スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

誕生石の話

2022年06月27日

南千里店

本日もメガネのセンリのブログをご覧いただきありがとうございます。

早いもので、6月も終わりに近づいてまいりました。
ということは今年も半分が過ぎようとしています、あっという間ですね…。

さて、一年の後半のスタートである7月の誕生石はルビー、四大宝石の一つです。


(ルビーとダイヤがあしらわれております。(MARI YAMAMOTO YM-808 K18))

寺尾聰さんのヒット曲「ルビーの指環」でもお馴染みですね。
「♪そうね 誕生石ならルビーなの」
という歌詞から、この歌の主人公の愛する女性が7月生まれということがわかります。
赤く情熱的なルビーの色が、主人公の愛を表しているようです。
石言葉は『情熱・純愛・勇気』。この歌にぴったりです。
逆にこの石言葉からこの歌が生まれたのではないかと思うほどです。

そして和名は紅玉(こうぎょく)。
食いしん坊の私はアップルパイなどに使う同名のりんごの品種を思い浮かべちゃいます^~^

さておき、ルビーは「コランダム」という鉱石の一種で、
ダイヤに次いで硬くモース硬度は9(ダイヤは10)です。
結晶に組み込まれる不純物イオンにより色が付き、
赤色のものをルビー、それ以外のものをサファイアと呼びます。
ルビーは特別な石なのです。

当然きれいな色のものが高価で、
中でもミャンマー産の最高級品は「ピジョン・ブラッド(鳩の血)」と呼ばれますが、
政情不安などもあるため大変希少なものです。
(きれいなものに付ける名前じゃないと思うのは私だけではないはず…)

魅力的な色のルビーは、7月生まれでなくとも憧れの宝石です。
「ルビーの指環」の主人公のように愛を伝えるプレゼントにぴったりだと思います。
ちなみに私が時々着けているルビーのピアスですが、残念ながら(?)自分で買ったものです…。

《マスイケ》

願いを込めて・・・

2022年06月26日

南千里店

7月7日は誰もが知っている七夕(たなばた)の日。


天の川の天頂付近・織女星(しょくじょせい)・【織姫】と牽牛星(けんぎゅうせい)【彦星】が年に一度出会う日。

では何故年に一度だけしか合うことができなくなったのでしょう?

様々な説はあるものの有力な説は・・・

織女(織姫)は毎日仕事に熱心で自分自身の身なりや遊ぶこともしないため男性とは縁がありませんでした。
天空で一番偉い神様であり織姫の親である天帝は、そんな勤勉な織姫を不憫に思い娘に似合いの青年を探します。

天の川の対岸で畑仕事に精を出す真面目な牽牛(彦星)です。

天帝は二人を引き合わせ、程なくしてお互いは仲睦まじい夫婦となりました。
結婚後、それまで仕事一筋だった織姫と彦星は次第に日々の楽しさにかまけて、お互い仕事をせずに遊んで暮らすようになります。

機織り機は使われずボロボロになり、畑は荒れ牛も病気になってしまいます。
この怠惰な二人に激怒した天帝はお互いを天の川の両岸に引き離し会えないようにしました。
天帝は、これで元の勤勉な娘に戻ると考えていましたが、お互い引き離されてしまった織姫と彦星は嘆き悲しみ、ますます仕事をしなくなります。
困った天帝は二人にある条件を出します。
「一年間真面目に働いたならば、7月7日の夜にお互いを合わせてやろう」
その言葉に織姫と彦星はお互いが会える7月7日を楽しみに心を入れ替えて前にも増してよく働くようになりました。

これが世に知られる七夕のお話です。

そして織姫と彦星の逢瀬を祝福しながら、笹に願いを込めた短冊などを飾り付けられたのは五節句が取り入れられた江戸時代の事となります。

今では7月7日はサマーバレンタインデーと称して七夕にあやかった販促イベントもありますよね^^;

トナリエ南千里では七夕まつりと銘打って、笹に思い思いの願いを込めた短冊を結んでいただきイベントを開催しております。七夕が終わりましたら近隣の伊射奈岐神社へ奉納させていただきます。


笹を設置してから沢山の来館者様が願いを込めた短冊を吊るしているのを見かけます。


「仕事が見つかりますように」
コロナ禍で大変な思いをされている方たちの切実な思いですよね。
早く元通りの日常に戻って欲しい限りです。


「元気な健康な赤ちゃんを産めますように」
日々お腹の赤ちゃんの成長が楽しみですね。
陰ながら応援、母子ともに健康でありますようにお祈りしております。


最後はとっても切実な願い?が込められていて、すいません、少し笑ってしまいました・・・^^;


