スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

子供の近視

2019年11月19日

千里中央店

こんにちは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。


子供の近視が年々増加していっているのようですが、
この程慶応大学医学部の研究チームが
中学生の95%、小学生の75%が近視だったという結果を発表されたそうです。

「小学3年生くらいから急に視力が落ちてきた、、、」
中学1年生は「黒板の字が少しぼやけたりする事がある、、、」
「学校からの手紙も最近は近視の子が多いと書かれている、、、」など

そんな中、都内の小中学生約1400人を対象に調査したところ
今年8月に以上の様な結果がでたそうです。

都内の小中学生のほとんどが遠くが見えづらい近視である、
という事がわかりました。

なぜ今の子供達に近視が増えているのか、、、
皆さんだいたい想像はつくと思いますが、まさにその通り。


image

遺伝と生活スタイルといわれています。
今の子供達はスマートフォンを見たり、パソコンをしたり、
ゲームをしたりと近くのものを見る事がすごく多く、
そういった生活スタイルから発症率が高くなっている。


近くのものを見る時間が増えることで、目の発育段階で眼球が変形し、
近視の子供が増えている。



人間の目は本来、入ってきた光が網膜の上で焦点を合わせものを
はっきり見る事ができますが、近視になると網膜の手前で焦点が
合ってしまうため遠くのものが見えずらくなってしまいます。
image



近くを長時間見ていると水晶体は膨らんでおり、
ピント調節筋(毛様体筋)はずっと働いてくれています。

image


では近視の進行を遅らせるにはどうしたらよいのでしょうか?


やはり屋外活動を増やす、外で遊ぶ時間を増やす、です!!

遠くを見る時は毛様体筋は休んでいます。休んでばかりもだめですが、
働きっぱなしも良くないですね。やはりなんでもほどほどに、、、。。

屋外で活動すると自然と遠くを見るので近視の原因となる生活スタイルが見直されます。

目の体操も良いようです。あえて遠くを見たり近くを見たり、
目をぐるぐると廻してみたり。
右、左、上、下と目の筋肉を使って
目を酷使する生活環境から
なんとかそれを早いうちに楽にしてあげ゙ましょう。


文科省では現在、視力低下の原因を調査中で、その結果をもとに
来年度から啓発活動を進めていきたいとされています。


ちなみに私は時代もあり外でばかり遊んでいたので遠視でした。

《いまい》

本のお話

2019年11月18日

南千里店


出世と左遷
高杉良

中堅損保、栄和火災海上の相沢靖夫は秘書室次長で会長付の46歳。

会長の絵の個展を企画したが、思わぬ窮地に陥ってしまう

N証券社長に、絵を差し上げたところ

1千万円の商品券が贈られてくる。

ここから相沢は窮地に追い込まれ、会長に疎まれ左遷

左遷先の大阪では、上司の為ヤクザとの対決も

会長一人の思惑で、社員を将棋の駒のように動かす

驚きの世界が描かれてました。

《 フジイ 》

ラファエル前派の軌跡展

2019年11月17日

南千里店

10/5~12/15の期間、あべのハルカス美術館にて開催されている『ラファエル前派の軌跡展』を鑑賞しに行ってきました。



image
image
image

ラファエル前派とは、ラファエル前派同盟(RPB)と、前派第二世代を支えていたジョン・ラスキン、英国においてラファエロ以前の初期ルネサンスやフランドル美術を模範として、ありのままの自然美を正確に映し出そうとした芸術家グループの総称です。

細部まで描写された風景や何気ない街の素描、特に自然の雄大さや雄々しさにある唯美を表現した絵画こそ原点であるとしたラファエル前派を支持してきたラスキンは、崇敬していた風景絵画の巨匠ターナーを関連付けて考察しています。

まあ、といっても薀蓄を述べられるほど自分も詳しくは無く、ターナーやミレイ、ロセッティバーン=ジョーンズの作品が見られるので^^


あべのハルカス美術館はアクセスしやすいので便利です。


館内は章立てて構成されており1章はラスキンとターナーの作品を軸に彼らの交流を垣間見、2章はミレイ、ロセッティらラファエル前派の同盟の絵画を主軸に構成、3章はその周縁を、4章はラファエル前派第二世代のバーン=ジョーンズの作品を、5章は同世代のデザイナー、ウィリアム・モリスの作品が並べられ、ラファエル前派とその人物像が理解できる構成と成っておりました。


ウィリアム・ターナー 《カレの砂浜――引き潮時の餌採り》

image
ジョン・エヴァレット・ミレイ 《滝》

ミレイは有名な作品に《オフィーリア》があります。
オフィーリア見たかったなあ・・・

《オフィーリア》

image
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ《ムネーモシューネー(記憶の女神)》

image
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ 《シビュラ・パルミフェラ》

image
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ 《クリスマス・キャロル》

ロセッティの作品は撮影OKだったので。

image
バーン=ジョーンズ 《嘆きの歌》

image
物販スペース。
特定の画家の展覧会ではないのでまあ、人は少ないよね。

image
図録を購入。いい加減、本棚が図録だらけになってしまう。
地味に1冊の重量があるので棚が重みで反っています^^;

さて、2019年12月26日(木)~2020年2月16日(日)にあべのハルカス美術館にて開催される今年最後の展覧会の目玉である『カラヴァッジョ展』がとても楽しみです。

《タカダ》

手の組み方、腕の組み方からわかる脳の働き。

2019年11月16日

千里中央店

こんにちは。



あなたは手を組む時、また腕を組む時どのような組み方をしますか?

