スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > せんべいとあぶり餅

せんべいとあぶり餅

2020年11月20日

南千里店

ツイートする



秋のお彼岸にお墓参りが出来てなかったので

遅まきながらやっと義母のお墓参りに行くことが叶いました。





妻の先祖のお墓は京都にあります。

以前にもお話させて頂きましたが・・・

京都にお墓が有ると、お墓参りのついでと申し上げたら

ご先祖様にお叱りを受けますが、

お参り後、京都観光が出来て便利が良いです!! (笑)




しっかりとお墓の掃除、献花、お参りの後、

今回も目的地が2~3箇所ございました。



まず第一は・・・

以前、ご来店のお客様から”おせんべい”を頂戴致しました。

それが京都のお店の商品で、凄く美味しかったんです!!

大阪では百貨店の催事以外では販売されていない商品でした。





お菓子の包み紙からネット検索致しました所、

なんと・・・義母のお墓から歩いて数分の場所にありました。


それで、墓参の後に早速訪れてみました。

上京区堀川通り寺之内にあります。





こんな店構えで、赤い日除けの傘が粋な感じです。

店内は、さすが京都というか大阪の菓子舗とはちょっと違う雰囲気、


「田丸弥」は江戸時代まで丹波で旅籠を営んでおられ、

自家製のお菓子で旅人をもてなしたのが菓子作りの始め、

江戸時代が終わり明治から大正へ、徐々に拠点を京都に移し

やがて菓子作りを家業の中心に据えるようになられたそうです。

そんな歴史のあるお店のようです!!






「いらっしゃいませ」と迎えてくださった店主、

『どちらから?』と聞かれたので「大阪から」と答えたところ、

「あ~ぁ、そうですか」と、ごく普通の応対でした。



しかし、しかし、ですよ・・・


『歩いて数分の「○○寺」に義母の墓が・・・』と話した所

『そうどすか!、京都のご出身で?』『よう、おこしやす!!』


急に京言葉でにこやかな応対に様変わり・・・(爆笑)

こういう所が、”いかにも京都人”的な感じを受けました・・・(笑)

私の感性、皆様はどう思われます??? 偏見ですかぁ~(笑)



まぁ、おせんべいは確かにわざわざ買い求めに来た程の値打ちがあり

胡麻の風味が効いて、美味しかったですよぉ~~

友人・親族にもお土産に買い求めたぐらいですからねぇ~~



そんな体験をした後は・・・京都洛北へ






車で10分足らずの場所にある「今宮神社」へ・・・




参拝は勿論ですが、こちらの目的は「あぶり餅」です。

この度は食べてばかりのようですが・・・(笑)



今宮神社の門前で、創業1000年以上の老舗が2軒

「一文字屋和輔」と「本家・根元かざりや」です。






私はいつも「かざりや」さんです。


・・・と云うのも、お持ち帰りを注文すると

3本のあぶり餅が、おまけに付いてくるからです(爆笑)





大きさは大人の親指ほど、細い竹串に餅を刺して”きな粉”をまぶし

炭火で焼き上げ、最後に”白味噌”のタレを掛けて出来上がり!!


町家造りの軒先に置かれた炭火で炙るため、香ばしい香りが

辺り一面に漂い、食欲をそそります!!





このきな粉の風味と甘みのある白味噌と、少し焼け焦げた餅

三位一体となった味が最高に美味しく、ホッとするんです。



丸窓と釣り忍の掛かった風情を楽しめる部屋で頂きました。






この大きさの餅ですから、満腹という訳には参りませんが、

小腹は満たされましたよ。





で、次なる目的地へと向かいますが・・・

長くなるので次回にご紹介致します。

またぁ~、今回も引っ張って御免なさい。


次回を楽しみにお待ち頂けると幸いです。

宜しくお願い申し上げます(礼)



          《タケナカ》



コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新記事