スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

イタドリ採り

2017年05月12日

南千里店



ゴールデンウィーク、如何お過ごしになられましたか??

それぞれのご家庭で良い思い出づくり出来ましたか???

楽しい日々は、アッという間に終わってしまいますね!!









さて、私も自分の休みと祭日が重なり、休めました。

サラリーマンの方みたいに〇〇連休とはまいりませんが、

好天に恵まれましたので、近場へお出かけ・・・



この時期は、毎年”イタドリ”を採りに能勢へ出掛けます。

新緑の山々は清々しくて心洗われる思いです。

ここへ来ると田舎育ちの私は、ホッとするんですよ〜〜




昨年のこの時期にも、ブログにアップさせて頂きましたが

毎年恒例のイタドリ採り、妻と二人、楽しみに待ちわびております。



新御堂筋を北へ・・・5.6キロのトンネルを抜けて

「箕面グリーンロード」を走り、止々呂美地区へ・・・



さらに走ると「止々呂美ふれあい広場」が見えてきます。




ここは余野川の渓流で釣りや川遊びが出来、BBQも楽しめる

大自然を満喫できる広場。子供連れの家族に大人気!!!

この日も、さすがGW真っ只中・・・大賑わいです。





そんな様子を横目に見ながら、妙見山の麓へ・・・




途中、まだ桜が咲いているのを見つけて寄り道、見事でしょう!!







イタドリ採りは毎年なので、昨年自生していた場所へ一直線。

今年もたくさん採れそうな予感でいっぱいです。

一ヶ所では無理なので、今までに取れた場所を思い出しては

あちこちと山の中をウロウロ・・・






そうそう、採ってる最中に”ヘビ”と遭遇しまして、

思わず”ギクッ”、今年初めてのヘビでした(会いたくないわぁ)

暖かくなってきたので、土の中から出てきたんやねぇ〜〜〜


2時間ほどで袋いっぱいに収穫、良かった・良かった!!!!



山道なんですが、GW真っ只中・・サイクリングの自転車や

ツーリング中のバイクのグループの群れ、

何より格好良いのはオープンカーでのドライブ中の人達、

新緑の中、風を切って走るのは気持ち良いでしょうねぇ〜〜〜

沢山の人々が新緑の山里を楽しみに来られていました。




さて、”イタドリ”をご存じない方に写真を掲載しますね。





採る時に茎の中が空洞のため”ポン”と音がするため

”スカンポ”と呼ばれるところもあるようです。



春頃の新芽(タケノコのような姿のもの)を採取し、

皮を剥いて食用とします・・食べられる野草かな・・・




詳しい調理法は妻しか知らず、私は年に一度だけ

食卓に出てくるのを、味わいながら食べるだけ・・・



私が子供の頃には、道草途中に生で皮を剥いて齧ってました。

酸味があるため酸っぱくて・・唾が出てきたのを覚えています。

特に美味しいと云うものではなかったなぁ〜〜〜



「他に民間薬としての効能あり」

冬に地上部が枯れた頃に根茎を採取し、天日乾燥させたものを

虎杖根(こじょうこん)といい、緩下作用、利尿作用があるとされる。

また、カンゾウと一緒に煎じて、咳を鎮める効果あり。



他に、若葉を揉んで擦り傷などで出血した箇所に当てると

多少ながら止血作用があり、痛みも和らぐとされる。


・・・これが「イタドリ」という和名の由来だそうです・・・




能勢の山里では、田植えの準備が始まっていました。




今年も良いお米が出来て、豊作でありますように・・・(祈願)



”イタドリ” また来年、採りに来ますよぉ〜〜



          《タケナカ》





カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事