スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

今年も楽しむ。

2018年01月06日

千里中央店

こんにちは。



あけましておめでとうございます。
今年も店頭でブログでみなさんに笑顔になっていただけるよう日々ベストを尽くして頑張りますので何卒宜しくお願い申し上げます。



それにしても。


年末年始、我ながら、毎年の事ながら、よく飲んだなぁと。


2日の晩は、実家で家族10人で恒例のかに鍋を囲みます。ビールで乾杯、そしてただひたすら蟹を喰らいます(笑)
老いも若きも…(笑)


かにの旨みがでた雑炊は、それはもう最高でした。





かに鍋のあとはおせちをアテに、レモンやグレープフルーツ、シャルドネや紅ほっぺ(苺)など様々な味のチューハイを飲みながら、会話を楽しみました。



話題は『箱根駅伝』。


青山学院大の4連覇のかかった大会、今シーズン、出雲駅伝、全日本駅伝で優勝を逃した青山学院大が果たして、優勝できるのか。


この日は往路1区から5区まで。


この日は1年生の活躍もあり東洋大が1区から5区までトップを譲ることなくゴール、2位には36秒差で青山学院大という、次の日の復路が早くも楽しみな展開。



青山学院大を率いる原監督の指導は他とは一線を画します。厳しい練習を課してはいるものの基本的に選手個人またはチームで考えさせて自発的にトレーニングをさせる。食住をともにする寮生活の中でもそれぞれが役割を担い責任感と一体感を作り出しています。


一方でそれをいかに楽しんでやるか。


そこをかなり重視している。
今年の作戦は「ハーモニー大作戦」っていうらしい。東洋大のスローガン「1秒を刻め!」と比べるとすごく好対照。



どちらが正解ということはないと思うんだけど、ストイックなだけでは限界があるような気がしています。


そこに楽しむという要素をプラスすることで、結果「余裕(ゆとり」」ができることで、プレッシャーのかかる場面でもより力が発揮できるのかなと。


3日の復路では6区の山下りで青山学院大の3年生の小野田選手が区間記録に迫る快走で前を走る東洋大の選手を抜き去りトップに。





7区以降も安定した走りで後続を引き離し余裕の優勝、見事大会4連覇を成し遂げました。


ただ走ってるだけなんだけど、目が離せないし、応援したくなる。その背景には様々なドラマがあったりして。
大学駅伝面白いよねーって話しで盛り上がりました。






3日の日は厄払いの時から5年連続で訪れている門戸厄神に初詣に。





午前中は雨もパラついていましたが、1時前に到着した時にはいいお天気。



【左が僕が書いた護摩木、右が息子】


今年も一年良い年になりますように、お祈りしてきました。


みなさんにとりましても良い年となりますように。



【おみくじは吉、微妙…(笑)】



今年の僕のテーマは『エンジョイ大作戦』です…数年前の青山学院大の作戦をそっくりそのままいただきました(≧∀≦)(笑)。


今年も、こんな僕を、そしてメガネのセンリを宜しくお願いしますm(_ _)m



《ウエノ》



カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事