スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

世界初のiPS角膜移植成功!

2019年09月01日

南千里店

とうとう、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製したシート状の角膜組織を、目の病気の重症患者に日本の研究チームが世界で初めて移植に成功しました!
今回、iPS角膜組織細胞移植を受けた重篤眼疾患患者の方は、角膜上皮幹細胞疲弊症と呼ばれる角膜の一番前にある組織が角膜内に侵入して混濁、または消失し角膜混濁や眼球癒着が生じ、視力障害や失明に至る重篤な病気です。



今まではドナーによる角膜移植が一般的でした。それも免疫拒絶反応が起こりえる可能性が高かったのですが、今回のiPS細胞は他人に移植しても拒絶反応が起きにくい特殊なiPS細胞を使って角膜上皮のもとになる細胞を作りシート状に培養したものが使われています。



経過は順調で拒絶反応も起こっておらず既に退院しているとのこと。
現在は眼鏡装着して文字が読めるほどに視力が回復しているそうです。

再生医療の進歩は目覚しく、5年前に山中伸弥教授がヒト由来にiPS細胞を使って「加齢黄斑変性症」に対しての臨床応用研究を行って安全性が評価されました。

その後も身体の各部位にiPS細胞の移植研究が行われ、眼を始め、脳、心臓、筋肉組織や神経線維、そして血小板までもiPS細胞によって作り出されています。

今後は応用を経て安全性や有効継続性などの確認が済めば、そう遠くない内に多くの難病に苦しんでいる方々を救えるiPS細胞が一般的に活躍する時代がやってくることでしょう。

まったく以って素晴らしいニュースです。

《タカダ》
 

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新記事