スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 除菌の知識

除菌の知識

2020年05月14日

千里中央店

ツイートする

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

新聞や文章によく掲載されている「コロナ禍」ご存知でしょうか。
私は、ずっと「コロナ"渦"(うず)」と思って読んでいました。
ふとした時に、漢字を見ると渦(うず)じゃないと気付きました。
よく見てみると「禍」ではないですか!
しかしながら「禍」を見て、何と読むか分かりかねました。
「か」と読んで「わざわい」という意味の漢字です。
「ころなか」以外に読めていない人は多いいんじゃないでしょうか?

先日、ハンドソープが無くなって買いに行ったのですが
どこのお店を探しても品切れです。
こんなところまでコロナの影響が!

ですが固形石鹼は豊富に並んでいます。
何とか買えましたが、会社でも話してみました。 

コロナがやっぱり怖いから……と、
殺菌効果の高そうな言葉に目が行きがちです。
「殺菌」「除菌」「消毒」とたくさんの表現が目に入る。
「薬用」という表示や、「抗菌」と書かれているものもある。
よく見る言葉だがそんなに意味が分かっていなかったので
ちょっと簡単に調べてみました。



こうした言葉は、大きく分けると『菌を殺す』ものと
『菌を殺さないが増殖を抑える』ものの二つに分けられるそうです。
菌を殺すのが「殺菌」で、菌を増やさないようにするのが「増殖抑制」。

殺菌とは
殺菌とは文字通り「細菌やウイルスを殺す」効果のことです。
ただし、死滅させる菌の種類や死なせる量に明確な定義は
ありません。例えば90%の菌が残ってしまっていても
10%の菌が殺せていれば「殺菌」と謳うことができます。

滅菌とは
滅菌とは、有害・無害を問わず、すべての菌(微生物や
ウイルス含む)を死滅・除去することです。
これは定義がはっきりとしていて、菌や微生物ウイルスなどの
残量が100万分の1になることをもって滅菌とされています。
高圧や高熱をかけたりして滅菌処理するのが有名です。
菌の除去率で言えば最強だといえます。

消毒とは
消毒とは、病原性のある微生物を死滅・除去させて害のない
程度にすることです。
必ずしも細菌を死滅させていなくとも、病原体の感染力を
不活性化させたり、病原体を危険ではない程度まで
遠ざけることも無害化にあたるので消毒に分類されます。



ここでもっと曖昧にしか知らなかったのが 除菌と抗菌 です。



台所用洗剤のスポンジに対する除菌なら「除菌効果のないものを
使ったときと比べて、対象物から生きた細菌数をある程度
減らすこと」を意味し、ウェットティッシュなら「除菌効果の
ないものを使ったときと比べて、対象となる硬い表面(手指など
の身体部分を含まない)から生きた細菌数をある程度減らす
こと」を意味している。

そして、抗菌も除菌も、あくまで「増やさない」ように
しているのであって、菌を殺しているわけではない
という点がポイントのようです。

ということは、「抗菌加工」されたエスカレーターの手すりに
ばい菌がいないわけではないし、「除菌」ウェットティッシュが
対象にしているのは、あくまでテーブルやドアノブなどの
硬い物の表面をぬぐい取ったときの効果。
除菌ウェットティッシュで一生懸命手を拭いたところで
手からばい菌をぬぐいさる効果を製品がうたっているわけでは
ないのです。

「殺菌」や「消毒」という効果・効能をうたうことができる
のは、厚生労働相に「医薬部外品」として承認された製品に
限られるそうで、厳しい条件をクリアした医薬部外品の
ハンドソープには、「薬用」と表示されている。

では、「殺菌」「消毒」と書いてある薬用ハンドソープを使えば
「手のばい菌」はきれいになるのだろうか。
そもそも、大切なのはそこだった。

実は、手の洗い方にこそポイントがある!

ウイルスを使った研究で、手洗いなしと、流水のみ、殺菌成分を
含む薬用ハンドソープを使った手洗いを比較し、手についた
ウイルスをどれくらい減らせるかを調べた、東京都健康安全研究
センターの研究がある。それによると、手洗いなしの場合の
ウイルス量を100万としたとき、流水のみだとウイルス量は
100分の1に、ハンドソープと使うと1万分の1ほどに
減らすことができた。

また、ハンドソープを使った手の洗い方を比較したところ
「10秒もみ洗いしたあとに、15秒流水で洗い流す。
これを2回繰り返す」という方法のほうが、「10秒もみ洗い
+15秒すすぎ1回」や「30秒もみ洗い+15秒すすぎ
1回」よりも効果が高く、手に付いたウイルス量を100万分
の1程度まで減らすことができた。

ちなみに、ウイルスの感染力に着目すると、薬用ソープを使う
ことで、より感染力を弱めているわけではなかった。
実験で使ったハンドソープには、いずれも泡立てる成分の
界面活性剤が含まれていて、「実験結果は、物理的に洗い流す
ことの効果を表していた。手洗いの時は、せっけんをしっかり
泡立てて洗い流すことが大切です」との事。


結果論としては、どんなハンドソープを選ぶかよりも
まずはしっかり泡立ててしっかり流す。

感染予防はこれに尽きるようです。



まとめ

これまででてきたものをざっくりまとめると
以下のようになります。

「除菌」:菌の数を減らす

「消毒」:菌を無毒化する

「殺菌」:菌をある程度殺す(程度は決まっていない)

「滅菌」:菌を完全に殺す

「抗菌」:菌の繁殖を防ぐ


アルコール消毒やせっけんなど、商品を選ぶときの
目安にしてみてください。

まずは直ぐに実践できること、しっかり手洗いです。


《なかお》


コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新記事