スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

蓮(ハス)

2019年07月12日

南千里店


お店を訪れて下さるお客様情報で、

佐竹台公園・菩提池の「蓮(ハス)」の花が

今年は例年以上に見事だと教えていただきました。


早速、通勤途中に立ち寄ってみました!!

ご覧のように清楚なピンクの花がたくさん咲いております。




犬を散歩中のおじさん、グループでウォーキング中の方々、

ご近所の友人同士の皆様・・・大勢の方が見に来られておられます。





心地よく吹く風が、通勤途中だということを忘れさせてしまいます!!



こちらの菩提池は”カワセミ”が住んでいることでも有名です。

私も何度も見かけてはおりますが、いざ写真を撮ろうと近づくと

勿論気づかれてしまい、飛び立たれてしまいます。


携帯カメラではなく、立派な望遠付きのカメラでないと無理。

時々マニアの方が遠くからシャッターチャンスを狙っておられます。




さて皆様、「蓮(ハス)」と「睡蓮(スイレン)」の

違いご存知でしょうか??

どちらも良く似た”花”や”葉”のようで、水辺で咲いております。

ご覧になられてすぐに正確にお答え出来ますか?

フッと思ったものだから、この機会に勉強をしました(笑)





蓮(ハス)

* 一番わかり易いのは葉っぱの形:葉っぱに切れ込みがない。

* 水面より高いところに茎が伸びて花が咲きます。

* 葉っぱには撥水性があり、水玉になる。















睡蓮(スイレン)

* 葉っぱに切れ込みがある。

* 水面に葉が浮き、水面で花が咲く。

* 葉に撥水性はない。




ハスとスイレンの共通点

* どちらも水底の土や泥に根を張ります。

* 日中は花が咲き、夕方になると閉じます。

* どちらも花の開閉の時間は少し異なりますが、

      開閉を3日繰り返して花の寿命は終わります。

  



*睡蓮(スイレン)の名前の由来


花が日中(開く=目覚める)・・・夜(閉じる=眠る)ので

「睡眠する花」=「睡蓮」と名付けられたという説がありますが、

私はこの説に納得します・・・

しかし、蓮(ハス)はよく分かりません?






以上をこの機会に勉強しました!!

私はすぐ忘れてしまうかもしれませんが、

賢者の皆様は”うんちく”として覚えていただき

どこかでご披露して、博識ぶりを褒めてもらってくださいね(笑)



昔から季節が来れば身近に咲いてる花ですが、

気にも止めないで只通り過ぎていた「ハス」・「スイレン」の花・・・

素敵な花をこの機会に是非・好きになって下さいね!!




          《タケナカ》







カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事