スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

めがねの国家試験

2021年10月21日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリのブログをご覧いただきありがとうございます。

今週はメガネ業界では国内最大規模の展示会が東京で行われ
2年振りに行ってきました。

image

緊急事態宣言も解除され、感染者も減ったので久しぶりの飛行機です。



ちなみに飛行機マニアの私は機種まで考慮しての予約です。
ボーイング社787-8という機体ばかりに乗っています。
余談ですが…


国内最大規模といってもコロナの影響で昨年よりかなり来場者も減り
ひっそりと行われている様子。

image

会場内には出展者ばかりでお客様が少ない。

そんな中でひときわ話題になっているのが8月に厚生労働省から発表された
眼鏡作製技能検定の国家検定化です。

image

今までは認定眼鏡士という資格があり、公益社団法人が認定していましたが
来年からは国家検定試験です。

今まで資格を持っていなかったメガネ屋さんが大慌てして受験に備える事になります。

当メガネのセンリではほとんどのスタッフが資格を持っていますので
そんなに慌てていませんが某大手メガネチェーン店などは大混乱しているとか?

そんな話題の展示会でした。

《なかお》



めがね供養

2021年10月14日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

10月10日は目の愛護デーです。
これは、10.10を横にすると、人の顔の目と眉に見えるからだそうです。
また、10月にはもう1つ、目の記念日があります。それは10月01日の“眼鏡の日”です。
こちらは、1を眼鏡のつる、0をレンズとみなすと眼鏡の形に見えるからだそうです。
これらを合わせて、10月1日~10月10日は“目と眼鏡の旬間”とも呼ばれています。

弊社が加入する大阪眼鏡専門小売協同組合ではこれらにちなんで10月10日に
住吉大社にて“めがね供養”を行っています。

店内にポスターを掲げていて知名度も上がってきたので、今年はかなりの数が集まりました。

自分自身が愛用したものだったり、故人のものだったり…
一年間、店頭で預かったメガネ、ちゃんとお祓いしていただきました。

image

住吉大社です。大阪の方にはお馴染みですよね。

image

太鼓橋が有名で朝の連続テレビ小説〝マッサン〟の舞台にもなりました。

image

神殿中央の下に供養されるメガネが置いてあります。

image

大阪の眼鏡関係者で玉串奉奠しました。

image

外には〝めがね之碑〟というものが立っていてそちらもお参りしました。

また、今日から一年かけて〝めがね供養〟を承っております。
参拝は来年になりますが店内にてお預かりしておりますので
興味のある方はスタッフまでお尋ねください。


《なかお》



旬な人のめがね

2021年10月07日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

さて、来週10月10日は「目の愛護デー」
これにちなんで毎年、大阪では住吉大社にて
《めがね供養》
が行われます。

当店からも参加いたしますのでご依頼品があれば
9日(土曜日)までに店頭へお持ちください。
持参してお参りさせていただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今週はノーベル物理学賞の受賞に選ばれた真鍋淑郎さんの話題で持ち切りでしたね。
御年90歳でありながらハッキリとした受け答えの会見でした。
研究の成果もすごいですがこのお歳でこの元気さは大したものです。



真鍋さんの会見を見ていてメガネ屋らしくメガネに着目しました。
フレームはメーカー不明ですがレンズはバイフォーカルレンズをお使いの様子。
欧米ではまだまだ使われていますが日本ではかなり少なくなったレンズです。



バイフォーカルレンズとは、境目のある遠近両用レンズのことで
下部に手元の見やすい度数の“まど”が付いています。
他人からも境目が見えてわかり格好悪い反面、メリハリのある見え方なので
今でも愛用者はおられますが、かなり減ってきました。

そんなレンズですが 当店で取り扱っています!




もうひとり、時の人が第100代内閣総理大臣となられた岸田文雄さん。
彼の愛用するメガネフレームはデンマークのリンドバーグというメーカーです。

スピリットという縁無しシリーズでとっても軽い!
レンズ上部にカラーを入れられています。

そんなフレームですが 当店で取り扱っています!


