スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

「あっという間」

2018年10月31日

千里中央店

皆様こんにちは。


早いもので、あと2ヶ月で今年も終わりですね〜
毎年書いている気もしますが、本当にあっという間に1年が過ぎていきます(>_<)


気が付いたらいつの間にか紅葉の季節となっておりますので、本日は紅葉に関するイベントのご紹介です(笑)


“万博記念公園紅葉まつり”



期間:平成30年11月3日(土曜日・祝日)から12月2日(日曜日)まで
※期間中は無休です。
場所:万博記念公園内日本庭園・自然文化園「紅葉渓」


10月30日(火)昨日時点での紅葉状況はイチョウが一足先に見頃をむかえており、それ以外は全体的に色付きはじめとのことです。


以下は昨日撮影された紅葉状況です。








紅葉スポットはこちらになります!



日本庭園、自然文化園あわせて約20種、1万本の樹木が紅葉するそうです。


また普段は公開されていない日本庭園にある「汎庵・万里庵」ですが、毎年この紅葉まつりの時期と、梅が咲く春先の季節だけ特別公開されているそうです。


モミジ(イロハモミジ、ヤマモミジ)をはじめ、プラタナス、ラクウショウ、イチョウ、トウカエデなど、数多くの紅葉木が日々刻々と赤や黄色に変化していく美しい秋を満喫してみられてはいかがでしょうか。







《マスヤマ》

『新しい仲間たち』

2018年10月30日

千里中央店

千里中央店に新入りが入りました。(笑)



南千里店では以前より店頭で水槽を置いて熱帯魚を飼っていたのですが



今回南千里店よりおすそ分けをいただいて正面ウインドウに展示しております。



水槽の中にはグッピーと小さなエビが入っております。



扇のような形の尾びれをはためかせて泳ぐグッピーは愛らしくも美しく、熱帯魚の代表格としてゆるぎない人気があるそうですね。



設置して少したつので慣れてきたのか餌やりの時に水面まで上がってくるので可愛らしいです。


グッピーは活発にえさを食べていますが、エビの方は水草にかくれていて怖がっているのかエサが中々あたらないようです。






そのうち慣れて一緒に食べるようになるでしょう。




少し見え難いのですが設置してすぐに生まれたらしい赤ちゃんグッピーも数匹泳いでいます。










ご来店の際には可愛い新しい仲間たちを是非ご覧くださいませ。


                               【ハマチャン】

本のお話

2018年10月29日

南千里店


蜂に魅かれた容疑者
大倉崇裕

警視庁いきもの係

警視庁総務部総務課動植物管理係の須藤と薄のコンビがおもしろい。

須藤の恩人である、鬼頭管理官が組織的な犯罪を暴かれつつあった

新興宗教団体の信者に銃撃され警視庁が緊張に包まれた時

須藤は何も出来ない。

そこへ捜査一課でライバルだった石松警部補が仕事を持ち込む

石松警部補の依頼は、蜂にまつわるトラブル調査だった

ここで薄の人間以外の生物学の知識と実務経験を生かし

また須藤は捜査一課での経験を生かし

二人で真相を究明してゆく。

《 フジイ 》

千里キャンドルロード2018

2018年10月28日

メガネのセンリ

昨日27日に、吹田市の千里北公園にて第七回「千里キャンドルロード」のイベントが開催されました。



元々このイベントは、千里まちびらき50周年イベントとして千里南公園にて「千里キャンドルロード」が催されたのが始まりです。

千里ニュータウンの人口と同じ9万個のキャンドルを使った、光のアートイベント。竹あかりで公園を幻想的にライトアップしたり、「あかりアート」の作品展示、音楽コンサートなどがあり、年々ボランティアやスポンサーが増えていき、千里を代表するイベントに成長していきました。

七回目を迎える今年のテーマは

“ 希 望 ”

 未曽有の天災に見舞われた2018年。なかなか思うように生きていけない世の中。一人では途方に暮れてもみんなで支え合えば乗り越えられるはず。

 人とつながり、住む街を愛し、子供たちに未来を託す、そんな世の中になるように願いを込めて、千里キャンドルロードを開催しています。


 今年は7回目、7羽の青い鳥が会場にいます。探してみてください。

 1羽、2羽、…7羽目はきっと、あなたの心の中に、大事な人の瞳の中に見つかるはずです。

 青い鳥が導く先は希望に満ちた未来。千里キャンドルロードからみんなへ希望の光を届けましょう。













会場内の光の青い鳥





暗闇の公園内に淡く照らし出された光の道・・・幻想的です。



当メガネのセンリはロイヤルスポンサーとして千里キャンドルロードを応援しております!




公園内の池上に揺れ動くキャンドルの光。更に幻想的です。

企画、運営された千里キャンドルロード実行委員会の皆様、当日参加されたボランティアの皆様、素敵なイベントをありがとうございました!

ひとり散歩。

2018年10月27日

千里中央店

こんにちは。



休みの日の夕方…晩ごはんまで時間もある。
腹を減らすべく、あてもなく近所をプラプラ散歩することにした。

動きやすいようにジャージに着替え、イヤホンからはMr.Childrenのアルバム『重量と呼吸』を鳴らし、玄関を出て歩き出す。

毎日通勤で見てるはずの景色も少し違って見えたり、いろんな気づきがあったりするから不思議だ…
普段いかにゆとりが無いかだな…(笑)



しばらく歩いて天竺川沿いのフェンスの側に咲いてたオシロイバナに目をやると…



種ついてるやん…懐かしい…
小学校の頃のある記憶が蘇る…
仲の良かった友達と下校時にオシロイバナの種を競って取ってたっけな…何故あんなに夢中で取ってたのか理由は思い出せないけれど。



気づいたら服部緑地公園近くまで来ていた。

そこでの光景に目を覆った。





小さい頃からいつも目にしていた大きな木が根っこから倒れていたから。
9月の台風の影響がこんなところにも…
なんだか寂しくなった。



運動広場に行くとサッカーをやっている学生さん達に遭遇。



しばらくその様子を見ていた。
もう40半ばの僕には学生さんのように動くことは出来ないけれど、イメージだけは膨らんでくるから我ながら始末に悪い。

サッカーは見てるだけでも面白い…でも無性にボールを蹴りたくなったりもした。(←やめとけ)



広場を後にして円形花壇を通り過ぎ、久しぶりに緑地公園駅の方に行ってみることに。

高校を卒業して1年間、駅の側にある予備校に通っていました…要は浪人生をしていました。

人生振り返ってみても一番勉強をしたであろうこの時期…しんどい時期でもあったけど、この時期を過ごした事も間違いなく現在の僕の血と肉となってるに違いない。



久しぶりに見る学校はエントランスが少し豪華になった気はするが基本的には変わってないようだ。

自分が一時期を過ごした施設が25年経っても今も変わらずそこにある…そのことに喜びを感じた。



陽も随分暮れてきた。

お腹も空いてきた。

今日は鍋だと言ってたな。

そろそろ帰るとするか。





皮膚呼吸して 無我夢中で 体中に取り入れた
微かな酸素が 今の僕をつくってる そう信じたい

【 Mr.Children 皮膚呼吸】



今度はどんな自分に会えるだろうか…

ひとり散歩も悪くない。



《ウエノ》

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事