スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

気持ちひとつで。

2021年09月04日

千里中央店

こんにちは。


早いもので9月も4日目となりました。
8月の決算セールでは、多くのお客様にメガネのセンリをご利用いただき、楽しい時間を頂戴したこと、この場をお借りして御礼を申し上げます。

さて。

先週年に一度のお墓参りへ行ってきました。
お盆が雨続きだったので、今年は少し遅い訪問となってしまいました。
ここに来て草むしりをして、墓石を綺麗にして、お供物をして、この1年のいろんな報告をして、またこの1年のお願いをしていると、あら不思議…帰る頃にはなんだか心が軽くなった気がします。

僕にとってお墓参りでの時間は、自分自身との対話の時間であり、心のリセットの意味合いが強いのかもしれません。




真夏の太陽の下、草抜きをしている時に、昔観たあるドラマのセリフがふと頭をよぎったんです。

「仕事が面白きゃ人生の半分以上の時間が楽しいんだぜ」

…今でもずっと頭の片隅に残っていて時々思い出します。

でも、このセリフを聞いた10数年程前の僕はすてきなセリフだなとは思いましたが、まだ若かったし「そりゃそうかも知らんけど…理想でしかないよな」って。

その頃の僕は、仕事の「面白さ・楽しさ」の本質、本当の意味をまだ良くわかってなかったんだと思います。


でも今はこう思えるんです。

仕事が面白いかどうかは、自分次第だと。
誰かが与えてくれるものでもなければ、面白い仕事があるわけでもない。

知識でも、技術でも、表現でも、人としてでも、何だって良い。
昨日より今日、今日より明日、何かひとつでも、たとえ1ミリでも自分の成長を感じられるよう、課題を持って、意識を高く持って毎日を過ごせているかどうか。 
サッカー少年のように少しでも上手くなりたい一心で、日が暮れるまで飽きずに夢中になってボールを追い続けてるかどうか。

その姿勢があるかないか。年齢は関係ないし、キャリアも関係ない。

いかに面白がれるか…自分の気持ちひとつ。
そのための必要条件は『どんな事でも真剣に取り組むこと』、それはお客様対応でも、掃除や雑用でも基本的には同じ。 

どんな仕事も真剣に取り組むから、課題も見えるし、ああしてみよう、こうしてみよう、という工夫や改善もある訳で。ただ時間をやり過ごしているだけでは面白いはずがないですもんね。


それからもうひとつ。

『受け身ではなく自発的に取り組むこと』
仮に与えられた仕事であっても、どう咀嚼してどう表現するかで自分らしく仕事を面白くすることはできるから。



こどもが何をしていても楽しそうに見えるのは、きっと何事にも自分らしく全力だから。


何事も真剣に向き合うから面白い。

草抜きだってそう(笑)。

だいたいの事が自分の気持ちひとつで面白くも、つまらなくもなりますよ…って話でした。

さあ、今日も頑張ろう!! 




ちなみに先程のドラマのセリフ、『リアルクローズ』という香里奈さんと西島秀俊さん出演のドラマでした。



《ウエノ》

フェラガモ

2021年09月03日

千里中央店

しかしよく雨が降りますね^^;
ほんま洗濯物乾かんわ"(-""-)"

てな感じでこんにちは。

Salvatore Ferragamo





Size:53▢15
Price:35,200(税込)
「スターの靴職人」と名声を集めたサルヴァトーレ・フェラガモ。
世界で最もよく知られているブランドのひとつ。



Size:53▢16
Price:36,300(税込)

今なお進化を続けるデザイン性が
アイウェアコレクションにも踏襲しています。

いつもメガネのセンリのブログを
ご覧いただきありがとうございます。

 〈ヤマモト〉

佐和山城

2021年09月02日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

佐和山城、ご存でしょうか?
歴史マニアでもないと中々知りませんよね。
私はず~っと行ってみたかった憧れの城です。

400年前なら知名度抜群の第一級の城でした。
休みの日に密にならない郊外へハイキングがてら行ってきました。

image

彦根駅から見た佐和山。
本当に駅前にあります。

image

駅から20分ほど歩いて石田三成邸宅跡や徳川家臣の井伊家ゆかりの神社
を横切り登り口へ。
井伊家は安政の大獄で有名な井伊直弼の家名です。

image

この一帯は石田三成居城のためマンホールまで石田三成推しです(笑)



「大一大万大吉(だいいちだいまんだいきち)」というのが石田三成の旗印です。
「一人が万人のため、万人が一人のために尽くす。 そうして天下は太平になる」という意味です。

image

石田三成公銅像の前から登っていきます。
標高200メートル、そんなに高くはありませんが
敵に攻め込まれないような急勾配です。

image

岩盤質な地形を削った“切通”という場所。
ここはかつて関所のようになっていて
城に出入りする人でごった返していたそうです。
こんな山の中腹で信じられませんね。

image

山頂にある本丸跡。目の前に彦根城を建てたのでこの城は徹底的に壊されたそうです。
石垣の跡もほとんど無く、言われなければわからない状況です。

image

ただ、城から見た景色はどこでも絶景です。
登った甲斐があります。
目の前に見える緑の中に彦根城が見下ろせます。

駅を出てから1時間ちょい。すれ違った人は3人!というど田舎です。
運動不足なので帰りの下りは足が笑いながら何とか下山。

お昼ごはんを済まして午後から国宝彦根城です。

来週へつづく‥

《ナカオ》

ぶらり散歩の話

2021年09月01日

千里中央店

皆さんこんにちは!

