スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

本のお話

2017年09月25日

南千里店

宰領( さいりょう ) 隠蔽捜査5 今野敏



衆議院議員が行方不明に、やがて運転手の他殺体が議員を乗せた
車から発見される。

この物語の主人公、大森署の署長竜崎伸也が解決してゆく

警察署長という役職は、通常は警視か警視正の身分ですが
竜崎は故あって警視長という高位の身分で警察署長に降格処分に
なっています。

事件は、犯人を名乗る男から警察へ議員の誘拐を告げられ
面白い展開となって行きます。この個性豊かな署長竜崎の
組織の中でのちょっと変わった行動が面白く又家族に対しても
感情に走る事なく、常に冷静に対処する男を描いてます。

特に息子の受験に関する事で、試験前日高熱で病院に行き
インフルエンザで無かった事を父親に報告する時
「こんな時に熱を出すなんて、バカだと思ってるだろうね ?」
これに対し、「 いつ誰に何が起きるかなんて、誰も予想できない。
大切なのは、起きた事にどれだけちゃんと対処できるか、なんだ」

この言葉に感動しました。

《フジイ》

ご当地ゆるキャラまつり!

2017年09月24日

南千里店

23日(土・祝)は、トナリエ南千里メガネのセンリ前にて『ご当地キャラがやってくる!』と題し
、北摂を中心としたゆるキャラ達が大集合しました!


写真撮影やクイズ大会、借り物競走など、お子様も親御さんも共に楽しんでいました。



現在、ゆるキャラグランプリ2017の投票が行われている最中でして、ここトナリエ南千里のゆるキャラ、真ん中にいる緑の妖精のガデもんは293位となかなか頑張っております。



しかし、同じ大阪には毎年上位に名を連ねる強敵?のゆるキャラが存在します。


そう、箕面市のゆるキャラの滝ノ道ゆずるくんです!
昨年のゆるキャラグランプリでは堂々の5位にランクイン。
今年も現在5位に位置しています。

11月10日まで投票受付中ですので、是非、我がガデもんを宜しくお願い致します!

《タカダ》

リンドバーグセミナーでの気づき。

2017年09月23日

千里中央店

こんにちは。




今週の火曜日、JR大阪城北詰駅にすぐ側に佇む『太閤園』にて当店でも人気のデンマークブランド『LINDBERG リンドバーグ』の技術セミナーがあり、南千里店の店長とともに参加してきました。





午前10時から午後5時半までと、なかなかのタイムスケジュールです。


今日セミナーをしてくださる合計6名のリンドバーグスタッフさんの紹介が終わると、リンドバーグの簡単なブランドストーリーから始まりました。





ガチガチの硬いメガネフレームしか無かった時代に、軽くてしなやかで掛け心地の良い全く新た発想のフレームを、当時まだメガネの素材としてはあまり使用されていなかったチタンを使用して、前身である『air titanium エアーチタニウム』を世に産み出した今は亡き眼鏡技師のポール・ヨハン・リンドバーグ【写真右】と建築家のハンス・ディッシングの二人。1985年の創業だから今から32年も前のこと。





そこから二人の意志を継いだ息子のデザイナー兼CEOのヘンリック・リンドバーグを中心に、時代に合わせて、新たなバリエーションも増やしていき、洗練されたデザインでありながら、装用感も抜群のメガネフレームを産み出し続けています。


その『LINDBERG リンドバーグ』のモットーはCHARENGE チャレンジなんだそうで、技術的な部分はもちろんのこと、デザインも現状に甘んじることなく、革新的な発想やアイディアで、これからも挑戦し続けていくのだとか…なんとも頼もしい限りです。



ここでコーヒーブレーク。
隣接したテラスに出てコーヒーをいただきます。







さて。いよいよここからが今回の技術セミナー本番。


各座席の前にはリンドバーグ調整用の工具がセットされていて、これを使って技術を確認していきます。





まずはstrip(ストリップ)から。





レンズとクリップの接着、脱着の話しに始まり、テンプル幅、傾斜、たたみ、クリングス調整の仕方などを、リンドバーグ専属の眼鏡技師ジェームスさんが、営業担当の宇野さんの通訳を挟みながら、手元の映像をプロジェクションに映しながら説明してくださいます。





人数分のサンプルフレームが用意されていて、それを実際に手にしてそれぞれがスクリーンを見ながら調整をしていきます。その都度質問なども受け付けていて理解を深めていきます。


へぇそうだったのかあー


なるほどねー


時間はアッと言う間に過ぎていき、ランチタイムです。





ビュッフェ形式でワンプレートに好きな物を乗せていくスタイル。
ワンプレートを平らげたあと二人して、もうワンプレート分お代わりをしました。
なんか普段食べさせてもらってない子供のように…(笑)
お恥ずかしい…(//∇//)





昼食後はnow(ナウ)、strip(ストリップ)
、rim(リム)と。











ここでひとつ。


リムは他のシリーズとは違い品番ではなく、各モデルにモデル名があります。その中には勤続年数の長いリンドバーグスタッフのためにデザインされたフレームもあるとのこと。
これは嬉しいだろうな。
ただし!技師のジェームスさんも以前ご自身の名前がモデル名になりましたが、10年程前に廃盤となったそうです…そこらへんは容赦無いそうです(笑)








