スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 葛根湯

葛根湯

2021年04月07日

千里中央店

ツイートする

皆さんこんにちは!

突然ですが皆さんは「葛根湯」は飲んだ事はありますか?

言わずと知れた、風邪のひき始めに良く効く漢方薬ですね。

私もついこの間、鼻水と喉の痛みがあったので(コロナではありませんよ)飲みましたが
早速効果てきめん体調も良くなりました(^^)

ところで「葛根湯」はいつ頃からあるのでしょうか?

今さらですが(笑)調べてみました。

古くは「傷寒論(しょうかんろん)」という、中国は後漢の時代(200年頃)の書に
「葛根湯」が紹介されており日本でいうと弥生時代にあたります。

やはり、かなり昔から飲まれてるんですね。

「葛根湯」といえば、風邪薬のイメージですが他にもいろいろな時に飲むと効果があります。

「葛根湯」には後頭部から首筋、背中にかけての筋肉の緊張をほぐす作用があり、肩凝りや
それに伴う頭痛(筋緊張性頭痛)にも有効です。

また「葛根湯」に含まれる「麻黄」という生薬には抗アレルギー作用があることが
わかっており蕁麻疹にも応用されます。

私の後輩も何かと体調が優れない時は「葛根湯」を飲んでおりました。

このように、「葛根湯」は様々な効能があるので、「葛根湯医者」という何にでも葛根湯を
出す医者の小咄になっていたりもします(^^)

では、最後にその小咄で締めさせて頂きます。

江戸時代のお話で、ある村のお医者さんは何かというと「葛根湯」を飲ませるとの事で・・・

患者1「先生、どうも頭が痛いんですよ」
先生「そいつは頭痛だね。葛根湯を飲みなさい」

患者2「先生、お腹が痛いんですよ」
先生「そいつは腹痛だね。葛根湯を飲みなさい」

患者3「先生、足が痛いんですよ」
先生「そいつは足痛だね。葛根湯を飲みなさい」

先生「そちらさんは?」
付き添い「先生、あっしは付き添いなんですよ」
先生「そいつは暇だろ。葛根湯を飲みなさい」

おあとがよろしいようでm(__)m



《マツウラ》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新記事