スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 自宅でのオリンピック観戦対策

自宅でのオリンピック観戦対策

2021年07月27日

千里中央店

ツイートする

こんにちは。
ブログをご覧いただきありがとうございます。

東京オリンピックが開催され、帰宅してニュースや試合を見るのが楽しみになっています。
もうすでにオリンピックが終わるとロスになりそうな気がしますσ^_^;


そこで今まで以上にテレビを見つめる機会が増えているのではないでしょうか?

あまり長時間テレビを見続けていると眼精疲労を起こしやすくなります。

今日は今すぐにでも実践できる疲れ目対策をご紹介いたします。
目の健康維持のために、ほんの少し目の休憩を取り入れてくださいね。

①1時間に1度は休憩を入れる。
まずはいつも申し上げていますが目を定期的に休める事です。
車の運転では「2時間に1度休憩」といわれています。では、目はどうでしょうか?定期的に休めていますか?
1時間に1度を目安に画面から目を離して他の作業をしたり、遠くをボーっと見るようにして下さいね。


②明るさを調整
テレビのディスプレイはフルに明るくせずにトーンを少し落とすくらいの設定で。
暗い部屋での視聴は避けて、部屋は明るくしてください。
ですが部屋と画面の明るさに極端な差がないように調整しましょう。

③目のストレッチ
①目を固くギュッと閉じる→大きくパッと開ける
②顔を動かさずに目だけを上下左右へ順番に動かす
③近くにあるものを見て30秒→遠くにあるものを見て3分


これは、毎日簡単にできる目のストレッチです。体と同様、筋肉をほぐすと疲労回復にも有効です。休憩時間などに数回繰り返してみてください。

④目のパック
目を温めて血行を良くすると、疲れが取れてドライアイにも最適です。
休憩時間や就寝前に蒸しタオルで目を温めると、リラックスできますよ。

[蒸しタオルのリラックス法]
①タオルを濡らして軽く絞る
②電子レンジに入れて1分加熱
③瞼の上にタオルを乗せて5分程度リラックス


⑤目に栄養補給
「目が乾いてかゆくなる」「すぐ目がショボショボする」というのは、ドライアイの症状です。塩化カリウムや塩化ナトリウムといったミネラル成分を含んだ目薬で潤い補給を。
目に違和感があるという人は、早めに眼科を受診してください。



⑥湿度や換気も大切
1日中窓を締め切ってエアコンを付けっ放しにしていると室内が乾燥して目にも影響が出ます。空気の入れ替えや加湿も忘れないようにしましょう。

⑦体の中からもケア
栄養不足も疲れ目の大きな原因になります。バランスの良い食生活を意識していきましょう。
【目の働きを助ける栄養】
ビタミンA:網膜の栄養維持(レバー、うなぎ、人参、小松菜、モロヘイヤなど)
ビタミンB:目の神経の働きをサポート(サーモン、海苔、アーモンド、あさり、たらこなど)
ビタミンC:目の老化を防ぐ(柿、赤ピーマン、ブロッコリー、いちご、パセリなど)
ビタミンE:目の血流を促進(あん肝、いくら、いわし、かぼちゃ、しそなど)


⑧視力を確認
もしかすると目の使いすぎで視力が落ちてきているかも知れません。メガネやコンタクトの人は、度数が合っているのか定期的に確認することをおすすめします。


やはりメガネの度数があっていないと目は頑張って見ようとしてくれます。
知らず知らずのうちに目の疲れだけでなく頭痛、肩こりを引き起こす可能性が大いにあります。

一度視力チェックにお越し下さい。

以上の事を踏まえて残りのオリンピック観戦を楽しみましょう~!!





《いまい》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新記事