偉業達成もまずは快適な見え方から。
メガネのセンリでは様々なフレーム・レンズを取り扱っていますので
心置きなくご相談くださいませ。


《なかお》

骨髄バンクに登録してきました。

2021年09月30日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

定例の献血に行ったときに
今更ながらではありますが骨髄バンクに登録してきました。

その存在は以前から知っていましたが、入院して全身麻酔をするのに躊躇してました。
昨年・今年と全身麻酔を経験して慣れましたので今回、決意した次第です。


骨髄バンクは、白血病をはじめとする血液疾患のため「骨髄移植」などが必要な患者さん
それを提供するドナーをつなぐ公的事業です。



ドナーが見つかる確率は他人の場合数百~数万分の1。

移植を希望するすべての患者さんがチャンスを得るためには、
一人でも多くの方のドナー登録が必要です。

ドナー登録するのには、2mlの採血が必要なので献血のついでなら簡単です。

・骨髄・末梢血幹細胞の提供の内容を十分に理解している方
・年齢が18歳以上、54歳以下で健康状態が良好な方
・体重が男性45kg以上/女性40kg以上の方

骨髄バンク公式HP



骨髄移植をするのに血液型は、患者とドナーの適合にはあまり関係ないようです。
DNAの相性が問題で、患者さんは手術前に抗がん剤で自分の造血幹細胞を無くして
ドナーの骨髄からできる造血幹細胞に置き換えるようです。
血液型はドナーの血液型と同じになりDNAも完全に同じになります。

つまり、A型の人が私の骨髄を移植されたら、B型になり、
体内に流れ血液は私と100%同じになります。
100%同じDNAの血液が流れている人は、一卵性双生児か、
骨髄移植か、の2パターンしかありません。すごい事ですよね~

私の中での合言葉、「もしも立場が逆だったら?」
自分が白血病で先がわからないなか、ドナーが現れたらどれだけ希望になるでしょうか。

そうなるように型が合う方が早く見つかってほしいもんです。


《なかお》


2つのキャタラクトレンズ

2021年09月23日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

今日の題名、キャタラクトレンズ。
聞き慣れない名前ですよね~
私がメガネ業界に就職した20数年前は偶に取り扱うレンズでしたが
最近ではお目にかかれない珍しいレンズです。



かなり強度の凸レンズは厚みを抑えるために有効な度数の径を
ギリギリまで小さくする事で薄く作るレンズです。
そのせいで周辺部の視野は完全に切り捨てられます。

その形はよく目玉焼きに例えられますが境目のハッキリしたレンチキュラーレンズと
境目をなだらかにさせたシームレスレンズがあります。
今回はお客様が同じ度数で二種類のキャタラクトレンズを注文するという
ブログに紹介しやすいご注文をいただきました。

image

こちらはHOYA製のレンチキュラーレンズ

image

輪郭がハッキリしていて外見的にも「これは!」と驚かれるかも知れませんが
・見え方が良い
・安価
という特徴があります。

image

こちらはNIKON製シームレスレンズ

image

・高屈折率で薄い
・周辺部にかけてなだらかで外見的に目立ちにくい
という特徴ですが
・高価
・周辺部は見えにくい
と、一長一短があります。

image

もちろん、使い慣れているお客様はTPOに合わせて掛けかえてお使いになります。

さて、どうしてこんなレンズは最近見なくなったのでしょう?

実はこんな強度度数が必要な方は白内障などで水晶体を摘出されたお客様がほとんどでした。
最近は安全で精度の高い手術で眼の中に眼内レンズを入れますのでメガネで合わせる方が
少ないのです。

当店ではこのような特殊レンズも対応出来ますのでどうぞご相談ください。

それにしても二種類ダブルでご注文頂いたのは人生で初でした!


《なかお》


カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新記事