スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

大阪の”秘湯”

2017年05月26日

南千里店




大阪のてっぺんの”秘湯”ご紹介します。


  《山・空・海 温泉》



一庫ダムのさらに奥にある”秘湯”です。

(さんくうかいおんせん)と読みます・・・






山の中で、小川のせせらぎの辺りにひっそりと佇みます。

写真でご覧の通り、鄙びた建物でしょう〜〜〜



数年前、最初に横を通り過ぎたときには?????

温泉マークが屋根にあるけど・・なんの建物????





気になったのでネットで検索してみると「日帰り入浴」も可能な

温泉施設と、あったので意を決して後日行ってみました。














急斜面を川の方へ下ります。

駐車場は10台位は駐車できそう。

駐車場から川沿いのこんな細道を200メートル・・・

やっと建物が見えてきます。













受付フロントなんてものはなく、入浴券は自動販売機!!!





ここが浴室への入口、手前が「男性」、奥が「女性」です。





脱衣場は狭く、4〜5人も入ればいっぱいになりそうな湯船。

お風呂場は携帯やカメラを持ち込めないので・・・

浴室内はホームページより写真をお借りしました。



硫黄臭漂う源泉かけ流しの施設で、源泉温度は低いため

加熱されているそうで、消毒なし、加水されていません。




2つの浴槽に「ぬるめのお湯」と「熱めのお湯」

そして「小さな水の浴槽」・・・写真のとおりです。

お好きなように”どうぞ”って感じでした。





洗い場にはシャンプーもボディソープも石鹸も無し・・・

タオルしか持っていかなかった私が、ウロウロと探していたら

先に入浴していらっしゃった方が、

「そんなんは自分で持ってこないとアカンよぉ〜〜」だって!!

そうおっしゃりながら、ご自分のを貸してくださいました。(笑)

そんなん初めてやわぁ〜〜何処でも置いてくれてるのに〜〜(笑)

次回からは必ず持参します。








お湯はエ〜感じでした。

温めから熱めへ・・そして水をかぶって・・・もう一度・・・

何度か繰り返すうちに、身体の芯からポカポカと温まってきた。


入浴後、他のお客様にお聞きすると、

体調壊した時など、湯治代わりに何度も来るんだって。

その方は何度か通うと、体調良くなるそうです。・・・

追加料金を払うと、休憩施設の部屋で休むことも出来、

入浴を繰り返す常連客も、沢山いてはるそうです。





以前に私は近くの沢で、シカの家族連れを見かけたこともあり、

まさか、シカが湯治って訳では無いでしょうが???(大笑)





まさに”秘湯感漂う山の中の温泉”・・・



有名になって大勢の方が来られないように・・・(笑)



”知る人ぞ知る”的な、秘湯であり続けてほしいなぁ〜〜(笑)



          《タケナカ》




カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事