スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

土用の丑の日〜よもやま話〜

2021年07月28日

千里中央店

皆さんこんにちは!

蒸し暑い日が続いております、体力は落ちてませんか?

今日は「土用の丑の日」です、ウナギを食べてスタミナをつけましょう(^^)



(いまいさんのブログから画像を拝借しました)

ところで「土用の丑の日」に、ウナギを食べる習慣が一般にも広まったのは
いつからでしょうか?

最近は知られてる事かもしれませんが、一説に江戸時代、夏に売り上げが落ちると
鰻屋から相談を受けた蘭学者の平賀源内が、店先に

「本日丑の日」
土用の丑の日うなぎの日
食すれば夏負けすることなし


という看板を立て大繁盛した事から、他の鰻屋も真似するようになり広まって
行ったとも言われております。

この「本日丑の日」は、日本初のコピーライティングとも言われてるんですね。

そして「土用の丑の日」と言えばウナギを食べるというイメージがありますが
この日に「う」のつく食べ物を食べれば良いとの事です。

例えば、うどん・梅干し・馬肉(ウマ)・牛肉(ウシ)等々

いずれも栄養価が高い、または食欲がなくても食べやすい食材ばかりですね。

そうすると冒頭で、ウナギを食べてスタミナをつけましょうと言いましたが
今日私は「ウナギ」を食べるしょうか?はたまた「うどん」を食べるのでしょうか?

皆様のご想像におまかせします(笑)



《マツウラ》



自宅でのオリンピック観戦対策

2021年07月27日

千里中央店

こんにちは。
ブログをご覧いただきありがとうございます。

東京オリンピックが開催され、帰宅してニュースや試合を見るのが楽しみになっています。
もうすでにオリンピックが終わるとロスになりそうな気がしますσ^_^;


そこで今まで以上にテレビを見つめる機会が増えているのではないでしょうか?

あまり長時間テレビを見続けていると眼精疲労を起こしやすくなります。

今日は今すぐにでも実践できる疲れ目対策をご紹介いたします。
目の健康維持のために、ほんの少し目の休憩を取り入れてくださいね。

①1時間に1度は休憩を入れる。
まずはいつも申し上げていますが目を定期的に休める事です。
車の運転では「2時間に1度休憩」といわれています。では、目はどうでしょうか?定期的に休めていますか?
1時間に1度を目安に画面から目を離して他の作業をしたり、遠くをボーっと見るようにして下さいね。


②明るさを調整
テレビのディスプレイはフルに明るくせずにトーンを少し落とすくらいの設定で。
暗い部屋での視聴は避けて、部屋は明るくしてください。
ですが部屋と画面の明るさに極端な差がないように調整しましょう。

③目のストレッチ
①目を固くギュッと閉じる→大きくパッと開ける
②顔を動かさずに目だけを上下左右へ順番に動かす
③近くにあるものを見て30秒→遠くにあるものを見て3分


これは、毎日簡単にできる目のストレッチです。体と同様、筋肉をほぐすと疲労回復にも有効です。休憩時間などに数回繰り返してみてください。

④目のパック
目を温めて血行を良くすると、疲れが取れてドライアイにも最適です。
休憩時間や就寝前に蒸しタオルで目を温めると、リラックスできますよ。

[蒸しタオルのリラックス法]
①タオルを濡らして軽く絞る
②電子レンジに入れて1分加熱
③瞼の上にタオルを乗せて5分程度リラックス


⑤目に栄養補給
「目が乾いてかゆくなる」「すぐ目がショボショボする」というのは、ドライアイの症状です。塩化カリウムや塩化ナトリウムといったミネラル成分を含んだ目薬で潤い補給を。
目に違和感があるという人は、早めに眼科を受診してください。



⑥湿度や換気も大切
1日中窓を締め切ってエアコンを付けっ放しにしていると室内が乾燥して目にも影響が出ます。空気の入れ替えや加湿も忘れないようにしましょう。

⑦体の中からもケア
栄養不足も疲れ目の大きな原因になります。バランスの良い食生活を意識していきましょう。
【目の働きを助ける栄養】
ビタミンA:網膜の栄養維持(レバー、うなぎ、人参、小松菜、モロヘイヤなど)
ビタミンB:目の神経の働きをサポート(サーモン、海苔、アーモンド、あさり、たらこなど)
ビタミンC:目の老化を防ぐ(柿、赤ピーマン、ブロッコリー、いちご、パセリなど)
ビタミンE:目の血流を促進(あん肝、いくら、いわし、かぼちゃ、しそなど)


⑧視力を確認
もしかすると目の使いすぎで視力が落ちてきているかも知れません。メガネやコンタクトの人は、度数が合っているのか定期的に確認することをおすすめします。


やはりメガネの度数があっていないと目は頑張って見ようとしてくれます。
知らず知らずのうちに目の疲れだけでなく頭痛、肩こりを引き起こす可能性が大いにあります。

一度視力チェックにお越し下さい。

以上の事を踏まえて残りのオリンピック観戦を楽しみましょう~!!





