スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

憧れの・・・

2022年11月30日

千里中央店

皆さんこんにちは!

先日、ネットニュースを見ていると、「バドワイザー」というビールのノンアルコール
「バドワイザー ゼロ」発売という広告がありました。

「 バドワイザー ・・・」その名前を聞いて、遠い昔、密かに憧れていたのを思い出して
しまいました(笑)

「バドワイザー」は、ご存知の方も多いと思いますが、アメリカのミズーリ州セントルイスに
本社を持ち、1876年に生産が始められ、「KING OF BEERS」をキャッチコピーとしている
ビールです(^^)



まだアルコールが飲めない未成年の頃、よく読んでいたオシャレな恋愛マンガの中で(笑)

煙草の「ラッキーストライク」「バドワイザー」が出てきて憧れたものです(笑)

その後、すくすくと大人になりましたが(笑)残念ながら私はアルコールを受け付けない
体質で(^^;

「バドワイザー」は遠い存在になっておりましたが・・・

これならいけるんじゃないの!?っと言う事で買ってみました!



「バドワイザー ゼロ」です(^^)

「バドワイザー」は赤色を基調にしているイメージがありますが、こちらは
シルバーですね。

早速、おつまみと共に(笑)飲んでみました(^^)



あまり注ぎなれてないもので、ヘタクソですいません(^^;

さて、お味の方は・・・うん、ビールですね(笑)

ビール好きな方からすれば「これはちょっと・・・」と思われるかもしれませんが
普段飲まない私からすれば十分ビールの味です。

それにしても大人になって味覚が変わったのでしょうか?

元々アルコールを受け付けないと言う事もありますが、ホップの苦味も美味しいと
今までは思った事がありませんでした。

しかし今回「バドワイザー ゼロ」を飲んでみますと、ホップの苦味も普通に
美味しく感じました(^^)

これなら、ちょっと多めについつい買ってしまったのですが(笑)
美味しく飲めそうです(^^)

しばらくは、仕事を終えて、ゆっくりとお風呂につかって、これも憧れの
「風呂あがりの一杯」をやってみたいと思います(笑)

《マツウラ》









談山神社

2022年11月29日

千里中央店

こんにちは。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

紅葉を見に奈良県桜井市多武峯にある談山神社(だんざんじんじゃ)に行って参りました。


大化の改新発祥地であり、ご本殿は藤原鎌足公をお祀りしている神社になります。

聖徳太子が亡くなってから、豪族(ごうぞく)の蘇我入鹿(そがのいるか)が力を持ち、天皇さえもしのごうとしていました。

天皇を父母に持つ中大兄皇子(後の天智天皇)は中臣鎌足(後の藤原鎌足)とともに蘇我氏を倒す計画を企てます。それを持ちかけたのは鎌足だといわれています。

皇子と鎌足の出会いは当神社での蹴鞠(けまり)といわれていて、皇子が蹴鞠に夢中になり、鞠を蹴った皇子の靴が勢い余ってぬげてしまいました。その靴を拾って差し出したのが鎌足でした。2人は初めてそこで言葉を交わします。自分より低い身分の鎌足の向かって丁寧にお礼を言う皇子。その態度を見て鎌足はこの人こそ次の天皇に相応しい人物だと考えるようにまりました。

境内にある「けまりの庭」は、皇子と鎌足公が出会ったと言われる場所になります。


(現在でも年に2回こちらでけまり祭りが行われています。)

西暦645年5月、皇子と鎌足がこちらの神社の裏山で極秘の談合を行いました。

image


そしてついに事件が、、。645年6月に中大兄皇子自ら剣を振るい、蘇我入鹿を倒しました。
その後全ての土地と人々を天皇が治める新しい政治の仕組みを目指すようになります。
そしてこの年初めて「大化」という年号を決めました。
大化の改新です。

「談山」という名前の由来は、中大兄皇子と鎌足公が、蘇我氏を倒す計画を、多武峰で行っていたから。


2人が語らっていた場所だったことから、多武峰は「談らい(かたらい)山」と呼ばれていました。それを記念して、「談山神社」と名付けられました。


大鳥居をくぐるとまず夫婦杉があります。

image

image

根の部分は大木ですが上にいくと幹が2つに分かれています。

階段を上がって行くと、本殿の手前に厄割り石というのがありました。


厄割改新玉に厄を移してそれを割るというものです。

私もしっかり厄を落としてきました。


そして本殿へ。

藤原鎌足をお祀りする本殿は社殿全体はけんらん豪華な様式で、日光東照宮造営の際にお手本となったことでも有名だそうです。

真ん中の少し盛り上がった石段は天皇家のみがお詣りされるときに座られる場所だそうです。
一般の方は入ることは許されません。

(左が本殿で右に屋根だけ写っているのが拝殿です。)

こちらの拝殿からの紅葉が絶景です。



拝殿を抜けると十三重塔の塔が。



藤原鎌足公長子・定慧和尚が、父の供養のために創建した塔婆で、現存のものは享禄五年 (一五三二)の再建ですが、木造十三重塔としては現存世界唯一の貴重な建造物になります。


