スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

次世代液晶メガネ!?

2017年10月16日

南千里店

先日開催された国際メガネ展(IOFT)で、三井化学が次世代アイウエアの液晶レンズ組み込み式メガネを発表、プロトタイプを日本初展示を行いました。

『TouchFocus™』と命名されたこの次世代アイウエアは、電子回路がフレームに内蔵されており、フレームサイドのタッチセンサー部に触れて電源をONにすることで、液晶レンズが作動し、瞬時に遠近の切り替えが可能だということです。
また省電力バッテリー駆動なので充電が容易だということです。

このTouchFocus™は、来春を目処に限定したメガネ店の店頭にて、世界に先駆けて国内における販売をスタートする予定とのこと。(販売価格は今のところ未定です。)

実際に動作している動画を見たのですが、要するに液晶レンズ下部の一部分が度数変化するというもので、遠見近見と視線切り替えが多い方にはまず向かないのかなと思ったのと、液晶だということがネックにならないのかなと思います。要するに液晶強度の問題ですね。更に乱視の場合はどうなのとか、レンズのみの交換は可能なのかとか・・・まあ色々と・・・

こういうアイウエア型ウエアラブル製品は、視線認識機能がやはり大きなアドバンテージを握るのではないでしょうか。視線と対象物までの距離をレーザー測距して目線の先の度数を変化させるようなメガネなら、夢のような使い心地になるのでしょうけれど・・・^^

《タカダ》

映画のお話

2017年10月15日

南千里店

僕のワンダフル・ライフ



素晴らしい作品でした。

犬好きな方必見です。

最愛の飼い主に会うために、50年で3回も生まれ変わったベイリー。
全ての人を笑顔に変える、犬と人間の極上のラブストーリー。

原作者は、愛犬を亡くした試練を乗り越えようとしていた恋人のために
書いた小説との事

愛犬との深い絆

愛犬との思い出

何年たっても忘れられない

今から50年くらい前に私も犬を飼っていました、
小学6年の頃、新聞配達を二級上の子と始めたのですが
その子がすぐに辞めてしまい、私一人で配るようになった時
心強い相棒がこの愛犬 【 ハチ 】でした。

映画の後、この愛犬のことを懐かしく思い浮かべました。

そんな時この映画のように又出会えたら最高でしょうね

《フジイ》

杉下右京とリンドバーグ7。

2017年10月14日

千里中央店

こんにちは。



来週の水曜日からいよいよドラマ『相棒16』が始まります。





水谷豊さん演じる杉下右京の相棒は今回で3シーズン目となる反町隆史さん演じる冠城亘(かぶらぎわたる)。


これから二人の関係がどうなっていくのか、より理解を深めていくのか、相反してしまうのか…目の離せない展開です。


と言うのも、これまではseason.7の途中まで寺脇康文さんが演じた亀山薫以外、season.8から10まで及川光博さん演じた神戸尊、season.11から13まで成宮寛貴さん演じた甲斐享…3シーズンで特命係を去っているからです。



僕の中ではやっぱり亀山薫が一番、もう一度二人の相棒姿を見てみたい。


長く続くドラマですから新鮮さを保つ意味でもキャストの交代は必要なのでしょう。
ただ、ようやく息があってきた時に交代と言うのも少し寂しい気がしないでもありません。


今シーズンの最後でどうなるかは、まだわかりませんけれど。


『相棒』ファンとしては、前回の甲斐享の最後のような、無理のある展開だけは避けて欲しいと願っております。







さて。


ドラマの中で水谷豊さん演じる杉下右京がseason.1からずっと愛用しているメガネ。



LINDBERG adani 48 10/10/10 49,000yen+tax


デンマークのブランド『LINDBERG リンドバーグ』のair titanium rim(エアーチタニウムリム)のadani(アダニ)というモデル。


この時期になると毎回ご紹介させていただいてましたが、もしかすると今回のご紹介が最後になるかもしれません。


なぜなら、このモデルは今年の3月31日をもって製造中止となり、新たに注文が出来ないからです。


「じゃあなんで紹介するんだよ!!」そんな声が聞こえてきそうですが、このブログをアップする今現時点で、奇跡的にひとつ杉下右京モデル(adani 10/10/10 チタン無垢)が店頭に在庫としてあるからなんです。