《いまい》

本のお話

2021年07月26日

南千里店


残り火
小杉健治


若い女性ばかりを狙った連続通り魔事件が発生。


相浦純也が逮捕される


仕事に就かず、生活は寝たきりの祖父の年金を頼りに


夜な夜なフード付きのパーカーを着て、自転車で走りまわる。


誰もが純也の犯行を疑わなかった。


しかし立花孝久は、無実を確信していた、


老いた母が路上で転倒した際、誰一人助け起こそうとしないなか


彼だけは、手を差し伸べ母を背負って家まで送り届けてくれた。


心優しい彼が、凶悪事件の犯人である訳がない


孝久は、以前亡き息子の冤罪を晴らしてくれた名弁護士に助けを求める。


《 冤罪 》をテーマにした法廷ミステリー


水木弁護士に感動。


《 フジイ 》

タイトル保持者から挑戦者へ

2021年07月25日

南千里店

お互い1勝を挙げて迎えた王位戦第3局の対局場は神戸市・有馬温泉の老舗旅館「中の坊瑞苑」
1980年代から毎年タイトル戦の舞台として利用されています。

昨年も木村王位と藤井棋聖の王位戦の第3局が行われたことは記憶に新しく、藤井棋聖が木村王位に3連勝を決めて王位に王手を掛けた場所でもあります。

さて、今年も藤井王位の先手番となった第3局はどのような戦型を用いて豊島竜王を迎え撃つのか・・・。

本局は角換わり相腰掛け銀となりました。現代将棋の定番と呼ばれる戦型で、どちらも事前に深く研究していると思われます。
藤井王位は以前は角換わりの戦型を得意としていて採用していましたが最近はあまり指されなくなっていたのでこれはもうかなりの研究をしてきたなという感じがします。

午前中の序盤は研究範囲内と言わんばかりのハイペースで駒組みが進んでいきます。
昼食休憩前の55手目辺りはやや藤井王位が指しやすい展開かなと思っていたのですが、午後からは一転してお互い時間をたっぷり使った慎重な駒組みに変わりますが・・・やはり、というか本局も豊島竜王のペースで進んでいきます。

二日目に入り、早々に豊島竜王が有利に差を広げたかに思われた豊島竜王の70手目、△5八銀打 ▲4八飛 △4五銀 ▲6三銀打 △4七歩成 ▲6二銀 △4八と・・・と激しい攻めを選べば後手の優勢は保てていたのですが、1時間以上の長考の末、選んだ手は3三桂。

まずここでお互いの形勢はほぼ互角になります。そして次の手番では3三桂と跳ねたからには4五の桂を取りに行く手を選ばざるを得ないのですが、攻めのターンが藤井王位に回ってきたことで形勢が先手に動き、そのまま藤井王位の優勢で進んでいき117手で藤井王位の連勝となりました。


3三桂から4五桂のたった2手の盤上の桂が直接的な敗因となったことに局後に本人もいちばん粘れない順を選んでしまったと零していました。

まあ、傍観者は冷静に盤面を見ることができますが、対局者目線となるといけるかいけないかの判断を非常に繊細なレベルで決定しないといけないので指し手の決断はとても難しいんだと思います。

そして本日25日は叡王戦5番勝負の第1局目がおこなわれます!。
今度は豊島叡王に挑戦者として立ち向かう藤井王位。
二人の熱い夏はまだまだこれからです!

《タカダ》

最後の夏。

2021年07月24日

千里中央店

こんにちは。



息子にとっての最後の夏が終わった。

全国高校野球大阪大会予選1回戦、場所は住之江公園球場。8回を終わり4ー1、3点のリードで迎えた9回表、相手チームが土壇場で3点を奪い同点、試合は延長戦へ。

11回裏1アウト3塁、3塁ランナーが還れば勝利のチャンスをものに出来ず12回表1点を奪われ逆転されゲームセット。

その瞬間、12回をひとり投げ抜いた背番号1はベンチの前で泣き崩れた。息子はその仲間に駆け寄り肩を貸していた。


その日の9時に試合がスタートしていて、仕事だった僕は試合結果をお昼前にTwitterで知った。

この敗戦は小学校3年から10年間続けてきた野球がひとまず今日で終わりを告げることを意味する。

学生時代に学業以外の事で10年同じことをやり続ける。僕には決して真似の出来なかった芸当だ。暑い夏も寒い冬もそれも10年もだ。それだけでも立派だなと思うし親として誇りにも思う。(紛れもなく親バカなんだろうけど)


どんな言葉をかけようか。

…色々と考えながら仕事を終えて家に帰ると、息子はまだ帰ってなかった。嫁さんに聞くとチームのみんなと晩ご飯を食べてから帰って来るらしい。

会場で応援していたお母さん達も相当ショックを受けていたらしい。過去に対戦して勝っていたこともあり、8回裏終了時3点リードの時点で勝利を確信して次の対戦相手、次の試合会場に意識が行ってたそうで、その後の展開に頭と気持ちが整理できず、ゲームセットの瞬間はしばらく呆然としていたらしい。無理もない。


晩ごはんを食べてしばらくすると息子が帰ってきた。

「残念やったな。長いことお疲れさん。」

僕がそう伝えると、息子はただ黙って頷いて風呂場へと向かっていった。


風呂から出た息子に、仕事帰りに買ったドーナツを手渡し、そいつを食べながら話を聞いた。

スタジアムから出た瞬間に自然発生的にみんな涙が溢れてきて大泣きしたんだそうだ。それまで抑えていたそれぞれの感情が一気に爆発したんだろう。
球場の外で監督やコーチから労いの言葉をもらい、記念撮影などをして、会場を後にしたらしい。


話をする息子の様子は何処か吹っ切れていて清々しく感じた。すでに目の前の事実を受け入れているようにも、そして次の目標に向けて意識を切り替えてるようにも見えた。息子の日に焼けた顔がキラキラ眩しく一際たくましく思えた。


息子の労をねぎらうつもりだったのに、逆に勇気をもらったような気がした。ありがとな。そして本当にお疲れさま。


小学校6年のチームメートとの写真、やっぱり仲間っていいッスよね。


10年前野球を始めたばかりの小学校3年生の写真、この頃の可愛げはいったい何処にいってしまったんだろうか…(笑)



《ウエノ》

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新記事