スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

大阪モノレールの新型車両、初乗車!

2019年07月31日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

昨年の秋にデビューした 大阪モノレールの新型車両。

たまに走っているのを見かけていましたが、やっと乗車する事が出来ました。



昨年のブログ

中に乗り込むと感じる新車のニオイ。

そして動き出すと…
もの凄~く低振動です。



旧型車はガッタンゴットンとお世辞にも
乗り心地が良いとは言えませんでしたが
コチラはかなりイイ感じでした。

まだまだ運行本数は少ないみたいで
乗ることが出来ればラッキーですね。


《なかお》


『ハマチャン釣り日記』

2019年07月30日

千里中央店

旬のタコ釣りへ行ってきました。

今回は絶好調の明石ではなく師匠の大好きな大ちゃん丸で淡路島でのタコ釣りです。

大ちゃん丸はハマチ釣りで良く行く船です。今年はハマチも例年になく好調らしいのでこれからが楽しみです。



人数制限をしているので、オマツリが少なく釣りやすい船です。


タコ釣り名人の師匠と二人でしたが、クジ引きで一番ビリを師匠が引いたので背中合わせで釣りをする事に(笑)




釣り初めはいいポイントは潮が速すぎるらしく、浅場で時間つぶしです。


釣れれば型は良いそうですが、アタリがありません。


天気は波も風もなく最高なんですがね~ 



同船の釣り人もヒマそうです。(笑)



風力発電も風が無いので全く動いてません。



釣り初めから3時間位してようやく潮が緩みだして本命ポイントに行きますが、まだよく流れていて底が取りにくいです。


四時間位で初めてアタリでようやくボーズを免れました(笑)


その後もタマ~に釣れるぐらいで、明石の船とは全然違いました。






帰航して大ちゃん丸の良いのは、タコの内臓を処理してくれるところです。



慣れた手つきで釣り人のタコの内臓を処理していきます。



これで手を墨まみれにする事は無くなるので助かります。(笑)



今回の淡路ではあまり釣れませんでしたが


今年は好調な明石方面の船では皆さん良く釣れていて、その中でも断トツの船が
もう釣りのレベルではなく本当に漁師ですね~(阪本丸さんのブログよりお借りしました)


その中でもスゴイお方がおられます。



329杯釣られたみたいです。


うらやまし~(笑) 

                               【ハマチャン】

映画のお話

2019年07月29日

南千里店


『 天気の子 』

雨の中、『 天気の子 』を見に行きました。

映画の中も雨のシーンばかりです、そんな雨の中、離島から逃げ出した帆高

は陽奈という不思議な能力を持つ少女に出会う。

彼女が願うと雨が止み晴れ間がのぞく

やがてその力を使い過ぎると彼女は死んでしまう

帆高は懸命に彼女を助けようと、

映像も音楽も良かったです。

映画が午後二時に終わり外へ出ると、外は雨が止み明るくなっていました。

気持ちのいい作品でした。

《 フジイ 》

わけあって絶滅しました。展開催しました!

2019年07月28日

南千里店

先日のブログでも告知をしておりました『わけあって絶滅しました。』展が、27日(土)の開催されました。

当日は時折激しさを増すあいにくの雨模様で、館内にいらっしゃるお客様は少なかったものの、今回のイベントを楽しみにしている子どもたちが沢山いました!








館内各所に設置された、本の内容を抜粋した『わけあって絶滅した生き物たち』の詳細が記載されたパネルの内容が面白い!



スタンプラリーも同時開催。
サンバイザーとスタンプラリーミニブックを持って館内に設置されたスタンプ台を探す・・・!



こんな感じで館内1階と2階に4箇所スタンプ台が設置されておりました。

トナリエ南千里では、楽しんで学べる、お子さんが面白いと思えるイベントを今後も沢山開催します!


ステラカイギュウのステラーちゃん
なんやろ・・・ちょっとシュールな雰囲気を醸し出していてちょっと笑っちゃった・・・^^;



《タカダ》

メガネケース論。

2019年07月27日

千里中央店

こんにちは。



さて、今日はメガネを外した時に保管しておくメガネケースについて。

メガネケースの役割は持ち運びする際にメガネが変形しないように、傷つかないように保護すること。


最近メガネの調整をしていて、あらためて思ったことがあります。

それは「ここで買ったメガネではないんですけど…メガネの調整・修理ってしていただけますか?」
そう言ってお客様がカバンから取り出されるメガネケース。
そのメガネケースの多くが変形してたり、傷んでいるということ。(もちろんそうでない人も)

メガネケースの状態を見ると、そのお客様の普段のメガネの扱い方がなんとなくわかるような気がします。

また、そこから出てくる歪んだメガネを見ると少し悲しい気持ちになったりもします。



例えばの話。

メガネを人に置き換えるたとしたら、ケースは家、もしくは布団(ベッド)…メガネの休息の場所だと思うんです。

その家が散らかってたり、ゴミで溢れかえっていたり、布団が万年床でシーツが皺くちゃでカビ臭かったりしたらどうでしょう?

「環境が人をつくる」と言いますが、そこに暮らす人は少なからずその悪影響を受けてしまいますよね。

メガネも同じなんじゃないか…って。


メガネケースを自分の好きな物、お気に入りの物、高価でなくてもキレイな物にするだけで、まずケースそのものを丁寧に扱うようになる。

その結果、メガネも大切にしてもらえるんじゃないか…そんな気がするんです。


たかがケース、されどケースです。


前置きが長くなりましたが…(笑)
この度、新しく入荷したメガネケースです。





上質でなんだか楽しくなるメガネケースです。いろんな色・柄があり、見ているだけでなんだか楽しい。アレにしよう、やっぱりコレにしよう、いやいやコイツも捨て難い…(笑)なんて感じでお選びいただけたら嬉しいです。



《ウエノ》

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事