スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 棚からひとつかみ

棚からひとつかみ

2021年10月20日

千里中央店

ツイートする

皆さんこんにちは!

今週は涼しい日々が続いており、めっきり秋めいてきましたね。

先週に比べて急激な気温の変化に、体調を崩されてないでしょうか?

私はと言うと変わらずに「食欲の秋」を邁進しております(笑)

そんな秋を過ごしてる毎日ですが、たまには「芸術の秋」のお話を(^^)

秋が深まりますと、私には聴きたくなる曲があります。

それがこちら



ヨハネス・ブラームス(人名敬称略)の「交響曲第四番 ホ単調」です。


ヨハネス・ブラームス(1833〜1897)

題名が分からなくてもブラームスの曲を耳にされた方も多いと思われますが。

ブラームスはドイツの作曲家でバッハベートーヴェンと共にドイツ音楽における
3大Bとも称されています(^^)

ロマン派に属する作曲家で数々の名曲を残していますが、上記の交響曲は1884〜1885年に
かけて作曲されたもので初演当時は様々な批評にさらされたのですが、現在ではブラームス
交響曲の中でも傑作との呼び声が高い作品です(^^)

第一楽章冒頭から弦楽器が奏でるもの悲しくも憂いに満ちた旋律が印象的で
「ため息のモチーフ」ともいわれております。

ブラームス自身が「自作で一番好きな曲」「最高傑作」と述べるのも納得の一曲です(^^)

クラシックファンの方にはお馴染みの曲ですが、機会があれば御一聴下さい(^^)

《マツウラ》




コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新記事