スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > お店の印象をカタチづくるもの。

お店の印象をカタチづくるもの。

2019年12月14日

千里中央店

ツイートする

こんにちは。


寒くなってきたので先日アウターを探し求め梅田へ。

訪れたのは 11月に出来たばかりの『LINKSリンクス梅田』



ヨドバシ梅田に隣接する形で商業施設は地下1階から8階まで。これまでのヨドバシカメラの施設も含めてリンクスと呼ぶようで、各フロアこれまでの施設と行き来もできます。

地下1階には気軽にお酒や食事を楽しめる解放感・雰囲気のある『美味しいもの横丁』





異彩を放ってたのが大阪堺にある包丁の専門店『實行(じっこう)刃物』
僕も含め多くの方が足を止めてらっしゃいました。見せ方・デモンストレーションがカッコイイ。



雑貨店『flan flanフランフラン』は宇宙(UFO)をコンセプトにしたユニークなお店を展開、ワクワクする店舗レイアウトに商品構成…一見の価値ありです。





最上階にはお値段以上『ニトリ』もあるようです。ここはスルー(笑)。

梅田にまた新しいスポットが出来たのは消費者としては喜ばしいことです。



さて。

新しい店舗を見ていて感じたことがあります。

惹かれるお店に共通して言えること。それは商品はもちろんですが、店舗のレイアウトやディスプレイがとても魅力的であるということ。

そしてこれが1番大事だと思うんですけど…

陳列や清掃、店内POP店の隅々にまで利用してくださるお客様への気配り心配りがが行き届いていると感じられること。

商品を綺麗に見てもらおう
商品の特徴であるココを見てもらおう
商品をこういう風にディスプレイしたらお客様がわかりやすいんじゃないか、楽しんでもらえるんじゃないか…

そこのお店で働く人の「商品に対する思い」「お客様に対する思い」が込められています。

非科学的だと笑われるかもしれませんが、そういう思いってきっとお客様にも伝わる。

お店の印象をカタチづくるもの…それは目に見えないものだったりする。

少なくとも僕はそう信じて、店では掃除をしたり商品を店頭に並べています。

そんな思いが店全体のシャンとした空気感を作り出してるような気がしていて。




またお客様は店の外から驚くほどそこで働くスタッフの様子を観察されてます。
入店しようとしていたお客様も店員の雰囲気や態度で瞬間的に判断し踵を返すこともあるでしょう。
だからそこで働く販売員は自分自身も常に見られている…自分の仕草や表情が店の印象を大きく左右する…そう意識して店頭に立たなければいけません。

お客様をお迎えする前の、そういう準備の仕事のひとつひとつ(before service)にまで気持ちを込めることが出来なければ、実際お客様を目の前にしてキチンと気持ちを込めることなど出来ないと思っています。





丁寧に。
心を込めて。




《ウエノ》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新記事