スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

映画のお話

2021年10月25日

南千里店


DUNE デューン
砂の惑星


アトレイデス家の後継者である

若きポールは、砂漠に覆われたアラキス、通称【 砂の惑星 】デューンを

治める事となった父、レト・アトレイデス公爵とともに彼の地に降り立った。

デューンの統治は、皇帝からの勅命だったがこれは罠だった。

権力争いと巨大な陰謀によって父を殺され

ポール自身も全宇宙から、命を狙われる存在に。

宇宙の未来は、このたった一人の青年に託された

運命の女性に出会い、覚醒し成長してゆく。

素晴らしい映像に、目が離せません。

次回作が有りそうなラストだったので、室内の明かりがつくまで

予告を期待してました。

《 フジイ 》

竜王戦第二局

2021年10月24日

南千里店

秋の気配はどこへやら・・・
冷たい木枯らしの吹く関西では、熱い戦いが繰り広げられました。

将棋竜王戦第2局が10月22、23日に京都府京都市の「仁和寺」にて行われました。


本局の対局場である仁和寺は、「にわじ」ではなく「にんなじ」と読みます。仁和寺は仁和4年(888)に創建された寺院であり、現在は世界文化遺産に登録されています。
現在竜王戦を3期連続で開催されていて、特に対局場である宸殿は、対局者の背後に美しい襖絵が観られ、和服の両対局者がとても映えますね。



さて、本局の第2局は先手番の豊島竜王の研究なのか29手目までの自身の消費時間は12分。
ただ、7五歩と突いた手に藤井三冠の32手目7四歩と歩先を合わせられた所でピタッと止まってしまいました。
そのまま1時間の昼食休憩に入ったのですが、再開しても手は進まず、なんと昼食休憩前と合わせて1時間51分の大長考で端歩を突きました。

この辺りから徐々に藤井三冠がリードしていきます。


2日目に入っても差は縮まらず。逆に2日目の昼食後に指した豊島竜王の53手目2四歩が形勢を更に広げる。

そこからは藤井三冠のやや一方的な展開と感じました。


結局70手という後手番ながら非常に単手数で竜王を相手に圧勝した藤井三冠。

本戦を2連勝とし、竜王奪取に向けて大きな白星となりました。

初対戦より6連敗だった対豊島戦もこの長期に渡る同一戦で10勝9敗と初めて白星が先行し、完全に苦手意識が払拭された藤井三冠に、豊島竜王が果たして一矢報いることが出来るのか、次戦に注目したいとおもいます!

《タカダ》

歩トランクショー in 南千里店

2021年10月18日

南千里店

10月3日より千里中央店から始まりました『歩~AYUMI~トランクショー』が、17日より南千里店に場所を移して開催されました!



歩の生みの親であります『マコト眼鏡』様のご好意により、今年もトランクショーを開催できる運びとなりました!
マコト眼鏡様、いつもありがとうございます。



眼鏡の聖地、福井より届いたセルロイドフレームは、通常のプラスチックフレームと違い、素材の持つ深みのある色合いや艶が楽しめます。



どのモデルも福井の眼鏡職人の匠の技が惜しみなく注ぎ込まれた、日本のものづくりの良さを再認識させてくれる珠玉の逸品です。


南千里店での『歩~AYUMI~トランクショー』の開催期間は

10月17日(日)~31日(日)まで。

コロナ禍で大変ではございますが、店内感染症予防対策を十分に行っておりますので、是非、歩の魅力を店頭にてご堪能いただければ!^^

《タカダ》

本のお話

2021年10月17日

南千里店


一路
浅田次郎

生まれてからこのかたいっぺんも、江戸を離れたことがなかった小野寺一路。

故郷の屋敷が焼け、父が非業の死を遂げたと聞いて、初めて中山道を旅した

そんな一路に、家督を相続し参勤道中御供頭を勤めよとのお達し。

御供頭とは、旅程、行く先々の宿の手配、道中で何かことがあった時の対処

全てに責任を負わなくてはならない。

父親は何一つ息子に伝授していなかった

唯一の救いは、古文書 『 御供頭心得 』である。

この参勤交代之御行列は行軍也と、末尾には『 御供頭心得 』一所懸命。

一所とは、自分の領分。その領分を、一人一人が力を尽くして耕す。

そうした総合力が全体の力となる。

この頃忘れられつつある、それが日本人の美徳だったのでわないか、

『 耕す 』のは農地ばかりではない。

例えば武士にとっては、家督をつつがなく継ぐこと、家を守ることが人生だった。

だから、『 一路 』で描きたかったのは、『 一所懸命 』であった。

《 フジイ 》

映画のお話

2021年10月11日

南千里店


総理の夫

鳥類学者、相馬日和は出張の朝妻凛子に『 ねえ日和君、もしも私が

総理大臣になったら、何かあなたに不都合はある 』

聞き返しても、はぐらかされ野鳥観察の出張に出た日和

ろくに電波の届かない孤島で10日間過ごしているうちに、

なんと史上初の内閣総理大臣に選出された凛子。

時を同じく、突然 《 総理の夫 》となってしまった日和

微力ながら、彼女の夢を全力で応援しようと決意する日和

しかし、予想だにしなかった激動のの日々に巻き込まれてゆく。

久しぶりの映画、いつもの事ですが心地の良いお尻の痛みでしたが

夫婦で、『 良かったね 』が出ました。

《 フジイ 》

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新記事