スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

目の疲れはココロの疲れ。

2020年09月28日

南千里店

最近、目の周りの筋肉、特に下瞼がピクピク痙攣することが多く、痛みはないのですがなんだかしっくりこないので、そのような症状は何が原因なのか調べてみたところ、まあ想像していたとおり眼精疲労からくる、まぶたの『眼輪筋』という筋肉の異常な興奮が生じて起こるとのこと。



特に睡眠時間が足りていない時や、PCの液晶画面やスマホを長時間見て目を酷使して体の異常や休息の必要性を訴えるサインの一つなのです。

解決方法としまして、目の周りのマッサージが有効です。軽く握りこぶしを作って、机等に両肘をついてごぶしで目を覆うようにして軽く押さえながらゆっくりと動かしながらマッサージがいいです。また目の周りをスチームタオルで温めて筋肉をリラックスさせるのは気持ちよくて効果的です。

このマッサージを定期的に行うと目の下のクマも改善されて元気な表情に見えますので、鏡を見た時なんだか疲れた顔をしているなあと思ったら是非実践してみて下さい。

心身ともにリラックスできますよ。

自分もしばらく続けてみようと思います^^

《タカダ》

本のお話

2020年09月27日

南千里店


野の春 流転の海 第九部
宮本輝

流転の海 、全 九巻の最終巻。

三十七年かけての大作でした。

作者は、『 ひとりひとりの無名の人間のなかの壮大な生老病死劇 』

と答えられています。

『 なんと穏やかな顔だろう、微笑んでいるようだ。

私と伸仁を見て安心したのだ、いやそのせいではない。誓いを果たして

死んだからだ 』

『 なにがどうなろうと、たいしたことはありゃあせん 』

熊吾がよく口にした言葉。

長い物語りの最後、涙が落ちてました。

素晴らしい感動作品でした。

《 フジイ 》

能勢の里 NO1

2020年09月25日

南千里店

こんにちは!!

朝晩めっきり涼しくなりましたねぇ~~

もう少しで本格的な”秋”です。色々と楽しみが待ってます!!





シルバー・ウィークの真っ只中に、今週は休みが取れました。

これは何処かへ出掛けなくっちゃとドライブに出発!!


目的地があって出掛けるのではなく、行きあたりばったりのドライブです。

西方面の高速に乗ろうと中国道「中国池田」インターへ・・・

しかし、豊中あたりから中国道はびっしりの”渋滞中”

宝塚までは渋滞が続いているようです。

これではいくら高速でも時間がかかり過ぎそうです。



さすが4連休中です。

急遽予定変更で遠方は諦めて近場へ行こうとしますが、

一般道も混雑しておりスムースに走れません。

更に予定変更を車中にて検討(笑)・・・

これが”気ままドライブ”の最大の良い点です。






結局、何処へ向かったかと云うと、「里山・能勢」です(大笑)

里山なら混雑していないだろうと協議一決です。

(いつもと同じ毎度の安易な変更地です・・・笑)

しかし、池田市街までは結構混雑していましたよ。




秋の高い青空で、緑の山々に囲まれて混雑もなくなり

快適なドライブになりました。空気が美味しい!!





冷房を切って、窓全開で走ります。

”稲穂”も黄金色に輝いて、見事な田園風景です。




最初に訪れたのは「野間の大ケヤキ」







北摂方面をドライブ・ツーリングされる方の定番の休憩所です。





トイレはあるし、美味しいコーヒーも楽しめるし・・・





ご覧のようにベンチもベンチパラソルも完備され

皆さま思い思いに寛いでいらっしゃいます!!

中には”写生”をなさっていらっしゃるご夫婦連れも。





ベンチに腰掛け冷たい飲み物を頂きながらボーッとしてると

涼しい風がサヤサヤと、いくらでも楽しんで居られます!!

大きなけやきの精霊に抱かれているようで心地よいですよぉ~~



更にけやきの前の田んぼでは、稲の刈り入れの準備か・・・

最近では珍しくなった、ご覧のような”菅笠(すげがさ)”を

身に着けた農家の方が作業をなさっていらっしゃいます。





けやきの下で”小さな秋”見つけました!!




