スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

かんずり

2018年04月19日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

いつも当店をご利用いただいている常連のお得意様が
メンテナンスに来られお待ちの時間、たくさんお話ししました。

「メンテナンスに来たけど、せっかく出てきたので
 ついでにいっぱい買い物もして帰らないと。
 普段売ってなくて、ここまで来ないと買えないモノもあるので」 と。

「ここでしか買えないものってなんですか?」 と聞き返すと…



かんずり
という調味料を教えていただきました。

特別豪雪地帯にも指定されている新潟県妙高市には、
そんな寒い冬の料理にぴったりな調味料があります。
昔からこの地に伝わる伝統調味料「かんずり」です。
完成までに4年はかかる唐辛子の発酵香辛調味料で、
食通にはファンも多く、
「西の柚子胡椒、東のかんずり」と言われているのだそう。


「かんずり」とは、漢字で「寒造里」と書き、「寒づくり」が由来。
冷え込みが厳しい時期に自家製の唐辛子を雪の上で
「寒ざらし(雪さらし)」にすることであくを抜き、甘みを引き出し
柚子や糀(こうじ)などと混ぜて発酵させたもの。




けっこう長くお話を聞いてしまいました。
以前より愛用され、最近では置いているスーパーは
減ってしまったそうです。

その場はメモをして、さっそく探しに行ったのですが
なかなか見つからない…

お客様もさぞ探されたのでしょう。
やっと見つけたら表紙には大好きな戦国武将の名が!

戦国最強とも称される越後の上杉謙信です。
旗印の“昆”の文字も!
その謙信が寒い時期に兵士の体が温まるようにと、
かんずりを陣中糧食にしていたとも、
またはかんずりを直に体に塗って防寒していたとも
いわれているのです。



実際の使用法としては、
焼肉などのタレに入れたり…
焼き鳥などに直接乗せたり…
いろいろアイデア次第だそうです。

お客様、特に年配のお客様には
いつも教えてもらう事ばかりです。

メガネ屋という職業ですが、これは役得ですね。


《なかお》


カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新記事