スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

彦根城の桜

2018年04月13日

南千里店


桜、散っちゃいましたねぇ〜〜

桜は、1週間から10日間くらいの儚い命です。

だからこそ、そこに日本人は思いを馳せるのでしょうかね!!





散っちゃったけど、本日の話題は今年最後の「花見」の話 (笑)



最後は『 城と桜 』の見納めで、『 国宝・彦根城 』行って来ました。

お城フェチの私としては、やっぱ、これでなくっちゃ〜〜

姫路城・松本城・犬山城・松江城とともに、国宝に指定されてる名城!!




8時出発予定がちょっと遅れて8時半、我が家を出発・・・

2時間足らずで行けるはずが、名神高速渋滞のため11時到着!!



もはや、いっぱいの人出です。焦ります・・・



最初に目についたのがお堀端の桜、

お堀の周りを、ず〜っと桜並木が続きます。


ご覧のように、お堀から桜を愛でようという屋形船も運行されています。



こちらでは”桜の花筏”が見事です!!





・・・が、気持ちは天守閣に行ってますので、先ずは「天秤櫓」へ・・




雑誌やテレビの時代劇に時々出てきますので皆様ご存知かな??

こちらの天秤櫓は、近くの長浜城から移築されたそうです。





こちらの”橋”も有名です。

戦が始まり、いざとなったらこの橋を壊して、敵の侵入を防ぐことも・・




いよいよ、”天守閣”。 天守は「大津城」からの移築だそうです。

彦根城の歴史を語るととても長くなるので、また別の機会に・・・



天守閣からは「琵琶湖」が望まれ、遠く「伊吹山」も見えて、




爽やかな、いい空気感が漂っています。




如何でしょう!!

・・天守閣と桜・・、うまく写真が撮れたと思われませんか??






彦根城と言えば”ひこにゃん”というマスコット・キャラが有名ですが

本日は登場時間が合わないので、残念ながらお目にかかれません。

・・・が、前回来た時に天守閣の下で出会えて

記念写真も撮らせていただいたので、今回は我慢しましょう!!




天守閣の桜を堪能した後は、

楽々園(らくらくえん)と、玄宮園(げんきゅうえん)のお庭探訪・・・



楽々園は、玄宮園とともに彦根藩4代藩主「井伊直興」により建立された

二の丸御殿だそうです。

現在は庭園部分を玄宮園、楽々園を御殿と呼んでいるようです。

玄宮園は池泉回遊式の大名庭園で、江戸時代初期の庭を現代に伝える名園。





一番最初にこのお庭を散策した時に、”詩吟”のグループの方々が

遠くにお城を見ながら、詩吟を吟じていらっしゃいました。

お城・日本庭園の景色と相まって、不思議な感じだったのを、

妻と共に今も鮮明に覚えており、思わずその時の話題に・・・(笑)




”お城と桜”をゆっくりと楽しんだら、お腹が空きました。


お堀の外にある『夢京橋・キャッスルロード』へ・・・



白壁と黒格子の町家風に統一された街並みで、

江戸時代の城下町の風情を醸し出した、観光用街並みです。




建物は古いイメージにして、売ってる品は現代風の物が多いですが、

ここは滋賀県、「近江牛」の地元です!!!

近江牛の焼肉屋さんや串焼きのお店は”若者たちが行列してます。

私たち夫婦は、和食のお店を選びました。歳やもんなぁ〜〜(苦笑)







満腹したから帰ろかぁ〜〜


帰路に就きましたが、帰り道にもう一つの目的がありました。

その様子は次回のブログでアップさせていただきます。



          《タケナカ》




カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新記事