スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

奈良県 橿原市・今井町

2020年01月17日

南千里店


こんにちは!!

寒い日が続いておりますが、お風邪引いてませんでしょうか?

「うがい・手洗い」頑張って履行して下さいね。



お陰様で私は風邪も引かず、相変わらずブラブラ出歩いています。

今回は「奈良県・今井町」探訪のお話をさせて頂きますね。





「奈良県・今井町」

日本の「歴史的建造物群」に指定されている街並みは

TVや映画の撮影にもよく使われており、

古い街並みや建物に興味のある私としては、以前から気になっていた街です。

最近ではお洒落なカフェやお店がオープンされて

ますます”魅力ある街”として広く知られるようになってきたようです。





この「歴史的建造物群」・・・

要するに平たく言えば、昔(江戸時代)からの建造物が

保存されてそのまま現在でも残されている町並みです。


私、江戸情緒が感じられるこの建物群が大好きで、

機会があるごとにいろんな地方を楽しんでます。




『伝統的建造物群保存地区』は・・・関西では、


富田林の「寺内町」、丹波篠山「城下町」・「河原町妻入商家群」

京都「産寧坂(三年坂)」・南丹市美山町「山村集落(茅葺屋根)」

京都府伊根町「舟屋」・京都市祇園「茶屋町」

丹波篠山「福住の町並み」・和歌山県湯浅町「海沿いの醸造町」

滋賀県「近江八幡(八幡堀)」・兵庫県豊岡市「出石城下町」


遠くは飛騨高山「高山市上三之町などの町並み」

宿場町では岐阜県「馬込・妻籠」・中山道「奈良井宿」

三重県亀山市 東海道47番「関宿」


私が訪れ、覚えているだけをザッと書き並べてもこれだけあります。

皆様もこの中でいくつかは訪れられたことがお有りだと思います!!





その中の一つが・・・「奈良県・今井町」です。

「今井町」は訪れた中で、”町の規模・広さ”が一番でした。



十六世紀中頃に一向宗の寺内町として発足し、

江戸時代は大いに栄えた町です。

町年寄の合議制で運営され、堺と並ぶ”自治都市”だったようです。

周辺を濠と土居で囲み、九つの門を開いた環濠集落の形態だったようです。


旧環濠内には、東西約600㍍、南北約310㍍、面積17.4haの規模で

今なお約650戸の江戸時以降の伝統的な様式を

持つ町家が古い町割りと相まって残存しており

これだけの規模の整った地区は全国的にも例を見ないそうです!!






現在も地域の皆さまが、伝統を守りつつ生活をしていらっしゃるのに

複雑に入り組んだ通り、白壁土蔵づくりの江戸時代の民家の

軒先を歩いていると時が止まり、今この時が令和なのか

昭和なのか、はたまた江戸時代へタイムスリップしたのか??

時代を錯覚しそうな雰囲気が漂ってまいります!!



通りには現在も営われているお店が・・・

米屋さん・醤油醸造のお店などなどが軒を並べています!!





私が育った時代「昭和時代」の面影も満載です。

路地裏での缶蹴り・鬼ごっこ・縄跳び・・・

子供達の歓声が、あちこちの路地裏から聞こえてきそうです。


現実に、ある路地では子供達が「キャッチボール」していて、

ものすごく懐かしくて、思わずシャッターを切りました。





コレコレ、私達の育った時代は家の中でゲームをするのではなく、

表で活発に走り・動き回る遊びが主流だったなぁ~~~なんてネ!!


マンホールの蓋もご覧のような柄模様でした。(いいなぁ~)





奈良県・今井町

町並みを堪能させていただきました。

・・・と同時に、懐かしい時代へ連れ戻して下さいました!!




「伝統的建造物群保存地区」・・・これだから楽しいのです!!

止められませんわぁ~~ 

また機会があれば知らない町並みへ是非に行きたいです。



          《タケナカ》


本のお話

2020年01月13日

南千里店

本のお話





天使がいた三十日 新堂冬樹

作曲家の日吉友哉は、クリスマスイブに子供を身籠っていた最愛の妻を

事故で亡くしてしまう。

日吉は仕事も辞め引きこもり生活に入ってしまう

やがて金が尽き、無農薬食品の配送会社で働くように

配送先で、犬のマリーに出会う。

マリーとの不思議な生活、

マリーとの出会いが、彼に一歩を踏み出す力となりました

感動のラストでした。

《 フジイ 》

謎の出生減少とは

2020年01月12日

南千里店

明日、1月13日は成人の日。



今年全国で122万人が新成人となることで、成人として明日を迎える皆様、おめでとうございます^^
でも、成人式ではあまりむちゃはしないでくださいね。
みんなで楽しく成人式を迎えてください!

