スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

本のお話

2017年09月11日

南千里店

落雲雀(おちひばり) 帳尻屋仕置( 四 ) 坂岡真



時代小説

地蔵斬り
晴れ姿
よ組の頭

この三編から、特に晴れ姿が良かったです。

貸本屋に借りた本の中から、一枚の文が出てくる
黄ばんだ紙に消えかかった墨文字

そこには、罪を犯して囚われの身になった罪人が『 おこま 』という
七つの愛娘に託そうとした文のようだった。

盗人の頭目が子分に『 おこま 』を頼んだけど
この子分の裏切りで、頭目は捕まり『おこま』は悪の道に

武家専門の口入屋 『 忠兵衛 』が謎解きし悪を退治

頭目は自首し磔に、群衆の中に白無垢姿の『 おこま 』が
父の願い事をかなえるように

二人の目が合うと、磔柱の父の目に涙が

通勤電車の中で読んでいて、目頭が熱くなりました。

《フジイ》

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事