こちらも紅葉とのコラボがとても綺麗です。


お昼は奈良県特産の三輪そうめん定食。天ぷら、バナナケーキ付です!!
image


他にも見所がいっぱいの談山神社。

関西の日光と呼ばれているそうで、桜の季節も夏の新緑も最高だそうですので、また是非訪れたいと思います。

image



《いまい》

自由に楽しむ、自由を楽しむ。

2022年11月26日

千里中央店

こんにちは。



みなさん今月15日サントリーより発売された『ビアボール』というお酒をご存知でしょうか?最近よくTVコマーシャルもしていて、スーパーでも目立つ場所に陳列されています。

「炭酸でつくる自由なビール」のキャッチコピーで、グラスに氷を満たし炭酸水その他をお好みで注ぎ濃縮されたビールを割って楽しむというもの。

サントリーさん「おすすめ」の1:3で割るとアルコール度数として4%程、「濃いめ」の1:1だと8%程…その日の気分に合わせて自由に楽しめるのも良いところ。



ハイボールやチューハイのような感覚でビールテイストを味わうのですが、3日間飲んでみた個人的な感想としてはアリです。…っていうか好き(笑)。




外へ飲みに行くと「とりあえずビール」をオーダーしますし(笑)、喉越し含めてビールが最高なのは間違いないですが…

家での晩ごはん350ml一缶をゆっくり時間を掛けて飲む時は、ビールの場合はどうしても泡も消えて少しぬるくなってしまいます。それが嫌で僕はガッツリ氷を入れてハイボールやチューハイを飲むことが多いです。

その点この『ビアボール』はビール特有の麦芽の甘みやホップの香りも感じられるし、炭酸の爽快感と氷による冷たさの持続でハイボールやチューハイ感覚で楽しめるので良き◎です。



レモンを絞っても美味しくいただけるとのことで、今度試してみようかと思ってます…自分好みで楽しめる自由さっていいッスよね^_^。



それから。

先週の休日、紅葉とサウナを楽しみに訪れた万博記念公園。



雲ひとつない秋空に両手を広げる太陽の塔のその姿に力強さを感じパワーをいただいた気がしました!



自由だーーーーっ!!



メガネももっと自由でいいと思ってます。

もっとデザインやカラーを自由に楽しんで欲しい。

もちろんTPO(その時、その場、その状況)に相応しいデザインであることは大切なことですけど、過去の経験やネガティブな固定観念は一旦脇に置いといて、自身の直感や感性を大切にしてフレームを選んでみて欲しい。

メガネって本当に面白くて、いつもの見慣れた自分を瞬間的に違った自分にしてくれます…見た目も気持ちも。


アンバレンタインpop



《ウエノ》

オプチルフレーム。

2022年11月25日

千里中央店

こんにちは。

本日はオプチル素材のご紹介です。

オプチルの元の素材はドイツで1930年ごろに
発明された熱硬化性樹脂です。それをメガネの
フレーム素材として応用・開発されたものが
『エポキシ樹脂』と呼ばれるものです。


オプチルは比重が約1.1とたいへん軽く、
温めるとグニャグニャになり、冷えるてくると
もとの形に戻るという形状記憶の性質を持っています。


商売人として新しいフレームを販売するのは
嬉しいですが、以前お買い上げ頂いたフレームを
長期愛用していただくのも、なお嬉しいです。


いつもメガネのセンリのブログを
ご覧いただきありがとうございます。

 《ヤマモト》


紅葉狩り〜よもやま話〜

2022年11月23日

千里中央店

皆さんこんにちは!

雨の日があったり、朝晩は冷え込みますが、日中はまだまだ暖かい日が続いてますね。

紅葉も見頃ですが、皆さんは「紅葉狩り」に行かれましたか?

私はまだ行っておりません(^^;

近々、どこかに行こうかとは思っておりますが。

ところで、この「紅葉狩り」と言う言葉はいつ頃からあり、由来は何なのでしょうか?

「紅葉」を観賞する事は、奈良時代頃から行われており、現存する中では最古とされている
奈良時代の和歌集の「万葉集」にも見られ、当時は「黄葉」と書いて「もみち」と読むのが
一般的だったとされています。

色づいた木の葉を眺めて楽しむという行為自体は、古くから存在していたようです。

平安時代頃では「紅葉」を美しいと感じるほかに無常、はかなさを感じていたという
話もあります。

「狩り」と言う言葉はどこからきているのでしょうか?

それは平安時代の頃の話になります。

平安時代の頃の貴族は、歩くのは品がないと見なしていました(^^;

そのため牛車で出かけることが多かったのですが、牛車で山の中を進むのは困難です。

そこで、山へ「紅葉」を鑑賞しに行くときは歩いていましたが、品がないとされる
歩くという行為ではなく、狩りに見立てて「紅葉狩り」と呼んだとの事です。



さて、ここから急に「サッカーW杯」の話に変わります(笑)

今日23日のPM10:00、「日本代表」の初戦、「ドイツ代表」戦がキックオフされます(^^)

なかなか難しい戦いになるかもしれませんが(^^;勝負は分かりません!

皆さんと一丸になって応援しましょう(^^)



《マツウラ》



カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

アーカイブ