スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

丹波市・川代公園

2017年09月29日

南千里店



如何ですか?? 見事な渓流の景色でしょう!!!





今の時期・・・遊びに出かけるには中途半端な季節ですね。

まだまだ紅葉のシーズンではないし、秋桜もまだ早い・・・

でも天気良さそうなので、どっかお出かけしたい!!

そんな時はネット検索開始・・・



丹波篠山地方、「松茸」も「黒豆」も「焼き栗」もまだ・・・

ん・・・丹波のもう少し先になんか面白そうな公園が??








そこで見つけたのが上記の写真の『川代(かわしろ)公園』

場所は・・兵庫県丹波市山南町上滝1502−1・・




春は桜、夏はキャンプ・魚釣り、秋は紅葉と見どころ満載!!




峡谷にかかる”吊橋”が楽しそうだぁ〜〜

案内板には 長さ90 メートル、 幅1.5 メートルとあります。

入り口は、この地方の特色であったこんな茅葺の建物が・・・





渡り始めると、途中からけっこう揺れます。さすが吊り橋。






川代峡谷は、上流篠山川から東西4キロある。

水量が豊富で流れも速いです。岩にぶつかり白波が渦巻いています。

そのために峡谷には、数々・大小の甌穴(おうけつ)・・・

またの名を「ポットホール」といわれる穴が見かけられます。


《 甌穴とは・・・水流が強いため上流から石が流され、

ちょっとした凹凸に石が引っかかり、

水流によって回転して永い間に岩を削り取り、丸く穴が開く現象 》









なんか凄い山の中の峡谷に来たような錯覚を覚えます。




こちらの公園をもう少し西に行った所にびっくりする発見が・・・




2006年8月7日、丹波市在住の2人の男性によって発見された

小さな化石の一部が、中生代白亜紀に繁栄した竜脚類の一グループに

属する”ティタノサウルス形類”という恐竜だといわれ、

その後、6回の恐竜化石発掘調査が行われているようです。





兵庫県博物館協会により『丹波竜化石工房「ちーたんの館」』として

展示され、皆様を楽しませているそうです。







今回は時間がなくて恐竜博物館に立ち寄ることはしませんでした。

(・・・というより、ここへ来るまでこの土地で

恐竜の化石が発見されたなんて知らなかったもので・・・)

まさか丹波市で「恐竜」という認識はなかったもので(勉強不足)


恐竜の写真や、発見場所の写真は資料よりお借りしました。






その3日後に、篠山市へ引っ越されたお客様にお会いした時に

「川代公園」へ遊びに行ったお話をすると、

すぐに『「恐竜の化石」見に行ったの??』と言われたので、

地元では有名な話なんだと知りました。

 



今回の体験で、「丹波竜」は二度と忘れることは無いと思う!!

何でも、何処でも、行ってみなきゃあ分からない事が多い。

どんどん出掛けなきゃ・・・と、つくづく思い知らされた。



貴重な体験できました。

チャンスが有れば、今度は紅葉のシーズンにでも訪れて

「恐竜博物館」を見学するかぁ〜〜。



          《タケナカ》



カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事