普段無意識に組むその組み方で、その人の脳が、インプット(理解するとき)、アウトプット(表現する時)の際に、それぞれ右脳と左脳どちらの脳を使うのか…

手の組み方でインプット脳が
腕の組み方でアウトプット脳が
わかるのだそうです。



手と腕、その組み合わせで4通りのタイプに分かれます。あと男女の違いでも特徴があるようで…

みなさんも試した上で下記の特徴をご覧なってみてください!!






右右の特徴】
○何事にもまっすぐにぶつかっていく行動力と、表裏のない性格が周囲から好感を持たれる。
○前向きで明るいムードメーカーで、自分をいかに格好良く見せるかが大切。
○洋服はもちろん、眼鏡などの小物にもこだわる。
○仕草や話し方も研究して、サラリと気障なこともやってのけることもある。

右右の特徴】
○猪突猛進で行動力があるかなりのチャレンジャーで、危ない橋を渡ることも多い。
○見た目は個性的で、新しい言葉を造ったり鼻歌を歌ったりする。
○感情が顔に出るので、何を考えているか周りにすぐばれる。

の特徴】
○直感力に優れ、自分に確固たる信条があるため、周囲に流されることはない。
○その反面、融通が利かずに損をすることも多い。
○冷静に見えるが実は義理人情に厚く、心を許した相手の面倒見は良い。

の特徴】
○いつもニコニコ笑顔で、相槌上手。
○直感力に長けていて、他人の気持ちを瞬時に察知するのが得意。
○自分を犠牲にしても、相手に誠意を尽くして面倒を見ようとする愛情深い面もある。
○ただし、頼み事を断れない弱さがあり、相手に合わせ過ぎて苦労することもある。

の特徴】
○論理的に物事を考え、情緒豊かに表現する。
○仕切り上手で、会議や話合いでは最初は聞き役で、最後はまとめ役。
○話に起承転結があり、オチも欠かさない。
○コミュニケーション能力の高い自信家。
○他人との程よい距離感を大切にするので、「心を開かない」と思われることもあるが敵は少ない。

の特徴】
○冷静かつ理性的な視点で物事を把握して、場の空気を読む能力に優れている。
○話題豊富で、如才なく世間を渡り、盛り上げ上手。
○頼られるのが好きで、他人の愚痴や弱音の聞き役にもなる。
○ただし、頑張り過ぎるところもある。

左左の特徴】
○何事も論理的に計画を立てて行動する。
○真面目で誠実、情報収集や分析が得意。
○以外と男っぽい熱い思いを持っているが、相手に伝わらないことも多い。
○「できない自分」が大嫌いで、すぐに意地を張る。
○縄張り意識が強く、図々しい人が苦手。

左左の特徴】
○徹底的に真面目な完璧主義者。
○上品で清潔感があり、男性に媚びることはない。
○用件を端的に伝えることが上手だが、愛想笑いや相槌は少ない。
○他人に触れられるのが苦手で冷たい印象を与えることもあるが、周囲からは信頼される。


みなさん、いかがでしたでしょうか?
ちなみに僕は「左右脳男」でした。以外と当たってる気がする…怖っ(笑)


実は視力検査でお客様の利き目を確認した際、右利き・左利き(利き手)の話になり、お客様からこの話を教えていただきました。

これは面白いな…

また他のお客様にもお話しできるな…

そんな事を思いながら、まずはこうしてブログにてご紹介させていただきました(笑)


いやー、それにしても、やっぱりお客様との時間はいろんな気づきや発見があって面白い。




《ウエノ》

こだわりのお店

2019年11月15日

南千里店


初秋の頃、いつものパターンで能勢の山里へドライブ


弊社は10月から”完全週休2日制”になったので、今まで行けなかった

(営業日が土・日・祝日など)お店に行くことが出来るようになりました!!

おかげで、里山の小さいけれどこだわったお店に行くことが可能なんです。






「薪パン日々」・・・(以前は木曜日もお休みでした)

ご覧のように田圃の真ん前にお店があります!!

ただ、「野間の大ケヤキ」が望める場所なので、ドライブ・ツーリング

サイクリングなど、里山の景色を楽しまれる人々が大勢立ち寄られます。

2017年にオープン以来、ご来店のお客様が増えていっているようです。



最初の頃にお伺いした話だと

地元を離れていらっしゃったけれども、生まれ育った土地で

なにかお店をと思われてUターンなさったそうです。

姉妹お二人でご相談なさり、それぞれのご主人さまもご協力なさり、

2家族・4人で始められたそうです!!





石窯をお作りになられて美味しいパンを焼き始め、

地元の野菜や果物でお惣菜やお弁当、飲み物も加工して販売してます。

大量生産ではないので量が限られており、

営業時間は11:00~16:00で売り切れ次第終了となっているようです。



石窯で焼いたパン・・・美味しいです!!



窯で焼くためか表面はこんがりパリパリで、中はもっちり、

噛めば噛むほど、口の中でパンの甘さが広がります!!

つい余分にいつもの量より一つ多めに食べてしまいます。



近くをドライブした時にオープンしておれば買い求めます。

お店の前の空き地でもテーブルと椅子がおいてあり、頂けますが、

「野間の大ケヤキ」の下にあるベンチまで行って

大木の生命力パワーを感じながら頂くと更に美味しいですよ!!

大ケヤキも初夏の深い緑の葉ではなく、少し色づいてきましたね。





こんなこだわりのお店があちこちにあります。

お店を見つける喜びもありますが、

自分の好みの味を見つけた時の喜びは、最高です!!

今日はあの道を通るから、あそこのお店で軽く食事を・・・なんてね。



里山のドライブ、時間の許す限り続けたいなぁ~~



          《タケナカ》

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事