願いといえば・・・

今日は上半期の総決算、灼熱のGIグランプリレース有馬記念の開催日です。
今年も競馬ファンの悲喜交交が阪神競馬場2200m、130秒の中に凝縮されます。


「あなたの、そして私の夢が走ります」

私の夢はタイトルホルダーです^^

全ての方の願いが叶いますように・・・

《タカダ》

続きを読む

僕の方こそありがとう〜最高のギフト。

2022年06月25日

千里中央店

こんにちは。



今日は6/19(日)に大阪ヤンマースタジアム長居で開催された『Mr.Children 30th Anniversary Tour 半世紀へのエントランス』ツアーファイナルについて綴らせてください。



僕自身これまでMr.Childrenのライブは活動休止前の1997年の『REGRESS OR PROGRESS』ツアー、2007年の『HOME』ツアーと今回で3回目、15年振りに参加することとなりました。


ライブ当日。この日は週間天気の雨予報を覆す晴れ模様。開場が15時、開演が17時。

14時30分過ぎに家を出て、大阪メトロ梅田駅から長居駅まで。車内を見渡すとアチコチにツアーTシャツを着た人が居て、心斎橋、難波、天王寺と一駅停車する毎に増えていきます。甲子園へ向かう阪神電車のような光景がそこに…もちろんこの胸に流れてるメロディは六甲おろしではなくイノセントワールドです…(笑)


僕も家からツアーTシャツを着て参加、準備は万全。

駅を出るとそれはもう凄い人。
後から聞いた話だとチケットソールドアウトで会場内のファン52,000人、会場周辺で音漏れを聴いていたファン10,000人…それだけの人が居たらこうなるよな。
駅周辺のスーパーや長居公園内の女子トイレは何処も長蛇の列です。

会場に入場してスタンドのゲートをくぐった瞬間に広がった光景に圧倒されました。そしてこれからこの場所で始まるライブへの期待感ワクワクドキドキが止まりません。




僕の席から見える景色、ステージまで距離はある。あらためて52,000人凄いな。



そして17時過ぎ、ついにライブの幕が開けました。巨大なスクリーンに、森や海の中、都市の風景、ハグする男女、回転扉や架空のタワーをモチーフにした映像が映し出され、OPENING SEが響き渡ります。そしてステージを覆っていたスクリーンがせり上がると同時に、桜井和寿さんのギターが鳴り響きます。


ジャンジャンジャンジャンジャンジャンジャンジャン♪

『終わりなき旅』だ。

会場のボルテージは一気にあがります。僕もいきなり興奮MAX状態に。

息を切らしてさ
駆け抜けた道を
振り返りはしないのさ
ただ未来だけを見据えながら
放つ願い♪




Mr.Childrenのメンバーがステージに姿を表し、巨大スクリーンにもその姿が写し出されます。

その歌声、その演奏、その姿に感動で自然と涙が溢れていました。

胸に抱え込んだ迷いが
プラスの力に変わるように
いつも 今日だって
僕らは動いてる
嫌なことばかりではないさ
さあ 次の扉をノックしよう
もっと大きなはずの自分を探す
終わりなき旅♪



歌い終えた桜井さんがファンに向かってこう語りかけます。

「どんなものにもきっと終わりはあるのだと、今はそう思っています。
でも、だからこそずっと、続いていくことを願って。
だからこそ、今ある情熱のすべてを、エネルギーのすべてを音に変えて、声に変えて。
今日2022年6月19日、ヤンマースタジアム長居、人生最高の音をみなさんにお届けしたいと思っています。どうぞ最後までよろしく。
僕らがMr.Childrenです」


力強いMCと最後のひとことにグッと来て、涙が止まりませんでした。そして同時にこれから始まる夢のような時間をしっかり目と記憶に焼き付けようと強く意識しました。




左の人右の人
ふとした場所できっと繋がってるから
片っ方を裁けないよな
僕らは連鎖する生きものだよ
この世界にひそむ怒りや悲しみに
あと何度出会うだろう
それを許せるかな♪【タガタメ】





降り注ぐ日差しがあって
だからこそ日陰もあって
その全てが意味を持って
互いをたたえているのなら
もうどんな場所に居ても
光を感じれるよ

今君に贈るよ
気にいるかな 受け取ってよ
君とたがら 探せたよ
僕の方こそありがとう

一番綺麗な色ってなんだろう
一番光ってるものって何だろう
僕は抱きしめる 君がくれたギフトを
いつまでも胸の奥で光ってるんだよ
光続けんだよ♪【GIFT】




アンコールを待つ会場内、誰からともなくスマホの懐中電灯をつけ始め広がっていく幻想的な景色。

追いかけろ 問いかけろ
いっそ裸足のままで
血をたぎらせながら
ここから
またひとつ 強くなる
無くしたものの分まで
思い切り笑える
その日が来るまで
生きろ 生きろ♪ 【生きろ】




