スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > もっくんに会いに ~稲葉山城~

もっくんに会いに ~稲葉山城~

2020年09月24日

メガネのセンリ

ツイートする

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

秋の連休中は密を避けながら少し遠出をしてきました。

image

数年前に犬山城に行った時、遠目に見て「今度はここに行ってみたい」と
ずっと思っていた稲葉山城(岐阜城)です。

早朝に城下まで車でたどり着き、ロープウェイもあるのですが
折角なので歩いて天守まで登ることとしました。


(この看板は山頂にあるもの、麓までは2キロあります)

遠回りする遊歩道もあるのですが、最短距離の道を選びました。
看板の脅し文句は伊達ではありません。



途中、昔の石垣などが見れると思ったらとんでもない。
元は海底の岩盤だったという岩肌がそびえ立ち、登山道というよりは
崖登りです。正しく天然の要害!
約一時間、骨折した体を鞭打って何とか登り切りました。



登り切ったらご褒美です。博物館になっている天守閣の最上階は展望台。
綺麗な長良川の流れを一望し、遠くはアルプス山脈が見渡せます。

長良川の川向いには美濃合戦の舞台となった大桑城跡。



この城は油売りから一国の城主となった斎藤道三が近代城郭にした後、
織田信長によって天下布武の足場として岐阜城に改名したお城です。



登りで力を出し切ったので、下りはロープウェイでスムーズに。
丁度一般の方が登ってくる時間で、登りは40分待ちでした。



このロープウェイの地上駅に今回の目的地、大河ドラマで斎藤道三を演じる
本木 雅弘さんの蠟人形が展示されています。



今にも動きだしそうなリアルさです。



今回の大河ドラマ「麒麟がくる」は撮影が途中で出来なくなり
放映が遅れるなどありましたが完成度も高く、楽しませていただいてます。



駅を出たところには
明治15年(1882年)4月に岐阜城で刺客によって襲撃され、
「板垣死すとも自由は死せず」、と言った板垣退助の銅像がありました。
歴史の宝庫ですね。

そして直ぐのところにNHK大河ドラマ館が期間限定であります。



ドラマで使われた衣装や小道具が展示され、撮影エピソードなどが
公開されております。



混雑も予想されましたがバスツアーなどの団体客が皆無のため
結構空いています。


胡蝶庵さん 岐阜ミシュラン一つ星だそうです。
十割そばの風味が格別に良く、古民家の雰囲気も最高でした


美味しいお蕎麦を食べて早めに帰宅!と思ったのですが
そこは連休の魔力に捕まりました。高速道路の大渋滞。
色々な意味で連休を満喫しました。



《なかお》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事