スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 重陽の節句

重陽の節句

2020年09月09日

千里中央店

ツイートする

皆さんこんにちは!

昼間はまだまだ暑い日が続いておりますが、夜になると少し涼しくなってきましたね。

台風が到来したり、一部では天候が荒れたりしましたが^^;

ところで今日9/9は重陽の節句ですね。

この日には菊酒を飲んだり、栗ご飯を食べたりして無病息災や長寿を願います。

五節句の一つで重陽の節句は、平安時代の初めに中国から伝わったとされています。

古来中国では、奇数の日は縁起のよい「陽の日」とされ、3月3日や7月7日など
奇数が重なる日を祝い節句としました。

中でも一番大きい陽の数である「9」が重なる9月9日を「重陽(ちょうよう)」と呼び
五節句の1つとして親しまれる行事になったんですね。

ちなみに五節句は

1月7日・・・人日の節句(七草の節句)
七草粥を食し、その年の健康を願う。
3月3日・・・上巳の節句(桃の節句)
雛人形を飾り、ちらし寿しやはまぐりのお吸い物を食ベて、女の子の健やかな
成長を願う。
5月5日・・・端午の節句(菖蒲の節句)
五月人形やこいのぼりを飾り、男の子の健やかな成長と立身出世を願う。
7月7日・・・七夕の節句(笹の節句)
短冊に願いを書き笹に吊るし夢成就を願う。
9月9日・・・重陽の節句(菊の節句)
菊の薬効により健康を願う。また「後(のち)の雛」としてお雛様を飾る。

この五つの日を五節句と言います。

重陽の節句菊の節句とも言われており、これは菊の花からしたたる露が川に落ち
その川の水を飲んだ者が長寿になったという菊水伝説が元になっています。

それで不老長寿を願い邪気を払う花として菊は定着してるんですね。

そしてもう一つ重陽の節句には3月に仕舞った雛人形をもう一度飾る
「後の雛」という風習があります。

大切な雛人形を1年間仕舞ったままにせず、虫干しをして痛みを防ぎ
長持ちさせる習わしです。

大人の女性が健康や幸せを願って雛人形を飾るため「大人の雛祭り」とも言われています。

でも、桃の節句端午の節句に比べて菊酒を飲んだり、栗ご飯を食べたりして
無病息災や長寿を願う重陽の節句は、最近はあまりなじみがないかもしれませんが(^_^;)

旧暦を使用していた頃までは、五節句を締めくくる最後の行事として盛んに
行われていました。

菊酒は蒸した菊の花びらを器に入れ、冷酒を注ぎ一晩置くことで香りを移して
作るとの事です。

少し長くなり始めた夜に、菊酒で一杯というのも風流でしょうね(^^)




《マツウラ》







コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新記事