スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 本のお話

本のお話

2021年04月26日

南千里店

ツイートする


魔物
大沢 在昌

物語は、日本から遠く離れたシベリアの大地から始まる。

ロシア正教会の司祭が、ある物を日本海に沈めてくれと幼馴染みに頼む

白い布に包まれたそのものとは、曰く付きのイコン〈 聖像が 〉だった

しかし、麻薬の運び屋をやってる幼馴染みは司祭との約束を果たす前に

《 ロックマン 》と呼ばれる冷酷無比な男に殺される。

死神のような男がこのイコンを手にしたことが災厄の始まりだった

不意に激しい風が吹き付け、ロックマンが現れる

怪力で人を殺した後、その場からかき消すように居なくなる。

ロックマンが 《 カシアン 》に憑依されたこと知る

《 カシアン 》は、聖人でありながら心に強い憎しみを抱えた人間に取り憑いて

欲望を満たす力を与える 《 魔物 》だという。

麻薬取締官の大塚が立ち向かう。

《 フジイ 》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新記事