スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

本のお話

2018年05月06日

南千里店



いのちの姿 ( 完全版 )
宮本 輝

10年間のエッセイ集

宮本輝の小説家としての原点がここに

【 パニック障害がもたらしたもの 】

25歳の5月に、突然、得体のしれない精神性の疾患に苦しむようになる。

電車の中で突然発症、『 耐えられないほどの不安と恐怖がせり上がってきた 』

『 眩暈と耳鳴りがして、不安感はさらに強まり、動悸が頭の芯にまで響き始めた 』

いろんな病院で診てもらうが症状は悪くなるばかり

会社を休んで、設備の整った大きな病院の内科へ行った。

若い医師は、脳波、心電図、胸のレントゲンなどの検査をして、

『 どこも異常なし。小学生でもひとりで電車に乗って学校へ行ってるがな 』

『 気の持ちよう 』みたいな事を言われ

『 気の持ちようや。電車に乗るくらいが何やねん、俺は根性があるんや 』

心の中で繰り返した。

満員電車に乗る寸前から根性なんかどこかへ行ってしまい、

車中で、全身脂汗だらけになるほど不安に、もう今度こそ死ぬ、

と思うほどの烈しい不安と恐怖で歩き出せなくなる。

そんな時、本屋で立ち読みをしていて、自分ならこれの百倍面白いものが一晩で

書けると思いながら本を戻した。その瞬間小説家になろうと決める。

小説家になったら、電車に乗らなくて済む。毎日、家で仕事ができる。

家族を養って行くにはこれしかない。

数々の面白い作品を生み出す根源を見せていただきました。

《 フジイ 》

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新記事