スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 1度だけの夏

1度だけの夏

2020年08月11日

千里中央店

ツイートする

こんにちは、いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

昨日から2020年の高校野球交流試合が開催されましたね。
1度は中止と言われましたが、なんとか甲子園の土を踏ませてあげたいと交流試合として各校1試合だけが行われます。
image


交流試合は、今年の春のセンバツ大会に出場が決まっていた32校の救済策として開催し、各校が1試合ずつ、甲子園球場で対戦します。


開会式は、新型コロナウイルスの感染対策のため例年の春や夏の大会のような全校による入場行進は行われず、最初の試合に出場する大分商業と埼玉の花咲徳栄高校の選手たちのみがグラウンドに一定の間隔をとって整列しました。
image

そして、そのほかの出場校は球場の大型ビジョンに集合写真を映し出す形で紹介されました。
(本当はここの舞台に立ちたかったでしょうね涙)
image


選手宣誓は第1日目第1試合に出場する史上初の2校により行われました。
全文
「私たち高校球児は夢の舞台『甲子園』に立つことを目指し、仲間とともに励ましあいながら心・技・体を鍛えてきました。
新型コロナウイルスとの戦いや、たび重なる大規模な豪雨災害からの復旧・復興など厳しく不安な状況下で生活している方もたくさんおられます。
このような社会不安がある中で都道府県の独自大会、そして、この2020年甲子園高校野球交流試合を開催していただけることによって、再び希望を見出し、諦めずにここまで来ることができました」

「一人ひとりの努力が皆を救い、地域を救い、新しい日本を創ります。
『創造・挑戦・感動』。
今、私たちにできることは1球をひたむきに追いかける全力プレーです。
交流試合の開催や、日々懸命に命、生活を支えてくださっている皆様への感謝の気持ちを持ち、被災された方々をはじめ、多くの皆様に明日への勇気と活力を与えられるよう、選ばれたチームとしての責任を胸に」
最後は2人で声を合わせて
「最後まで戦い抜くことをここに誓います」

image
大分商業の川瀬選手(右)
花咲徳栄の井上選手(左)

何もかもが初めての今年の高校野球ですが、これから何年も何十年も忘れられない夏になりそうです。
image

たった1度だけの大舞台ですが、これまでの成果を全力で出し切って、高校球児達の勇気・元気を分けて欲しいと思います。




《いまい》


コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新記事