スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

メガネフェス2021

2021年04月15日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

コロナも再拡大し、第四派が現実味を帯びてきました。
しかし、昨年のような大規模なロックダウンはせず、個人の自粛で乗り切る感じですね。

年に一度のメガネの祭典、メガネの聖地・福井県鯖江市で行われるメガネフェス。
昨年は中止になってしまいましたが今年の開催が決定しました!

メガネフェス公式HP



めがねの一大産地、福井県鯖江市で開催される「めがねフェス」は、全国各地から
1万五千人以上のめがね好きが集まるイベントです。
めがね供養にはじまり、めがねグッズやめがねグルメ、めがねステージなどめがねづくしの
会場では、めがねの作り手と触れ合うPOP UP GALLERYや、さまざまなワークショップ
体験ブースなど、産地ならではの企画がたくさんあります。
「めがねよ、ありがとう。」を合言葉に、作り手と使い手が一緒になって楽しむ時間を
共有することで、新たな発見や刺激がうまれ、産地の活性化へとつながっています。
その活動が評価され、2018年にはグッドデザイン賞を受賞しました。




また、鯖江市とメガネの業界では一早くSDGsにかかわり国連大使を鯖江にお招きして
持続可能な社会目標を目指してまいりました。
メガネ会館ではSDGs専用コーナーを常設で展示しているそうでこちらも一度は訪れたいですね。

本来なら6月に開催していたイベントを暑い7月に持ってきたことでコロナ対策も
されているようです。
GoToキャンペーンも再開されましたら是非、福井県鯖江市に行ってみてはいかがでしょうか。

《なかお》



オレンジデー

2021年04月14日

千里中央店

皆さんこんにちは!

今日、4/14は何の日かご存知ですか?

2/14は「バレンタインデー」3/14は「ホワイトデー」ですが
4/14は「オレンジデー」と言うんですね。

2/14の「バレンタインデー」に愛の告白をし、3/14の「ホワイトデー」
その愛に応えた2人が、続く4/14にさらに愛を深め合うという意味が
込められているとの事です。

なぜ「オレンジ」という名前がついているかというと、「オレンジ」の花言葉が
「花嫁の喜び」であることから由来しています。

また、「オレンジ」はひとつの木が花と実を同時につけることから、ヨーロッパでは
愛と豊穣のシンボルとなっていることも理由のひとつなんですね。

「バレンタインデー」にはチョコレートを贈りますが「オレンジデー」
どうなのでしょうか。

オレンジそのものや、オレンジ色のものを贈りあうとされてます(^^)

また、贈り物を選びあって楽しんだり、一緒にオレンジにちなんだ飲み物や
スイーツを味わったりするのも良いかもしれませんね。

私も今日はオレンジ色の物でも身に付けて(いつも付けていますが笑)
過ごしたいと思います(^^)



《マツウラ》



ピント

2021年04月13日

千里中央店

こんにちは。
ブログをご覧いただきありがとうございます。

先月、人気作家・池井戸潤さん原作、狂言師の野村萬斎さん主演で2019年に公開された映画「七つの会議」が、地上波初放送され私も見ました。

「七つの会議」は、「半沢直樹」や「下町ロケット」の原作者として知られる池井戸潤さんの同名小説が原作の企業犯罪エンターテインメント。


内容は、、、
中堅メーカー「東京建電」が舞台。
営業1課の万年係長・八角民夫(萬斎さん)は、いわゆる“ぐうたら社員”で、課長の坂戸宣彦(片岡愛之助さん)からはその怠惰ぶりを叱責されるが、ひょうひょうと日々を送っていた。ある日、坂戸のパワハラ騒動が起こり、坂戸には異動処分が下される。新課長として、万年2番手に甘んじてきた原島万二(及川光博さん)が着任。原島は1課でなかなか成績を上げられず、課長というポジションを場違いに感じ始めていた。だが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた……というストーリー。



