリンクスと呼ぶようで、各フロアこれまでの施設と行き来もできます。

地下1階には気軽にお酒や食事を楽しめる解放感・雰囲気のある『美味しいもの横丁』





異彩を放ってたのが大阪堺にある包丁の専門店『實行(じっこう)刃物』
僕も含め多くの方が足を止めてらっしゃいました。見せ方・デモンストレーションがカッコイイ。



雑貨店『flan flanフランフラン』は宇宙(UFO)をコンセプトにしたユニークなお店を展開、ワクワクする店舗レイアウトに商品構成…一見の価値ありです。





最上階にはお値段以上『ニトリ』もあるようです。ここはスルー(笑)。

梅田にまた新しいスポットが出来たのは消費者としては喜ばしいことです。



さて。

新しい店舗を見ていて感じたことがあります。

惹かれるお店に共通して言えること。それは商品はもちろんですが、店舗のレイアウトやディスプレイがとても魅力的であるということ。

そしてこれが1番大事だと思うんですけど…

陳列や清掃、店内POP店の隅々にまで利用してくださるお客様への気配り心配りがが行き届いていると感じられること。

商品を綺麗に見てもらおう
商品の特徴であるココを見てもらおう
商品をこういう風にディスプレイしたらお客様がわかりやすいんじゃないか、楽しんでもらえるんじゃないか…

そこのお店で働く人の「商品に対する思い」「お客様に対する思い」が込められています。

非科学的だと笑われるかもしれませんが、そういう思いってきっとお客様にも伝わる。

お店の印象をカタチづくるもの…それは目に見えないものだったりする。

少なくとも僕はそう信じて、店では掃除をしたり商品を店頭に並べています。

そんな思いが店全体のシャンとした空気感を作り出してるような気がしていて。




またお客様は店の外から驚くほどそこで働くスタッフの様子を観察されてます。
入店しようとしていたお客様も店員の雰囲気や態度で瞬間的に判断し踵を返すこともあるでしょう。
だからそこで働く販売員は自分自身も常に見られている…自分の仕草や表情が店の印象を大きく左右する…そう意識して店頭に立たなければいけません。

お客様をお迎えする前の、そういう準備の仕事のひとつひとつ(before service)にまで気持ちを込めることが出来なければ、実際お客様を目の前にしてキチンと気持ちを込めることなど出来ないと思っています。





丁寧に。
心を込めて。




《ウエノ》

奈良公園の紅葉

2019年12月13日

南千里店



以前にもお話申し上げましたが、最近は”奈良”にハマっています!!


本日は、「奈良公園」周辺をぶらぶら歩きに出かけました。




調べてみたら我が家から車で1時間程で行けるみたいです。

なんだぁ~~、いつもの能勢へ行くのと変わらないじゃん!!

早速、近畿自動車道~~第二阪奈道~~国道163号線へ・・・


わかり易くて真っ直ぐ走る目的地だったので、早く感じました。


奈良公園に到着前にエッと思うことが・・・

大宮通りを走っている時に、道路左側に大きな船が置かれています。

「昔の時代の船やねぇ~」と話していた所、運良く信号で停車。


なんとそこは「 平城宮跡歴史公園 」でした。

飾られていた船は復元された「遣唐使船」が展示されたものでした。

その広場の奥には 「朱雀門」 が見えるでは有りませんか!!

慌てて写真撮影したのがコレです。




新聞・マスコミなどで紹介されていた朱雀門がいきなり現れたので驚きました!!

こんな通りの真横にあるなんて・・・さすが、”都”です。



いよいよ、「奈良公園」到着です!!

広い公園のあちこちで色付いて・・紅葉、真っ盛りです!!

赤・黄・緑・・カラフルな景色です。



まずは「東大寺」を目指すので、公園内に入ります。

いてる・いてる・・・”名物の鹿” 達です。

鹿せんべいを目当てにたくさん近寄ってきます!!

観光客(特にインバウンドの方々)は珍しいのでしょうねぇ~

大騒ぎで鹿せんべいを食べさせていらっしゃいます!!

きっと素敵な思い出になることでしょうね。



東大寺・・・大勢の人たちで賑わってます。

早く”大仏様”にお目にかかりたい・・・

「大華厳寺」という大きな門をくぐり抜けます!!








ワ~ォ~、大仏様だぁ~~~・・・やっぱりデッカイです!!

神々しいというより、迫力に圧倒されそうです。



見学の後は《御朱印》を頂くために行列に並びます。

今日はあちこち周る予定なので、御朱印帳は大活躍です!!