以前にもご紹介いたしましたが、こちらの大ケヤキは

国の天然記念物に指定されており

高さ27.37㍍、 幹周りは13.01㍍

最大枝幅39.3㍍、 高さ36.2㍍の巨樹です。





樹齢は1000年とも言われ、けやきとしては西日本最大です。


以前は無かったのですが、こんな物が造られていました。

上に登って遊んでいらっしゃる子供さんから

大きさを連想して下さいませ!!






こちらの大ケヤキには”アオバズク”という種類の「フクロウ」が

毎年巣作りをし、子育てをすることでも有名で、

その時期になると大勢のアマチュア・カメラマンが来場されます。

三脚を立てて、望遠付きのでっかいカメラをセットして

親鳥が子供に餌を与える瞬間などを待ち構えてシャッターを・・・


私も肉眼では見かけてことがありますが、

なにせ高い木の上なので表情まではハッキリとは分かりませんでした。



 

巣作りが始まると新聞に紹介されるくらいなんですよ!!

隣の資料館ではこんなビデオが映し出されていました。



初秋の青空の一日・・・里山の深緑に囲まれた一日・・・



この後、もう少し色んな場所を訪れたので

里山大好きな皆さまに次週ご紹介したいと存じます。

ご興味のある方・・・一週間お待ち下さいね!!



           《タケナカ》

本のお話

2020年09月21日

南千里店


草雲雀
葉室麟

栗屋清吾は、武士の家に生まれたものの

嫡男ではないため、兄の世話となる『 部屋住み 』の立場である。

藩の役職に就くには、他家の娘と結婚して婿養子となり

生家を出てゆくしか方法はない。

だが彼は 『 みつ 』という女中と、相思相愛の仲になり

彼女と一生添い遂げたいと決心した

清吾は、婿養子となる道を自ら閉ざした。

そんな時、道場仲間の山倉伊八郎から自分の用心棒になるよう頼まれる。

伊八郎は言う 、『 人は一人では生きていかれない。人が何事かを

なすのは、大きな器量によってではなく、己も人を裏切らぬ

誠によってだと 』

《 フジイ 》

封じ手チャリティーオークション

2020年09月20日

南千里店

今からちょうど一ヶ月前、将棋のタイトル戦である王位戦の第4局目が行われ、藤井聡太棋聖(当時)が木村王位(当時)から王位を奪取して二冠になりました。

その王位戦で会見時に木村王位の提案で、第2局からの封じ手を九州豪雨被災地へ将棋を通じて何らかの形で救援を行えればとの思いからチャリティーオークションの提案をされました。



木村九段はその会見で「将棋というものが(誰かの)助けになるようなことはなかなか少ないので、何らかの形で何か出来ないかと考え、思いついたものです」と語っていた。

本当に木村さんお人柄も素晴らしいですが将棋を通じて社会貢献を考えるのはとても立派なことだと思います。
ただ今回の場合、挑戦者が時の人である藤井さんということもあってのことだと思います。

その"封じ手"とはなんぞや?と思われる方も多いと思います。
封じ手とは、1局を2日かけて戦うタイトル戦において、1日目の終了時点での手番の者が封じ手用紙と言われる現盤面を写した紙に赤ペンで次の一手を書き記すことです。


王位戦第4局の封じ手用紙と封筒。

何故このようなことをするのか。それは封じ手をせず指しかけにすると、手番の側は次の手を一晩中考えることができ、不公平が生じる。だから、互いに相手の手番という状況で中断するためのルールなんですね。

将棋においては、名人戦が持ち時間各9時間、竜王・王位・王将戦が各8時間の2日制となっております。

さて、その件の王位戦の封じ手ですが、ヤフオクで現在オークションが開催されており価格がとんでもない事になっております^^;

藤井さんが初封じ手を行った第2局目とタイトルを奪取した第4局目の封じ手が現在それぞれ500万円を超える価格がついております!



とんでもない金額ですよこれ。

今までは将棋のイベントなどで対局される時にお遊びのような封じ手を行ってそれを会場でオークションされる事はあってせいぜい5~10万円ぐらいで手に入れることが出来たのですが、やはり藤井さんが絡むと桁違いになってしまうのですね・・・。

この注目のオークションは本日21時頃に終了します。
終了間際は多分もっととんでもない金額に跳ね上がっていることと思われます。

もちろん参加はとても無理ですが、最後まで見届けようと思います^^

(レプリカでもいいから手に入れられないかなあ・・・欲しいなあ)


《タカダ》

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新記事