スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

早めの花粉症対策を〜ご報告。

2021年01月23日

千里中央店

こんにちは。



みなさま週末いかがお過ごしでしょうか。
生憎のお天気ではありますがしばらくは暖かい日が続きそうです。

僕はこの時期に暖かい日があると、過ごしやすさを感じてありがたいなと思うと同時に、憂鬱な日々の訪れが近付いていることに戦々恐々としてしまうのであります。


何故なら…それは花粉症だからです。



僕自身、毎年花粉症対策はキチンとしていて、花粉が飛散し始める2週間前の1月下旬から耳鼻科でもらう薬(クラリチンのジェネリック薬であるロラタジン)を服用し、症状が出始めたら点鼻薬を1日1回シュッシュし、目が痒い時は市販の点眼薬「アルガード クリアマイルド」を挿しています。

それでも症状が出る。
症状がひどくなくても薬の影響なのか、自分であって自分でないような2ヶ月程がホントに辛い…周囲から見るとそこまで辛そうに見えないから余計に辛いのです(T ^ T)

ただ昨年もそうでしたが、今年も花粉時期はコロナ禍でマスクをずっと着用しているので、少し症状も緩和されるのではないかと期待しております。



そんな訳で今日はみなさんに2021年の花粉情報をお届けします。

まず花粉飛散量の基礎知識として、押さえておきたいポイントが…

① 前年夏の日照時間に影響される。
② 特に6〜7月の気象状況や日照時間が、翌年の花粉の飛散量に強く影響する。
③ 前年の花粉量が少なかった地域は、その翌年多くなる傾向。


…それを踏まえて2021年今年の飛散量はどうなのか?

2020年の6月の日照時間は平年並かやや多く、7月は極めて少なく特に近畿地方と四国九州では少なかったそうです。

しかしヒノキの花粉数に最も影響する6月上旬の日照時間は、前年と比べかなり多くなっているとのこと。

これらの要因から2021年の花粉飛散量は、過去10年の平均飛散量と比較すると、東日本では多く、西日本では例年とほぼ同じかやや少なくなるとの予想。



花粉飛散量が少なかった昨年と比べると、東北南部から関東圏・東海は2〜4倍、その他の地域も1.2〜2.8倍になるという予想。

大阪は去年よりかは多いけど、例年並みといったところのようです。とりあえずホッと一安心ですε-(´∀`)

どの地域にお住まいの方も油断せず早めの対策を心がけましょう。




あっそうそう、メガネを掛けることが少なからず花粉症対策、更には飛沫によるウィルス対策にもなりますよ。いつでもご相談くださいませ。



最後に。

わたくしごとですが本日1月23日で48歳となりました。(余談ですが柔道の篠原信一さんと全く同じ日に生まれました…笑)



仕事では、お客様と過ごす時間が本当に楽しいな幸せだなと思える時間です。紆余曲折を経て、この年齢になって心からそう思えるようになりました。
これからもそんな時間を積み重ねて、お客様から信頼していただける存在となれるよう、また自分自身成長できるように、お店での日々を丁寧に過ごしていきたい。

一方プライベートでは、コロナ禍でのステイホームの時間、ギターを弾いたり、体幹トレーニングをしたり、録画していたドラマやDVDを観たり、読書をしたり、ボーッとしたり(笑)…家で過ごすリラックスした時間も大切にしたいです。

仕事・プライベートそれぞれのメリハリが相互作用で好影響をもたらしてくれると信じて。それでは…

行くぞっ!
1、2、3、ダァーッ!!
( ̄Д ̄)ノ



《ウエノ》

ライバル

2021年01月20日

千里中央店

皆さんこんにちは!

唐突ですが皆さんには「ライバル」という存在がいたりしますか?

明日1/21は「ライバルが手を結ぶ日」と言うんですね。

なぜ1/21が「ライバルが手を結ぶ日」なのか?

時は江戸時代末期、それまで仲の悪かった薩摩藩と長州藩が坂本龍馬
仲介により、「薩長同盟」を1866年(慶応2年)1/21に結んだ事が由来なんですね。

「薩長同盟」とは、今さら説明は不要だと思いますが

薩摩藩(現在の鹿児島県)と長州藩(現在の山口県)の間で結ばれた、政治的
軍事的な同盟で、明治維新を推し進める原動力となりました。


江戸時代末期、薩摩藩と長州藩は「雄藩」と呼ばれ大きな影響力を持っていました。

しかし、幕政改革を求める薩摩藩と反幕的な姿勢を強める長州藩は相容れない
関係でした。

1864年(元治元年)には、長州藩と会津藩が京都市中で市街戦を展開した
「禁門の変」も行われ、薩摩藩は会津藩側につき長州藩と戦火を交えています。

そんな敵対する両藩でしたが、土佐藩の坂本龍馬の働きかけもあり、両藩が日本の
将来のため、手を携え国難に立ち向かうべきだと、同盟の締結に動いたのです。

薩摩藩からは西郷隆盛



長州藩からは木戸孝允



そして土佐藩から坂本龍馬



この三人の偉人が関わり、新しい時代を迎える転換点となりました。

歴史好き特に幕末好きな方には、たまらない出来事の一つですね(^^)

差し詰め「メガネのセンリ」にとっては〇〇や△△(名前は伏せておきます笑)
と、言ったところが「ライバル」でしょうか。

手を取り合う日がくるのでしょうか(^_^;)

《マツウラ》

動物の視力のお話

2021年01月19日

千里中央店

こんにちは。
ブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は動物の視力のお話です。


まずは眼の構造を先にお伝えしておきます。



眼の構造は以上の様になっております。

そして、、、

動物の中で最も視力がいいのは何かご存知ですか?


