スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

千里キャンドルロード2017 予告

2017年10月26日

千里中央店

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

毎年、恒例となりました
千里キャンドルロード2017

ことしは千里中央公園にて来週開催予定です。



毎回楽しみにしているイベントで弊社も協賛しております。

2012年「千里ニュータウンまちびらき50年」事業の一つとして
第1回目の千里キャンドルロードの計画が始まり
今年で5回目です。

千里中央公園を会場に、千里ニュータウンの人口と同じ
9万個のキャンドルに灯をともし、子どもからお年寄りまで
楽しめる参加型の光のアートイベントです。



今年の千里中央公園 会場イメージが発表されました。

平成29年11月3日
開催です。

メガネのセンリ千里中央店をスタートして
普通に歩いて10分、キャンドル並木を見てゆっくり歩いて30分の
距離にある千里中央公園が開催場所です。

メガネをご使用の方はメガネのセンリにて
メンテナンスをしてから行くとちょうど良い感じです。

好天を祈りながら皆様のお越しをお待ちしています。

千里キャンドルロード公式HP

↓去年キャンドルロード2016の様子です↓






«なかお»

「今月いっぱいです!!」

2017年10月25日

千里中央店

皆様こんにちは。


メガネのセンリ両店舗で開催しております、“パーフェクトペアキャンペーン”が残すところあとわずかとなっております!!






靴も季節や目的、その日の服装に応じて履き替える様に、用途に応じてメガネも使い分けたい!

そうお考えのみなさまにとてもお買い得なキャンペーンとなっております!!


【キャンペーン内容】
1組目にニコン・エシロール社製の遠近両用レンズをお選び頂いた方を対象に、2組目に同社製の中近両用レンズ・近近両用レンズ・遠近両用サングラス・遠近両用スペアレンズをお選び頂いた場合、2組目のレンズを※50%OFFにてご提供させていただきます!
※ただし、遠近両用レンズを2組目にお選び頂いた場合は、1組目及び2組目のどちらかのレンズの価格が下回っている方を50%OFFと致します。
さらに、キャンペーン割引はご本人様に限り有効と致します。



一日の生活の中で、目は様々な距離の物を見ています。
メガネのセンリがお客様のライフスタイルに合ったレンズをご提案させていただき、
より快適な視生活をサポートさせていただきます。
店頭での見え方体験や、ご相談だけでも喜んで承ります。
開催期間が10月31日までとなっておりますので、ご興味のある方はお早めにご来店くださいませ!!



《マスヤマ》

『台風21号』

2017年10月24日

千里中央店

この度の大型台風21号により被害を受けられた皆さまには、心からお見舞い申しあげます。

一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。 



台風21号 大阪も久しぶりに強風と大雨でしたね〜。



海外でも『スーパータイフーン』と言われて報道されていたそうです、台風の目もハッキリ出ています。



河川の氾濫や


土砂崩れ





あらためて自然の恐怖を感じました。











気分を変えて入荷商品のご紹介を・・・



マコト眼鏡さんの歩




2017春発表の秋モデルが入荷してきております。

046 col.7098 (ブラック/グレーツートン) ¥33,000+税



047 col.7097 (ブラック/ブラウンツートン) ¥33,000+税


AYUMI 046・047は、AYUMI-R (レギュラーシリーズ)に属しております。
− AYUMI-R (レギュラーシリーズ) ―
職人の手仕事による、究極のカッティングを追求したシリーズ。
重量バランスに配慮したカッティングが施されているため、見た目よりも軽いのが特長。
見る角度によって、表情が変わる眼鏡。

どちらのモデルも、つるの部分には独特な光と影の模様を施してありますので。
見る角度によって表情が変わります。


歩フレームでも少ないツートンカラーぜひ店頭にてお試しくださいませ。




【ハマチャン】

大エルミタージュ美術館展〜オールドマスター西洋の巨匠たち〜

2017年10月23日

南千里店

17日に兵庫県立美術館にて開催されているエルミタージュ美術館展へ行ってまいりました。
県美は今年3回目の訪館です。




このところ数日雨が続いており、この日も朝まで雨が残っていたのですがちょうど出かける直前に雨がやんでラッキーでした。
しかし、最高気温17度は寒い・・・一枚多めに着ていって正解でした。


入り口通路にはお馴染みのアートキューブが。今回は表はクラーナハとティツィアーノです。


いつもの展示物ブースでは、今回戴冠式のローブを着たエカタリーナ2世になりきり写真撮影コーナーです。

何組かの女性がここで頭に冠を載せて写真を撮っていました。インスタ映えしますし。
私もここで写真を撮っていたら何人かの女性が1人で写真を撮っていましたので、「エカテリーナになる機会なんかなかなか無いですから一枚撮りましょうか?」と声をかけたら恥ずかしそうにじゃあ・・・と言われて、その流れで後も何人かの写真を撮りました^^まあ、せっかくですからね。

さて、今回の大階段上はどうなっているのか・・・

エルミタージュ美術館でも特に有名な場所、大使の階段の大きなタペストリーが飾られていました。

大使の階段は、エルミタージュ美術館が当時は冬宮として使われていた際、ここから各国大使など外国使節が入場し、この階段を昇って皇帝に謁見したのです。
このタペストリーは、エルミタージュ美術館展への入り口としてはもちろん、私達が荘厳にして華麗なオールドマスターたちに『謁見』しに行くという意味合いが込められているのでしょうか。
そうそう、“エルミタージュはフランス語で「隠れ家」の意味を持ちます。

エカテリーナが密かに収集した数々の名画を極親しい人々だけに見せた秘密の隠れ家・・・

その一端をご紹介いたします。
長いのでご興味のある方は右下の続きを読むクリックして下さいね^^

続きを読む

本のお話

2017年10月22日

南千里店

フォルトゥナ の瞳 百田尚樹



満員電車の中、残業で疲れやっと座る事が出来た
正面に立ってる男を見ると
吊革につかまる男の手が透けて見える

目が疲れているせいだな、と思いしばらく目を閉じてから
もう一度男を見るとやはり透けていた。

その後も透明人間を何人も目にする
やがて透明人間は確実に死んで行く事を知る

病院に行き、入院患者及び外来と観察すると
人の運命を自分が変えられる事に気づきます。

公園で子供を助け、その後も何人か助けるが
その後で、ひどい頭痛や胸が痛む事に

見て見ぬ振りをすれば長生き出来るが

正直な男が描かれてました

《フジイ》

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新記事