今年の新成人は全国で122万人。統計的に見ると122万人は日本の総人口の1%を割り込むとのことで、これは10年連続1%以下とのこと。

幻の第三次ベビーブームが起こるであろう1994年前後を境に、緩やかながらも新成人人口の減少が起こっているということは総じて出生数が減少していることに他なりません。



総務省統計局での統計データのグラフを見ていたところ、少し気になる凹みを見つけました。
昭和62年時の新成人人口が極端に低いのです。ということは昭和41年の出生数が低いということになります。
何故?
ということで、なんとなくはわかっていたのですが詳しくは知らなかったので調べることに・・・。

昭和41年は60ある十干十二支の43番目、丙午(ひのえうま)に当たる年です。
ご年配の方でしたらご存じの方が大半であろうと思いますが、丙午の年には火災が多いと考えられていました。(丙も午も火の性)
これは天和3年3月28日に起きた天和の大火事の原因とされる八百屋お七の放火事件に端を発するもので丙午生まれのお七に準えて、丙午の女性は気性が荒いと言われたり、その気性の激しさから夫となった男性の運気を下げると言われたりなどの迷信が江戸時代からありました。

勿論、根も葉もない噂・迷信の類ではあったのですが、昭和になってもこの迷信は根強く残っていたようで、特に地方や農村部を中心に出生数が大幅に減少したのが原因のようです。
自体を重く見た地方の自治体や村がその後、丙午の迷信追放運動を展開し根拠がな事を広報することに取り組んだようです。

今や丙午の迷信など知らない人世代が多いので今後は問題ないとは思います。

しかし、300年以上も昔の迷信が信じられていたのは驚きです。
情報過多の現代と違って、当時は人伝口伝でしたので江戸から全国へ迷信として広まった頃には相当尾ヒレがついた内容だったのでしょうね。

《タカダ》

初詣

2020年01月10日

南千里店



私のブログのアップ当番日が遅かったので、

新年のご挨拶が本日となってしまいましたが・・・

新年、明けましておめでとうございます!!

本年も昨年以上に精進いたしますので、どうか宜しくお願い致します。
   




私的には今年もアチラコチラを訪れまして、皆様に「小さな旅情報」を

お届け出来たらなぁ~・・・と、願ってはおりますが、


これは健康でないと出来ませんので、取り敢えず ”神頼み”(笑)



初詣に参りました!!

皆様は毎年参拝なさる神社・仏閣は決まってらっしゃいますか?

いつもと違う所で参拝すると、なんか落ち着かないというか、

ご利益が薄いような気がするとか・・・違和感を感じますよねぇ~~





私は45年以上同じ神社にお参りしております!!

昔、妻の実家の近くにあった「杭全(くまた)神社」へ参ります。

車を新しくした時も、わざわざそちらでご祈祷をお願いしました。

「破魔矢」を授かります!!




持ち帰り、いつもの場所にいつものようにお祀りします。

これは定番です!!

そうしないと嫌なことが起こりそうで・・・(笑)

神経質過ぎますかねぇ~~~、でも、そんなもんでしょ!!



もう一箇所参ります!!  西宮にある「門戸厄神」です。




関西人の厄払いは此処ですよねぇ~・・・

《 南無厄神明王 》 と、唱えながら参拝します。

お線香とローソクを灯し、煙を体中に浴びます!! (笑)

体は心配な所だらけ・・・頭から足先まで全身でなけりゃあ (笑)

此処では「家内安全」の御札を授かります。




これも破魔矢とは別の定番の場所へ・・・



参考までに今年”厄年”に当たる方です。

ご自身、またはご家族・ご縁者にいらっしゃらないか

こちらの表でチェックしてください!!





厄年の皆様、何事も起こらず無事に一年が送れますように祈念します。


今年もいつもの神社に初詣が出来、落ち着いて一年が送れます。




余談ですが・・・

皆様は手を合わせて参拝なさる時にどうしていらっしゃいますか?

と、言うのは

昔、知人に参拝するときは自分の住所・氏名をちゃんと言わないと

何処の誰がお賽銭を上げてお参りしてくれたのか

神様が分からないから、願い事を叶えようが無いので困るだろう・・・と。




それ以降、私はちゃんと言ってますよ (笑)

その友人は、生年月日と血液型まで言ってるんだって・・・

そこまでは、”ちょっと” って思いますけど (大笑)




          《タケナカ》

映画のお話

2020年01月06日

南千里店


男はつらいよ お帰り 寅さん

明けましておめでとうございます。

今年も、映画と本のお話でいこうと思います。

さて、シリーズ50作目の寅さん

出演の寅さんを筆頭に多勢の方が亡くなり寂しい限りですが

寅さんの甥っ子満男は、妻の七回忌で集まった人たちと昔話で盛り上がる

数日後、彼の前に初恋の女性イズミが現れて

昔の映像が、現れて寅さんが蘇る。

満男には、困った時に寅さんが蘇ることで頼りない男が人間として

成長してゆく。

主題歌はやはり寅さんの歌が良かったです。

大晦日恒例の写経をして、家族の健康と自身の成長を祈願して写経を書きました

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

《 フジイ 》

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新記事