スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 本のお話

本のお話

2018年08月27日

南千里店

ツイートする


八月十五日に吹く風
松岡圭祐

戦史に残る、大規模撤退作戦が今日の日本を築いた。

戦後、日本は平和と発展をてにした。

じつは戦時中、日本人みずからが理性を証明していた。

野蛮な存在でないとアメリカに認めさせていた。

この撤退以前の日本は、アメリカにはこう思われていた。

日本兵分析結果五項目、

〈 人命軽視 〉
〈 不条理な戦死の目的化 〉
〈 同一戦法への固執 〉
〈 想定外の事態への対処能力欠如 〉
〈理想や願望と事実との混同 〉

軍の上層部に人道主義への目覚めがあった、終戦より早く、

それは着実に広がっていった。

1943年、北の果てキスカ島での救出劇、日本は人道を貫き

5,200人の兵員を助けた。

日米双方の視点で描く感動の物語。

《 フジイ 》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新記事

アーカイブ