軽い、しなやかで強い、シンプルで上品。
特にこの10番カラーのチタン無垢は最強だと思います。


我こそは杉下右京だ!!官房長っ〜〜!!
そんな方にぜひお届けしたいと考えております(笑)。


…冗談です(笑)。
どなたでも気に入っていただいた方にお求めいただきたいと思っております。


ひとつしかございませんので、申し訳ごさいませんが早いもの勝ちです。
「僕としたことが…」そういって後悔しないように、気になる方は早めにお問い合わせくださいませ。





《ウエノ》



清住コスモス園

2017年10月13日

南千里店

秋です・・毎年このシーズンはコスモスを見に行くのが定番。



そこで今年は、『清住コスモス園』へ行ってみました!!!

兵庫県丹波市氷上町清住にあります。







「達身寺」というお寺があり、そちらに車を駐車させていただき、

”町おこし”のために地域の方々がお世話をなさっている受付で

1人300円を支払いますが、駐車料金は無料でした。







達身寺の門前に広がる農地の24haを3回に分けて転収作している

うちの、今年は7ha(甲子園球場の1.8倍)の休耕田を利用してる。

通常のピンクや紅色のコスモスの他に、黄色・オレンジ・白色や

花びらが八重になったり1枚の花びらが2色だったり・・・

品質改良により、今まで見たことのない花が咲き乱れています!!

コスモスにこんなに種類があったなんてぇ〜〜







余談ですが・・・今回初めて知ったのですが、

コスモスって日本古来の花じゃあ無かったんですね。

みなさまはご存知でしたか??

原産は「メキシコ」なんですってねぇ〜〜




メキシコの高原に咲いていた花をスペイン人が見つけて持ち帰り

ギリシャ語の秩序・調和・美などの意味からコスモス(kosmos)と命名し、

その後、種子がスペインからイタリアにも渡り、明治9年(1876)には

イタリアの先生が日本に持参して広まったと言われているそうです。

明治末期には全国に普及、各地で栽培されるようになったと

あちこちネット検索をすると記されています。






「清住コスモス園」では、一面どこまでも続くコスモス畑ではなく、

緩やかに山の斜面に向かって段々畑のように一枚一枚の田んぼに

いろいろ種類の違ったコスモスを植えてあり、カラフルです。

その田んぼの畦道を・・・右を見たり左を見たり・・・楽しいです!!



広い園の真ん中には山から流れてくる川があり、せせらぎの音が聞こえ、

所々に”栗の木”や”ススキ”が見られ、コスモスの色鮮やかな絨毯と共演・・

蜜を求めた”蝶”もやって来てますし、秋茜も飛び交っています。





秋満載です・・・心癒されます・・・ホッとします。

育った田舎を思い起こさせます。いつも秋はこんな景色だったなぁ〜〜と。


千里ニュータウンの団地やマンションに囲まれて生活していると、

こんな風景が懐かしくって・・・





凄く楽しく素敵な ”町おこし” の企画だと感じました。

お世話をなさる町の方々は大変だろうと思いますが、

散策なさっている皆様の笑顔を見ると、報われると思います。

この里は、秋はコスモスですが春は”カタクリの花”で有名だそうです!!

次回はカタクリの花、見に来るぞぉ〜〜






しかし、丹波市はちょっと遠いなぁー

高速使ったら良かったけれど、地の道で行ったものだから・・・

自宅から片道2時間以上かかってしまったよぉー

でも、そんな思いをしても今回は見る価値があった。(笑顔・笑顔)



          《タケナカ》

眼鏡碑祈念祭

2017年10月12日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

10月10日は一年中で一番、記念日が多い日だそうですね。

その中でもメガネ屋に最も馴染のあるのが

目の愛護デー

毎年10月10日に“眼鏡碑祈念祭”がおこなわれており
大阪の眼鏡関連団体の皆様と住吉大社へお参りに行ってきました。







店頭でお客様よりお預かりした古いメガネに
感謝の気持ちを込めてメガネ供養をしていただきました。



毎年、10月にメガネ供養を行っています。

自分の愛用した古いメガネ、故人の使っていたメガネ等
思い出のあるメガネはメガネのセンリにて
お預かりしています。

今月お預かりする分は来年のメガネ供養になりますが
どうぞご遠慮なく申し付け下さい。


カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新記事