スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 次亜塩素酸ナトリウム液の作り方

次亜塩素酸ナトリウム液の作り方

2020年04月09日

メガネのセンリ

ツイートする

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

コロナウィルスも緊急事態宣言が出て新たな局面になってきました。
店頭では除菌スプレーの在庫が心配になったスタッフから
「次亜塩素酸ナトリウム液が限定で売ってるで!」
と連絡がきたのですが、実は次亜塩素酸ナトリウムは
必要量が充分あるものなので緊急性はありません。

ちなみに店頭で使っているのはアルコール除菌液ですので
こちらの方が安心です。

アルコール除菌液は品薄状態なので今日はこのブログで
次亜塩素酸除除菌液を作る方法をご紹介します。



次亜塩素酸ナトリウムは、簡単に言うと〝塩素〟です。
数千倍に希釈すればプールに入っている水ですし、
濃度が高ければ〝カビキラー〟のようにしつこい菌類も死んでしまいます。

作り方は単純で塩素系漂白剤等を希釈して作ります。
材料は次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系漂白剤で
台所用の「キッチン泡ハイター」「キッチンハイター」や
衣料用の「ハイター」などです。


◎調理器具、トイレのドアノブ、便座、衣類等の消毒
調理器具、トイレのドアノブ、便座、衣類等の消毒には
約0.02パーセント濃度の希釈液を使用します。



◎新型コロナウイルス対策仕様
新型コロナウイルス対策で、調理器具、トイレのドアノブ
便座、衣類等を消毒する場合は、約0.05パーセント濃度の
希釈液を使用します。





◎使用するときの注意事項
有害ガスが発生するため、酸と混ぜて使用しないでください。
使用する際は十分に換気してください。
手指の消毒には絶対に使用しないでください。
漂白作用があります。容器の使用上の注意を確認してください。
商品により塩素濃度が異なるので表示などを確認してください。
希釈したものは時間が経つと効果が減っていくので
その都度使い切りましょう。
希釈したものをペットボトルで保管するときは、誤飲しないよう
容器に目立つように薬品名や濃度を記入しておきましょう。
原液、希釈液ともに、光を遮り、直射日光の当たらない場所で
保管しましょう。
危険なので、子どもの手の届かないところに保管しましょう。



次亜塩素酸ナトリウム液は使い方を間違えると効果がなくなる
だけでなく、思わぬ事故につながることがあります。
用途に応じた希釈や使用、保管時の注意事項を守りましょう。

様々なものが買いだめ等で買えない状態でありますが
この時期、なんとか乗り切らなければなりません。

メガネのセンリでも政府や大阪府から要請があれば
しばらく閉店しなければならない状況も想定されます。

ですが メガネは生活必需品
度数の強い方にとっては無くては生活できないものです。

何とかならないかと考えていますがこればかりは
先が見通せません。

また何か動きがあればホームページや店頭でご案内いたします。


《なかお》


コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新記事