半沢直樹は毎週欠かさず見ていましたが、「七つの会議」もキャストが半沢直樹でもお馴染みの役者さん達が活躍されていて、ラストに登場するのは「陸王」の役所広司さんと、内容もハラハラドキドキとても面白かったです。


その中でこんなシーンがありました。。。



主演の野村萬斎さんに顔を近づけて間近で口論するシーンの香川さん。

迫力あるシーンなんですが、、、

なんとこの時、香川さんは老眼なのであまりきちんと見えていないそうです。(^^;)

老眼が入ってくると、近視の方はメガネを外すと見えやすくなり、遠視、正視の方は書類を離なすと見えやすくなりがちです。

やはりピントがあっていないと物がきちんと見えません。

皆様もこんなシーンがやっきた時の為に
老眼対策、メガネの度数は大丈夫でしょうか??


顔を近づけて真剣に話す場面もピントがあっていないと元も子もありません。
(まぁこんな場面が来るのかどうかわかりませんが、、(笑))


そして、この様に八角さんの様なメガネの掛け方が老けて見えて嫌だ、掛け外しが面倒だと思われている方。




メガネのセンリにご相談下さい!!
私達が全力で見え方のサポートをいたします!!


《いまい》

映画のお話

2021年04月12日

南千里店


騙し絵の牙

大手出版社 〈 薫風社 〉の創業一族の社長が急死。

次期社長を巡って、権力争いが勃発

嘘、裏切、リーク、告発、曲者たちの陰謀が渦巻く中

速水 ( 大泉洋 )が高野 ( 松岡茉優)と共に逆転に次ぐ逆転劇

大泉洋が主役で面白い作品でしたが、

今回は、松岡茉優が光る作品でラストがすばらしかったです。

先々週の金曜日に見ましたが、

医療非常事態宣言が発令され又しばらく映画は、ガマン。

《 フジイ 》

不撓不屈

2021年04月11日

南千里店

先日、暖かい春の日差しが心地良いので万博公園まで行ってきました。
桜まつりが開催中で人出も結構ありました。


4月はピンクにライトアップされていた太陽の塔ですが、数日前より医療非常事態宣言を受けて、太陽の塔が大阪モデルの赤信号によって赤く不気味に照らし出されているのですが、昼間は可愛いもんですね^^


万博公園の桜もぼちぼち見頃を過ぎて、散った花びらがピンクの絨毯のようになっているところも多くなっておりました。

歩いていると暖かくて気持ち良いのですが日陰に入るとやっぱりまだ肌寒い・・・。

万博公園の桜まつりは本日11日までとなっております。


さて、予てより楽しみにしておりました、将棋界最高峰のタイトル戦である第79期名人戦七番勝負がとうとう始まりました。


第1局は4月7、8日と二日間をかけて行われました。

昨年初の名人位を奪取し、棋王・王将を併せ持つ渡辺三冠(写真左)に挑戦するのは、順位戦A級に初昇格したその年に挑戦権を獲得した27歳の斎藤八段(写真右)。
初防衛と初戴冠を懸けた戦いの幕が切って落とされました。

相矢倉戦のどっしりとした展開は持久戦模様。
一日目はなかなかお互いの仕掛けどころが難しいのか、お互い手詰まりのまま終了。
二日目に入って渡辺名人は玉を穴熊に囲って更に堅固に。
90手辺りから渡辺名人有利の展開となっていきました。

しかしここから斎藤挑戦者の長い辛抱が続きます。
一時は名人優勢以上で紛れなければ勝ちという局面で放った1手が下記盤面図


2六歩と馬を守るために打った歩が良くなかったのか、形勢は一気に斎藤挑戦者側に。

その後は残り時間も無い中で冷静に寄せ切り、斎藤八段が初戦を不屈の粘りで179手の大熱戦を大逆転勝利で飾りました。

観ていてハラハラドキドキの展開で今シリーズの今後がますます楽しみになってくる一局でした。

《タカダ》

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新記事