9月に入りましたが、まだまだ暑い日が続いております。

明日辺りから少し涼しくなるとの事ですが、皆さんは体調崩されてないでしょうか?

私の方は体調は、まずまずですがやや食欲が落ちたでしょうか(^^;

さてそんなある日、美味しい蕎麦屋さんが有るというのを教えて頂きました。

蕎麦の写真を見せてもらうと確かに美味しそう!

梅田は堂島の方に店舗が有るとの事で、久しぶりに散歩を兼ねて行ってきました(^^)



今回は川辺を歩かず・・・



途中、カッコいいスポーツカーが展示されてました(カーマンアパッチと言うらしいです)

そしてぶらぶらと散歩をし、着いたお店がこちら



手打蕎麦 守破離(しゅはり) 堂島店

いい雰囲気です(^^)

こちらは堂島店以外にも谷町四丁目店黒門店(日本橋)があります。

お昼時はお客さんも多いだろうと思い13:30頃に行きましたが、それでも店前には
何名か待っている方が!しかも女性の方ばかり!

おしゃれな蕎麦屋さんは、女性の方が多いのかな(?)等、考えながら待つ事7〜8分
店内に案内されました。

店内に入り見渡すと、やはり女性の方ばかり!

ちょっと緊張するなと思っていましたが案内された席の前には、サラリーマン風の
おじさまが(笑)

ホッと一息ついて席に着きました(笑)

さて今回頂きましたのはこちら



旬菜天盛りそばです(^^)

私は天ぷらは好きなのですが、ある具材を食べる事ができず、ほぼお店で天ぷらを
食べる事がないのですが、こちらでは旬菜の天ぷらだけのメニューがあり
少々値は張りましたが、こちらをいただきました。

蕎麦通の様にまずは蕎麦を何もつけずにそのままで・・・美味しい!

蕎麦のいい風味が鼻に抜け・・・と、書きましたが実は私は自他共に認めるほどの
鼻の効かなさ(^^;

微かにいい香りがありますがこれが蕎麦の風味でしょうか(笑)

しかし嘘っぽいかもしれませんが本当に美味しいです(^^)

次は蕎麦にワサビをつけていただき・・・美味しい!

そしてそして、つゆにつけていただき・・・美味しい!

旬菜の天ぷらもズッキーニや茗荷、ミニトマト等10種類程あり、どれもサクサクで
美味しかったです(^^)

そして程好いタイミングで蕎麦湯が運ばれ



美味しくいただきました(^^)

皆さんも機会があれば是非ご堪能ください!

さて、美味しく蕎麦をいただいた後ある場所へと・・・

実は堂島には私がウン十年前にアルバイトをしていた洋食屋がありました。

しかも守破離(しゅはり)さんの直ぐ近くに。

まだ営業しているのかを見に行ってみたのですが・・・

この話の続きはいずれかの日に(笑)

今回のブログはここまでです(^^)

《マツウラ》






方広寺鐘銘事件

2021年08月31日

千里中央店

こんにちは。
ブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は8月31日。
8月も最終日です。

およそ400年前の今日8月31日は
方広寺鐘銘事件という事件がありました。

1614年8月31日、豊臣秀頼が再建した京都・方広寺の鐘に徳川家を呪おうとする文字が書かれていると、徳川家康がある種の言いがかりをつけたのです。


問題となったのは、再建された方広寺の鐘に刻まれた文字の一部で、
国家安康
君臣豊楽
と書かれたそれぞれの部分が、「国家・安康・」は「家康」の文字を敢えて切り離して書かれており、呪いを掛けているようなものだというものと、「君臣豊楽」は江戸幕府が開かれた後でも、豊臣が君主として楽しんでいることを暗に意図してるとして、方広寺を再建した豊臣秀頼を攻め立てました。



歴史家によると
豊臣秀頼側に上記意図はなかったし、徳川家康の言い掛かりと見る向きが強く、また当時は徳川家康・徳川秀忠親子は、江戸幕府を開いた後も存在していた豊臣家を滅亡させるべく、口実を探していたとされ、豊臣秀頼はいわば墓穴を掘る格好となってしまいました。

史実として直後に、
徳川家康・秀頼軍 vs 豊臣秀頼軍の戦い
となった大阪の陣が始まることから、方広寺鐘銘事件は、大坂の陣のきっかけとなった事件と見なされています。

以上400年程前の8月31日の出来事でした。

明日から9月です。
まだまだ暑い日が続いていますが皆様暑さ、コロナに負けずお身体ご自愛くださいませ❤️

《いまい》

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新記事