スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 本のお話

本のお話

2021年11月29日

南千里店

ツイートする


大事なことほど小声でささやく
森沢明夫

スポーツジムを中心に、6人の人物それぞれの視点から

各自の人生が語られる。

特に、第4章、四海良一の蜻蛉が良かったです。

歯科医の四海良一はジムでは明るく振舞っていたが

三年前に、5歳の娘を病気で亡くし夫婦関係は冷え切っていた。

そんな時四海は、娘が遺したあるメッセージを見つける

娘が病院のベッドの上に横たわったまま、俺にこんな事を聞いたんだよ

『 ねえパパ、人間はどうして生まれて来るの ?』

俺は、『 人はね、人に喜ばれるために生まれてくるんだよって 』

そしたら娘は、こう言ったんだ 『 そっか、だからパパとママは

私を喜ばせてくれるんだって』

だから葉月は、こんな風に俺たちを喜ばせようとしてメッセージを遺したんだ。

感涙・・・・・・・

《 フジイ 》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新記事

アーカイブ