久しぶりの奈良なので、どう行ったらよいか迷いますが、

まずは、観光マップに従って定番コースということになり

東大寺隣の「二月堂」へ・・・




正式には「東大寺二月堂」と言い、奈良時代創建の仏堂です。

現存する建物は1669年の再建で、”国宝”に指定されています。


早春の風物詩である「お水取り」の行事が行われ

正式には《 修二会 》と言われることで、私達にはお馴染です。


修二会(しゅにえ)・・・「お水取り」とは

3月1日~14日に行われる宗教行事で、

旧暦では2月にあたることから、「二月堂」と名付けられたようです。



巨大な松明が回廊舞台を駆け巡り、炎の熱気が観客の頬まで感じ

夜空を焦がすほどの勢いの巨大な松明は、井戸から水を汲んで

ご本尊の「十一面観音」にお供えするための道明かりだそうです。


テレビでしか拝見したことはなかったですが、

その様子を思い出しながら拝観させて頂きました。




回廊に立ちますと、「吊り灯篭」越しに東大寺の大屋根や奈良市街、

正面には生駒山を眺望することが出来、奈良一番の絶景スポットです。


二月堂は若草山の麓に建っているため、床を支える柱の長さを調整し、

清水の舞台と同じように「懸造(かけづくり)」と呼ばれる建築方法で

舞台を水平に保っているようです。



余談ですが「二月堂」以外に「三月堂」・「四月堂」が実在することに

驚きました!!  行ってみないと分からない事でした!!




さて、二月堂から若草山の麓を歩いて「春日大社」へ・・・

若草山はこんな季節ですから、草木が青々としてと言う訳ではなく、

ご覧のように冬枯れ状態ですが、存在感はしっかり在ります!!



春日大社は大勢の人で溢れ返っていました。

”朱色”の建物の記憶があったのですが・・・今もその通りです。

あまりの人混みに御朱印を頂いただけで立ち去りました。



もうこの辺でお腹も空いてきたし、歩き疲れたのですが・・・

マップを見ると「興福寺」が近いようで、もうひと踏ん張り歩きます。





法相宗大本山・興福寺は”国宝”の山


国宝は・・・「東金堂」・「五重塔」・「三重塔」・「北円堂」

重文は・・・「南円堂」

その他・・・「中金堂」・「南大門跡」・「西金堂跡」・「一言観音堂」

境内にはこのような建物がずらりと・・・

  

一番中心となる東金堂と五重塔、その他の建物の写真だけアップ致します。

これらをいちいちご説明しておりますとページ数が足りませんので割愛

(何せ、国宝がずらりと並んでますので、一つ一つのご紹介は無理)

お知りになりたい方は、ご自分で検索をお願い致します(済みません)



以上で奈良公園周辺の散策を終了いたしました!!

紅葉を楽しめ、鹿と戯れ・・・楽しい一日でした。

  



本日の歩いた歩数は ”13340歩”  距離:8.4 キロメートル

疲れ果てました!!

奈良の社会見学も体力勝負です!!


「結論」!!

奈良は、しっかり歩ける年代に行っておくべきです(笑)!!



          《タケナカ》

恒例の年末ガラガラ抽選会

2019年12月12日

千里中央店

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

暖かい日が続きますが、もう師走も半分が過ぎようとしています。

そこでお待たせしました!
千里中央せんちゅうパルでは 恒例のガラガラ抽選会 
が今年も行われます!



開催期間:12月13日(金) ~ 25日(水)
抽選場所:せんちゅうパル南広場
抽選時間:11:00~20:00

期間中、せんちゅうパル各店でのお買上げレシート
税込3,000円(合算可)毎に
1回ガラポン抽選にご参加いただけます。

1等:金券10,000円を始め、空くじ無しの
 総額1,000万円!


他施設と違うのは回数無制限のため、メガネや補聴器等の高額商品で
ビックリするくらい回数を楽しめることです。

また、期間もロングランでクリスマスの25日まで開催しております。



当店でも歳末謝恩セールを開催中で合わせてお得なこの期間に
どうぞお越しください!!!

事始め

2019年12月11日

千里中央店

こんにちは!

今週は少し気温が上がり、過ごしやすいですね。
ただ、寒くなったり暖かくなったりと身体の方が
なかなかついてきておりませんが(^^ゞ

12月に入り街はXmasモードへと、ブログで何回か書きましたが
今回は更に先の話、正月事始め(笑)の話です。

正月事始めとは、文字通り正月を迎える準備を始める事で
旧暦の12/13に行われていましたが、新暦に変わった今も12/13
行われております。

昔はこの日に門松やお雑煮を炊くための薪など、お正月に必要な
木を山へ取りに行く習慣があったんですね。

なぜ12/13なのかと言えば、江戸時代中期まで使われていた
宣明暦では12/13は「鬼」の日となっており、「鬼」の日とは婚礼以外は
全ての事に吉とされ、正月の年神様を迎えるのに良い日として
この日が選ばれたとの事、新暦に替わってもこの日付だけが残ったんですね。

現在は12月に入ると、まずはXmasを楽しんで、正月の事はまだそんなに
考えることは少ないでしょうが、京都の祇園では芸妓や舞妓が12/13
芸事の師匠宅やお茶屋を訪れ、あいさつする習わしが続いているとの事です。

12月は師走とも言いますが、ホントに月日の経つのを早く感じてしまいます(^^ゞ
これは私だけでしょうか(笑)




《マツウラ》

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新記事