ティーブレイクを挟んで。


陽極酸化について。


リンドバーグのカラーは多岐に及びますが、その中でも陽極酸化でのカラーリングについて。
10番チタン無垢を除き、20番から95番までのカラー
これらは水溶液中において、チタンの酸化皮膜に電極をかけて皮膜の色を変えていく方法です。
ここで映像を見せてもらったんですけど、電極をかけると、20番の青からはじまり黄色ピンク赤紫青紫最終的には95番の緑に変化していくのです。面白い、実に面白い、何故この順番なんだろう?
不思議なんだけど店頭にあるカラーサンプルのカラーの順番に変化していくのです。





使用していてカラーが色褪せてきたときは、同じカラーにてリペア可能。
またその番号より数字の大きいカラーへの変更も可能なので、カラーを変えることで違った印象をお楽しみいただくことも出来ます。
ちなみに逆行した色の方には変えれないそうです。
60番→77番は◯、60番→35番は×


いつでもお申し付けくださいませ。





そして、acetanium(アセタニウム)、buffallo horn(バッファローホーン)でフィニッシュ。








最終的な質疑応答が終わり…



気がついたら5時40分過ぎ。
終わってみたらアッという間の1日でした。




最後に。


平成23年4月からメガネのセンリで取り扱いをスタートし6年半…お客様からの支持も高く、信頼度も抜群で、当店には無くてはならない存在です。


軽くて心地良い装用感、シンプルで上品なデザイン、お客様のお顔に合わせてしっかり調整可能なフレーム構造、そしてブランドストーリーまたヒストリー…とてもバランスが良いのです。



この日のセミナーでの気づき。


やっぱり『LINDBERG リンドバーグ』はホントいいブランドだなってこと。




以上です!!(笑)





《ウエノ》



イオンモール伊丹

2017年09月22日

南千里店



『イオンモール伊丹』、行ってみました。

わざわざ買い物に行った訳ではなく、孫の顔を見に・・・

・・と云うのも、二男夫婦が西宮に住んでおりまして

たまには外で孫達に会おうかという話になり

お互いの家のちょうど中間地点のショッピングモールが

『イオンモール伊丹』だと云う事でして・・・







伊丹という名前から、もっと遠くだと思ってましたが

我が家から30分足らずで行けました。

なぁ〜んや、近いやん・・・また来れるなぁ〜という距離。




行ってみて驚きました!!

店舗は4階まで、1〜5階屋上までは立体駐車場にもなってる。

あまりショッピングモールなど混雑する場所は嫌いなので

殆ど出掛けないのですが・・・


 


凄い店舗数で140〜150店舗もあり、

衣類・飲食店・映画館・銀行・本屋・文化教室などなど・・・

ここへ来れば殆どの用事が完了する位、何でもある。

フードコーナーは810席あり、ず〜っと満席です。


「JR伊丹駅」直結というのも強みです。

 





これだけの施設・店舗が揃えば集客力あるだろうなぁ〜〜

『ららぽーと・エキスポシティ』には敵いませんが、

北摂地方では有数の施設です。

ちょうど祝日だったので、平日よりかは更に多いんでしょうが、

人・人・人の流れで、羨ましい限りです。






「眼鏡業界」で、現在勢いのある「JINS」さんの店舗は

ご覧のような入店者です。

同じ階の通路向かいには「愛眼」さんの店舗もあります。

こちらも3〜4組の入店者です。





当然全てのお客様が販売に結びつく訳では無いんでしょうが、

冷やかし客も含めて、どちらもたくさんの入店者数です。



「眼鏡市場」さん共々、業界をリードしておられます。

店舗数もスタッフ人数も多く、企業としてのマニアルも

きちっと整備されており、お買い求めやすい雰囲気満載です。

 




しかし、価格訴求だけで良いのでしょうか???



それはそれで大切なことだとは思いますが、

私達「専門店」は、同じことを目指す訳にはまいりません。

「眼鏡専門店」として差別化を図らないと生き残って行けません。



その差別化が各々「専門店」の知恵の働かせどころです!!

弊社も社長を筆頭に、店長・スタッフ一同、毎日考えています。





究極の目的は『お客様の満足』だと考えております。



商品構成・測定機械設備・技術力・接客力・アフター・・・





最高・最適をご用意して、地域にお住まいのお客様皆様に

『「メガネのセンリ」を選んで良かったぁ〜〜』

『家族や、友人達、みんなに紹介したいなぁ〜〜』

そう言っていただけるように日々研鑽・努力いたします。


これからも、どうか宜しくお願い致します。



追伸:”孫”はヤッパリ可愛いです (爺バカ)・(大笑)


          《タケナカ》



歩〜AYUMI〜トランクショー開催!

2017年09月21日

南千里店

本日より、メガネのセンリにて『歩〜AYUMI〜』トランクショーを開催いたします!



歩の生みの親であります『マコト眼鏡』様のご好意により、本日よりトランクショーを開催できる運びとなりました!
マコト眼鏡様、いつもありがとうございます。

まずは南千里店にて眼鏡の聖地、福井より届いたセルロイドフレーム、総勢100本超のお披露目です!
どのモデルも福井の眼鏡職人の匠の技が惜しみなく注ぎ込まれた珠玉の逸品です。






千里店は本日21日(木)〜29日(金)まで、千里中央店は30日(土)〜10月10日(火)まで開催致します。

これだけの数の歩を目にする機会はなかなかございません!
是非、店頭にてメガネの聖地、鯖江の職人による素晴らしいハンドメイドセルロイドフレームの美しさ、そして掛けやすさをご堪能ください!



《タカダ》

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事