それは鳥類です。


鳥類は一般的に嗅覚は弱く、聴覚と視覚が発達しています。ヒトと同様の黄斑部(動物の場合は中心野といいます)があり、その中央に人より深い中心窩を持っています。中心窩が深いということは高度な分解能を持っていると考えられています。しかも、網膜の視細胞はほとんどが錐体で色覚も豊かです。そのうえ鳥のほとんどは正視だそうです。うらやましい話ですね。

因みに鳥類は、桿体(光に対する感受性が強くおもに暗い所で働く)がないから「とり目」なんですね。

鳥類の中でも抜群の視力を持つのはタカだといわれています。


木の実や昆虫ではなく、動く小動物を食料とするタカは、800m離れたトンボを見つける力があり、ヒトの8倍以上の視力があると推定できるそうです。

タカの中心窩は各眼に2つずつあり、耳側の中心窩で前方を両眼視し、鼻側の中心窩では側方を見ており、常に三方向が明視できています。
この視力がはるか上空から獲物を間違いなく仕留めることに貢献しているのですね。

動物のそれぞれの視野の範囲です。⬇︎


黄斑部(中心野)の構造は動物により様々です。
ライオンやトラはヒトと同じ位置に同じ形の中心野がありますが、中心窩がありません。


ウサギやネズミ、ウマなどは乳頭耳側に帯状の中心野を持っています。横に広がる中心野は敵がどの方向から来ても気が付きやすい事に役立っていますが、彼らには中心窩がなく、ウサギは近視、ネズミは遠視、ウマは直乱視なので、ヒトより視力はやや劣ります。




カエルは乳頭上方にリング状の中心野を持っており、下方の視野の確保が便利な構造となっています。
これでちょうど前方が見える格好になっているのかもしれないということです。


中心窩を持つ動物は、ヒトやサルが属する霊長類の他は鳥類と爬虫類と硬骨魚しかなく、このうちヒトより優れているのは、鳥類と爬虫類だけだそうです。
ヒトの視力もあながち捨てたものではないみたいです。(*^-^*)


以上今回は動物の視力のお話でした。



《いまい》

願い。

2021年01月16日

千里中央店

こんにちは。



昨日門戸厄神東光寺へと初詣に行ってきました。(緊急事態宣言下で不要不急の外出自粛がもとめられている状況ではございますが…)

毎年お正月3日に家族で訪れるのですが、今年は混雑時期をずらして分散参拝という形で僕ひとりで訪れました。


いつもは屋台が並び人が溢れる道中も今年は静かなものです。あまりにもスムーズなのでこんなに距離が短かったかなと錯覚してしまうくらいで。

門戸厄神東光寺に到着。
早速、昨年1年間玄関に置いていた魔除けのお札を返納した後、新たに願いを書き込んだ護摩木を渡し代わりに新たなお札を頂戴します。今年の護摩木には『家内安全』『息災延命』と書き込みました。




そして賽銭を投げ込みお願いをしました。


『家族みんなが健康で幸せに暮らせますように。

家族に関わる全ての人が健康で幸せに暮らせますように。

1日も早くコロナウィルスが終息し、世界中の人全てに日常と笑顔が戻りますように。

入院中のオカンの病気が早く良くなりますように。

オトンがいつまでも元気に商売を続けることができますように。

入院中のお義母さんの腰の具合が早く良くなりますように。

妹の夢が叶いますように。

共に働くスタッフみんなの体調が早く良くなりますように。

2月にオープンする新しいお店が多くのお客様に愛されるお店になりますように。

なかなか会えていない友達とお酒を交わして大声で笑える日が早く来ますように。

昨日より今日、今日より明日、人として少しでも成長できますように。

ギターが上手くなりますように…(最後の2つは自分の頑張り次第やな…笑)』



…今年はたくさんお願いしたかったのと
願いを叶えて欲しい思いが強かったので
生まれて初めて硬貨以外を賽銭箱に投げ込んだことは、ここだけの話です(笑)。



ちなみに今年ガチャポンで引いたおみくじには。



小吉。「臥竜点睛を欠く」…ほとんど完成しているが最も重要なところが抜けている…と。今年は運気が良いはずなんだけどな…気をつけなきゃな。

*「臥竜点睛を欠く」…中国の梁の時代、張僧ヨウという絵師が竜の絵を描き、最後に瞳を入れたところ竜が天に昇ったという故事から、「画竜点睛」は大事な仕上げの意味。 その仕上げを欠いてしまう意味から。

気持ちを引き締めて2021年素直な気持ちで何事にも丁寧に取り組んでいきたいと思います。




《ウエノ》

熱帯魚の再セッティング

2021年01月14日

千里中央店

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

千里中央店は移転工事が遅れていまして、来月2月11日オープンに向け
目下準備中です。



千里中央店のショーウインドーでご好評いただいていたグッピー水槽。
お客様からも「無くさないで」と熱~い声を頂いています。
その水槽ですが移転に合わせてリニューアルする事としまして、お先に準備に入りました。

image

先ずは水を抜いて側面を綺麗にします。
そして減っていた底砂を追加。

image

中に入っていたグッピーとミナミヌマエビはしばらくバケツに避難しています。

image

そして水槽の底砂には店頭のボールアクアリウムと同様に水草の種を蒔きました。

来月のオープン時までには発芽するのでしょうか?
メガネだけでなく水槽にもご期待ください!!


《なかお》



カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新記事