1.終わりなき旅
2.名もなき詩
3.海にて心は裸になりたがる
4.シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌
5.innocent world
6.彩り
7.口笛
8.車の中でかくれてキスをしよう
9.Sign
10.タガタメ
11.Documentary film
12.DANCING SHOES
13.LOVEはじめました
14.フェイク
15.ニシヘヒガシヘ
16.worlds end
17.永遠
18.others
19.Tomorrow never knows
20.光りの射す方へ
21.fanfare
22.エソラ
23.GIFT
【アンコール】
24.HANABI
25.生きろ


全25曲、Mr.Childrenの全身全霊のパフォーマンス、最高のセットリスト、52,000人が放つ会場全体のエネルギー、屋外という開放感、そしてメンバーの見せる楽しそうな笑顔、本当に本当に最高のライブでした。


『終わりなき旅』『タガタメ』『GIFT』『生きろ』は聴いていて涙をこらえることが出来ませんでしたT^T
…歳を取ったせいで涙腺が弱くなったのかな。
いや、そうじゃないな。きっと30年間僕の中のMr.Childrenの音楽と共にあった様々な感情が記憶の深い場所から呼び起こされたんだろうな。

メンバー紹介の際にギターの田原健一さんがこんな風に言ってました。

「今日もたくさんの曲を演奏しました。みなさんがとてもとても愛してくれた曲、すごく応援してくれた曲、大切にしてくれた曲たちです。それを演奏しているとみなさんの思いが海洋の光のようにキラキラしていて、本当に美しかったです。どうもありがとう」

会場に居た52,000人のファンひとりひとりの感情が動いて揺さぶられて…それが大きな渦となって会場全体を包んでいたんだと思います。



この30周年記念ライブで『半世紀へのエントランス』をくぐって、40周年、50周年を目指して、新たなスタートを切ったMr.Children。

そのMr.Childrenの音楽と共に過ごしていける喜びを感じながら、僕もこれからの10年20年どんな場所に居ても何をしていても自分らしく輝けるよう頑張っていかなければ。

僕にとってこれから生きて行く上での力を与えてくれた…そんなライブでした。ずっとファンでいて良かった。決して大袈裟ではなく一生の思い出。本当に最高のギフトをいただきました。



ありがとう。


*Mr.Childrenが写っているステージ画像は6/12(日)日産スタジアム公演のものをReal Soundさんよりお借りしました。ありがとうございます。



《ウエノ》

二刀流メガネ

2022年06月24日

千里中央店


選挙の街宣車から「ごせんえんありがとうございます~」
って聞こえるんですが、
「おれ、5千円なんかあげてへんで~」
なんて冗談です。すみません。
ご声援です!


てな感じでこんにちは。
メガネ屋なんで久しぶりにレンズのご紹介です。
昨日のブログと少し重複するところも
ありますがご了承ください。

この季節、おススメの二刀流メガネレンズがあります。

その名も、調光レンズ
屋内ではほぼ無色のレンズ、外に出て紫外線に
反応し色付きサングラスに早変わり。
また屋内に戻るとメガネの状態に。
詳細は昨日のブログの後半をご覧ください。

で 私もその二刀流メガネに挑戦しました!
before


after (Grey)


今回私が使用したレンズは
カールツァイス社製の調光レンズです。
店頭にもレンズサンプルございますので
是非お試し下さい。


やっぱりコーディネートはこーでねーと!っと。
はいすみません。

いつもメガネのセンリのブログを
ご覧いただきありがとうございます。

 《ヤマモト》

サンセベリアの花

2022年06月23日

メガネのセンリ

空気清浄効果があると言われる観葉植物、サンセベリア。
葉に水分を蓄えることが出来るため、乾燥に強く育てやすい植物です。
本社で育てているサンセベリアが花を付けたので今日の記事にしてみました。



サンセベリアに花が咲くということをご存じの方は少ないのではないでしょうか?
私は今回、初めて知りました。


ブログを書くまでに満開にならなかったので画像をお借りしました。

サンセベリアの花は、葉と葉の間から花茎を長く伸ばし花を咲かせます。

サンセベリアの花言葉は、永久・不滅だそうです。
滅多に花を付けないのでこれを見れただけでラッキーですね。

--------------------------------------------------------------------------------------------


さて、前にもご紹介しましたが現在千里中央店、南千里店の両店の店頭にて
『調光レンズキャンペーン』 を開催しております。

日差しの強くなる夏に向けて、屋内ではメガネ、屋外ではサングラス…
紫外線に反応して色の変わるレンズです。日中屋外に出て紫外線に反応して
60秒程で色づき、屋内に戻ると5分程で色が抜けます。



NIKON、HOYA、ZEISS各メーカーの調光レンズを30%OFFの価格にてご提供させていただきます。
一粒で二度美味しい…調光レンズをこの機会にぜひお試しくださいませ。

以前と違い、現在はかなりカラー数も増えましたのでフレームに合わせてコーディネート出来ます。
店頭にサンプルがありますので実際の変化する様子をご覧ください。



コーディネートはこーでねーと!
と一言、お願いします。




《なかお》


カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新記事

アーカイブ