スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 2022年~寅年

2022年~寅年

2022年01月06日

千里中央店

ツイートする

皆さま、明けましておめでとうございます。
本年私担当の一回目のブログとなります。
本年もどうでもいい様な内容だったり、そうでなかったりのブログにお付き合いどうぞよろしくお願い致します(^^;

今年最初の内容は、、、

干支のお話。

2022年の干支は「壬寅(みずのえとら)」


干支は、十干(じっかん)と十二支の組み合わせでできています。

十干は太陽を象徴とした生命の循環を表しています。「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類あり、1番目の「甲」は草木の芽生えを、10番目の「癸」は落ちたタネが土の中に潜ることを意味し、そしてまた1番目に戻って繰り返します。

十二支は月を象徴とした生命の循環を表し「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の12種類あり、1番目の「子」は生命の種子が宿ることを、12番目の「亥」は次世代のタネの中に生命力が閉じこめられることを意味します。
これもまた1番目に戻って繰り返していきます。

この2つを組み合わせ、「甲子」「乙丑」「丙寅」といった具合に順番に並べたのが干支。
1番目の「甲子」から始まって、60番目の「癸亥」で終わり、また初めにかえって繰り返します。これが還暦と呼ばれる所以になり60歳になると赤いちゃんちゃんこを着て還暦をお祝いしますね。一通り周ってきたという意味になります。


2022年は十干が「壬(みずのえ)」、十二支が「寅」の年にあたるので、干支は「 壬寅(みずのえとら)」です。

では壬寅(みずのえとら)はどんな意味を持つ干支でしょうか?

「壬」は「妊に通じ、陽気を下に姙(はら)む」、「寅」は「螾(ミミズ)に通じ、春の草木が生ずる」という意味があります。そのため「壬寅」は厳しい冬を越えて、芽吹き始め、新しい成長の礎となるイメージです。

いいですね〜〜(o^^o)

ここ最近はずっと厳しい冬の様でしたからね。

冬が厳しければ厳しい程春の芽吹きは生命力に溢れ、華々しく生まれる。
それが今年の「壬寅」です。


今年は例年以上に希望を感じさせてくれるような成長の年となりそうです!!
より良い方向に進むことを願って皆様前進してまいりましょう。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


(ニフレルのホワイトタイガー、アクア君です。)


《いまい》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新記事

アーカイブ